要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

夏を乗り切るためにクールコアタオルを買ったからレビューするよ

スポンサーリンク

いよいよ夏本番。毎日がクソ熱いです(-_-メ)


僕は職場まで徒歩で移動するのですが、この移動の時間が結構苦痛なんですわ;

家から職場まで徒歩10分程度とはいえその10分でめっちゃ汗かきます。
つまり働く前から余計な体力を消耗するわけですよ。

んで、この移動時間をもうちょっと快適に過ごせないものかといろいろ考えた末に、冷却素材を使用したクールコアタオルを購入するという決断に至りました。

というわけで早速クールコアタオルの感想を書いていこうかと思います。

目次

 

クールコアタオルの使い方

 

 

クールコアタオルは冷却素材を使った多機能タオル。
使い方は、水で濡らして、絞って、3~5秒ほど強めに振る、という3ステップです。

ぬるくなってきてももう一度振ればまた冷却機能が働きますので、タオルに水分が含まれている限り効果は持続します。

商品説明によれば、独自技術により開発された3種類の糸により気化熱を効率的に発生、と書いてあり、これが冷却機能の仕組みですね。

一応クールコアタオルのCM映像を貼っておきましょう。


三浦知良公認というセールスをしていますが、あくまでカズはCMに出演しただけなのでそこは惑わされないように。


というわけで開封の儀だぜ


パッケージはこんな感じで。
スポーツ用品らしいパッケージデザインですね。

f:id:youkenwoiouka:20170809150612j:plain

f:id:youkenwoiouka:20170809150611j:plain

f:id:youkenwoiouka:20170809150607j:plain


で、中を取り出します。

f:id:youkenwoiouka:20170809150559j:plain


素材を触ってみるととてもサラっとしていて、例えるならスポーツで使用するゼッケンと似た触り心地です。
触ってすぐ「あ、これ通気性がいいやつだ」と感じましたね。

そして軽い。通常のタオルとは明らかに重量に差があります。
CM動画にもあるように首に巻いて使うのが主流のようなのでこの軽さは助かる。

さて、お次は実際に使ってみた感想です。


クールコアタオルを実際に使ってみた感想


いろいろな使い方があると思いますが僕の場合は冒頭でも書いた通り、職場まで徒歩で移動しているので、その通勤時間を快適にするためにクールコアタオルを購入しました。

なので、実際にクールコアタオルを首に巻いて職場まで歩いてみたところ、首周りがひんやりして気持ちいい。

首に巻いているから首元だけしか冷えないのでは?と思っていましたが、なんだか身体全体の体温が下がった気がします。

そう言われてみれば熱中症対策として「脳に近い首の血管を冷やすのが効果的」という話を聞いたことがあります。

また、首にタオルを巻いている状態で風が吹くと超ひんやりします!
このタオルは風に反応するみたいですね。

そして、時間経ちちょっとタオルがぬるくなってきたなーと思ったところで、もう一度タオルを振ってみるとタオルが冷却され、またひんやりとした効果を体感することができました。

このタオル、夏を乗り切るだけのパフォーマンスを兼ね備えていますわ。

何といっても濡らして首に巻くだけっていうシンプルな仕組みがいいですよね。

値段も1000円ちょっとで買えるコスパの良さですし、冷却効果も十分!
実に優れた製品ですが、デメリットがないわけでもありません。

それは、濡らして使うという性質上首に巻くと服が濡れてしまうという点です。
こればっかりはしょうがないとはいえ気になる方は気になるかもしれませんね。


まとめ

 

f:id:youkenwoiouka:20170809150556j:plain


クールコアタオルのレビューをまとめるとこんな感じ。

  • 安い(1000円ちょっと)
  • 水に濡らして振るだけというシンプルな仕組み
  • ぬるくなってももう一度振れば効果が持続する
  • 服がぬれる


あまり期待していませんでしたが意外に冷却効果があったので人におすすめできる商品と言っていいでしょう。

熱中症対策に使うのも良し。スポーツのお供に使うのも良し。暑さで寝苦しい時に使うのも良し。

使い方はいろいろです。

とりあえず僕は通勤のお供として使っていきます。
そんな感じ!

クールコアタオル  ブルー

クールコアタオル ブルー

 

 
以上、夏を乗り切るためにクールコアタオルを買ったからレビューするよ...でした。