読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

喋りで戦うことはもう諦めました

ブログ
スポンサーリンク

f:id:youkenwoiouka:20150812155256j:plain

ベクター ベクター画像 | 無料ダウンロード制作者 Exclusive on Freepik / Freepik

 

毎日ブログを書いて、毎日一日の記録を万年筆でしたためて、毎日誰かが書いた文章を読んで、読んだ文章を参考にしてまたブログを書く、そんな生活を送りながらふと想いを馳せる。

 

そもそも僕はなんでこんなに書くという行為に没頭しているのだろうか。

 

以前はブログを書くという行為は、単なる暇つぶしでしかなったしアナログ日記も3日坊主で終わってしまった過去を持つ。

 

しかし2015年に入ってから、書くという行為にどんどん自分がのめり込んでいくのがわかった。

 

別にブログを書いてお金を稼げるわけでもないし、皆から注目されてスター気分を味わえるわけでもない。

自分の時間を著しく消耗してもなおブログを書く。

 

ただ単に書くのが好きだからというだけじゃ、ちょっと説明がつかないぐらい執筆に没頭している自分がいる。

 

なぜだろうと思いを巡らせてみた。

するとやはり一つの問題に帰結するわけであります。

 

喋るのが苦手だから。

 

対人スキルが著しく欠損しているのだ。

 

コミュ力がないと途端に人生がハードモードになるけど、僕はそれを毎日のようにひしひしと実感している。

 

頭のなかで考えていることがうまく言語化できずに、自分の気持ちが思い通りに伝えられない経験は一度や二度じゃないのだ。

 

そして喋った後に後悔する。

 

「ああ、違う。その言葉じゃない。僕が言いたかったのはそういうことじゃない」

 

後悔は自己嫌悪を引き起こし、ますますネガティブ思考に陥るハメになる。

 

どうにかコミュ力は上げねばとコミュ力が論じられている本を読みあさり、涙ぐましい努力をしてもみるけど、全てが徒労に終わる。

 

そういった経験から自分の中で一つの答えがでたんだと思う。

 

「喋りで戦うのはもう諦めよう」

 

できないことはできないのだ。

100の努力を積み上げようとも、できないことはいくら努力してもできないのだ。

人は一様に長所を持ち短所を持つ。

僕にとってコミュ力は短所なのだろう。

苦手で難しいことなのだろう。

 

しかし僕は自分の伝えたい想いがある。

自分の伝えたい気持ちがある。

 

伝える手段として「喋り」が不可能だというなら、単純に別の手段を選択すればいいだけだ。

何も伝える手段は「喋る」ことだけじゃないのだ。

絵を描くとか、歌を歌うとか、文章を書くとか。

色々あるわけだ。

 

僕はその中で、自分ができそうな文章という方法を、無意識化で取ったのかもしれない。

それが文章を書く根底にある僕の本当の気持ちなのかもしれない。

 

書くという行為は、僕にとって自分を知ってもらうための最終手段なのだろう。

だから僕は今日も文章を書くことに身を費やすのだ。

 

 

プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術 (中経出版)