読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

反撃の狼煙 待ってろ教習合宿

スポンサーリンク

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

この記事がオフラインでだいぶ物議を醸しております。

予想どおりといえば予想どおりだけど、困ったことに僕の主張に誰も賛同者がいないのです。

 

いや、誰かしらさあ「わかる!しんまさんがその気になればすぐできますよね〜」とか言ってくれるやつがいると思ったんだけど、実際の反応は僕が考えていたものと全く異なり、皆のいい笑いものになってしまいました。

 

「はい非モテおつ〜」

「彼女がすぐ出来る人はあんな記事書かないよ」

「しんまさんはやっぱり彼女できないとおもいますよ」

「クソワロタwwwwwww」

 

フルボッコです。

 

おかしいな・・・・

こんなはずじゃ・・・

マジで僕がその気になれば彼女なんて秒でできるのに・・・

 

こうして小さく歯ぎしりをした僕だったのだ。

くっそ・・・

そんな僕が自身の名誉を守るために、取るべき行動はもう一つしか残されてない。

そう・・・

 

彼女を作る!!!

 

論より証拠。

ここで彼女を作れば、僕の理論が正しいと証明されることになる。

なおかつ僕の名誉も保たれる。

 

やるしかないのだ。自身の誇りをかけて戦うしかない。

 

 

こうして自身の名誉をかけたガールズハンティングを始めることにしました。

 

さて、

問題はどこでハンティングするかだ。

 

職場は絶対ない。

仕事がやりづらくなる。

というかこんなブログ記事書いてる時点で皆に敬遠されるのは目に見えてるから、はなから可能性はないだろう。

 

となるとさあどうするか。

元来出会いがない環境だし、そういった子を紹介してくれる友人に恵まれているわけでもない。

 

いや、

待てよ、

 

僕車の合宿行くじゃん。

 

こ、これだ。

 

これしかない。

 

若い男女が集う車の合宿。僕は9月の始めに行くわけだけど、これは大チャンスじゃん!!

 

というかチャンスらしいチャンスはこれしかないだろ!!

 

・・・

 

 

さあ狩りの始まりだ。 

 

狩りの時間

 

何事も準備が大事。

どうやって合宿場にいる女性を口説き落とすか、どうやって彼女になってもらうか。

考えなければいけない。

戦略を練らなければいけない。

合宿場にいる女性たちと、僕の大きな共通点といったら車の免許を取得するという目的だ。

 

ここから切り込むしかない。

 

わずかばかりのこの共通点に全力ですがるしかない。

 

「どうだった教官怖かった?大変だよねー」

「なんかわからないとこでもある?教えるよ?」

「僕の部屋でね」

 

なんていう流れを作れればこれ以上にないほど理想的だ。

 

一番考えねばいけないことは「ターゲット」だ。

恋愛というのは、可能性がない人にいくらアタックしても無理なものは無理なのだ。

 

だからこそ、自分を好きになってくれる可能性の女の子を見極めなければいけない。

合宿期間が2週間しないことも考えればターゲッティングは重要だ。

成功させるためにもきちんとターゲッティングを留意しておきたい。

 

高嶺の花を狙うのではなく、そこそこのレベルの女を狙ったほうがいいだろう。

成果率を上げるためにも自分と釣り合う女に照準を合わせるべきだ。

この際贅沢は言っていられない。

そもそも今回のプロジェクトは自身の名誉を守るために行うものだ。

別に乳繰り合うことが目的ではない。

容姿の基準値を通常より引き下げて、判断を仰ぎたい。

 

過去の経験と心理学の知識を総動員して、絶対に彼女を作る!

もう絶対って言っちゃう。

贅沢は言わない。高望みもしない。そこそこでいい。ほどほどでいい。

いやむしろ性別が女ならだれでもいいくらいだ。

 

待ってろ教習合宿! 

 

f:id:youkenwoiouka:20150823180726j:plain