読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

掟上今日子の備忘録1話 感想とまとめ「ガッキーの白髪が思いの外似合っていた」

スポンサーリンク

それにしても10月は西尾維新ファンには嬉しい月と言えましょう。

 

掟上今日子の備忘録がドラマ化10月10日放送

終物語アニメ化10月3日放送

傷物語映画公開日決定

 

西尾維新祭りですね。

そして昨日放送された「掟上今日子の備忘録1話」見ました。

原作はまだ読んでないんだけど、興味はあった。

というのも、書店に足を運ぶと、売れ筋ランキングに「掟上今日子の備忘録」が度々ランクインされているのを目にしていたので、気になっていた。

西尾維新ライトノベル作家としての認識が強かったから、「掟上今日子の備忘録」が世間一般にも浸透し、評価されるような代物だとは思ってなかったし、それにドラマ化とくりゃあ、自ずと期待指数が上がるもの。

 

掟上今日子の備忘録1話感想

 

f:id:youkenwoiouka:20151011104821j:plain

 

原作を読んでいなくとも、主人公である掟上さんは探偵で、「1日しか記憶がもたない」という設定は知っていた。

1日しか記憶がもたないため、一度寝てしまえば依頼された内容や会った人間を綺麗さっぱり忘却してしまう。

自分が作家だと考えれば、思わずその設定めんどくさくね?と思っちゃう(笑)

さて、あらすじを簡単に述べると、

 

史上最も運が悪い男、隠館厄介(かくしだてやくすけ)が、盗難事件の容疑者にされるとこから話は始まり、運が悪い彼はこのままじゃ自分はブタ箱行き決定だと思い、探偵を呼ぶことを決断。

隠館がヘルプを求めたのが、探偵事務所アパルトマン兼カフェ「サントグラス」。

そこで派遣されてきたのが1日しか記憶がもたない「掟上今日子」。

掟上今日子を演じるのは新垣結衣こと、ガッキー。

今日子さんが隠館のピンチを救うべく、持ち前の頭脳で事件解決に挑む。

 

以上のような感じかな。

白髪で少々奇抜な服装をセレクトされた今日子さん。

登場シーンにはやや驚いたものの、ガッキー可愛い!という当たり前の意見に落ち着く僕。

白髪化し、原作に合わせた姿に変身したガッキーだけど、思いの外違和感がなく、そして可愛かった。

しかし、今日子さんの風貌がセンセーショナルながらも、話の流れは至って普通でした。

 

事件発生

今日子さん出動

事件解決

 

うーむシンプル。

今日子さんの1日しか記憶がもたない設定も、1話ではあまり活かされておらず、見せ場といえるシーンも特になく普通に事件を解決して終わりました。

ちょっと肩透かし。

1話は、今日子さんの設定、登場人物、今後の流れなどを紹介する回だったのかな〜と僭越ながら思いました。

でも驚いたのが、隠館厄介が今日子さんに恋心を抱くところ。

あ、そうなる?と思わず声を上げてしまいました(笑)

 

とまあそんなわけで、1話は特に見せ場はなく少々物足りない感がありました。

しかし今日子さんのバックグラウンドや、記憶リセットの設定が今後どのように活かされるのかは気になるところであります。

記憶リセット設定が足かせとなるのか、はたまた利点として働くのか?

わくわく。

それにガッキー可愛いので、引き続き2話も見ます。

 

関連情報

 

■公式サイト

www.ntv.co.jp

 

■公式Twitter 

twitter.com

 

講談社公式サイト

kodansha-box.jp

 ※今日子さんセーラー服着てるけど学生なの???

 

 

 

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

 

 

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)

 

 

 

関連おすすめブログ

 

ka-rinchaco01.hatenablog.jp

imokenpippi.hatenablog.com

 

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

umc.hatenablog.com