読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

トルコリラ6万通貨全力売りはどうやら不発に終わりそうです

スポンサーリンク

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

10月12日、僕はトルコリラ6万通貨全力売りを仕掛けました。

自爆テロの影響からリラ安になるだろうと踏んでの大勝負。

しかしトルコリラは一向に下がらず一時41.150円まで上がる始末。

謎のバカ上げで含み損が膨れ上がっていきました。本当に意味不明な上げ方です。

その後徐々に勢いをなくし、ようやく下げてくれました。

が、その下げ方も限定的で40.280円まで下げただけで、その後ジリジリ値を上げていきました。

仕方なしに40.400円で2万通貨を利確。

+9.862円。

そして現在は40.800円まで上昇。

笑えるくらい意味不明な反発。ふざけんなという感じですが、しょうがないので1万通貨だけ利確しました。

+654円。

 

合計収益は10.516円。

 

よって現在3万通貨のショートポジションを持ち越しています。

現時点での含み損は1.218円。

 

6万通貨全力で売ってリスクを全開で取ったのに、しょぼい結果に終わりそう。

40円割れを望んでいて、望み通りになれば6万円ちょいの利益にありつけたのに不発。

憤りを感じます。 

そもそもトルコリラがここまで堅調に上昇しているのはどうやら、アメリカの年内利上げが遠のいたことと、日銀の追加緩和期待のようです。

特にアメリカの年内利上げが見送られるのは、トルコにとって最高の好材料で、そのためリラ買いが進んだ模様。

しかしこの上昇も短期的なもので、しばらくはレンジ相場が続くのではないでしょうか。

やはり本格的に相場が動くのは11月1日のトルコの総選挙。

とりあえず現在のショートポジションは、支払うスワップ金利が地味に痛いので、頃合いを見て処理します。