読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

「こりゃあホットエントリ間違いなしだぜ!」と意気込んで書いたけど不発に終わった記事ベスト3

ブログ
スポンサーリンク

何故かわからないけど、力を入れて書いた渾身のエントリこそ大して読まれないという、割いた労力に釣り合う結果が得られない法則。

記事を書くために本やネットなどで情報をまとめて、語彙や言い回しにも気を配り、とにかく時間をかけて書いたのに、なんでだろうか。自分が思ってるほど読まれないんだよね。

これは絶対ホットエントリ間違いなぜ!と自信満々に記事投稿ボタンを押すんだけど、大した反応ないんだよね。

なんだろうねあれ。どうしてなんだろうね。

多分このやり場のないモヤモヤした感情は、ブログで文章を書いてる人全員が共通してくれるんじゃないかな。

だから今日は、ホットエントリを狙った渾身の記事だけど、結果不発に終わった僕の作品たちベスト3を紹介しようと思います。

  

ベスト3 「はてなブロガーはまずはてなブックマークからの脱却を目指そう」

 

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

 

これね〜。4日前のエントリですよ。

はてな界隈でブックマークの在り方が問われている中、ぶっこんだ記事です。

言うなら便乗エントリ。

才能のない人間がPVを得るには便乗か炎上のどっちかしななくね?とか考えながら書いていたもので、書き終えた後はこりゃあはてブ大量に付くだろうと。

あわよくばホットエントリだろうと。

甘く考えていたわけだけど、うん・・・そんな読まれなかった。

はてブも20止まりで、そこそこPVは稼げたもの、自分が思っていたほどじゃなかった。

しかも、はてブから脱却して検索流入を得ようぜと高らかに書いたけど、ライファーさんから冷静なツッコみが入りました。

 

マジか!?

 

考察も視点も甘かった・・・

 

ベスト2 「マクドナルドよ、そろそろ綺麗事抜きでいかないか?

 

 

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

これこそ渾身のエントリ。

この記事書くために藤田田の本をもう一度読み返して、自分の中でちゃんと知識を整理して、自分の持てる力全てを総動員して書き上げた作品。

ホットエントリ入りしないまでも、そこそこ反響があるだろうと、僕は自信満々に考えていましたよ。

 

しかしまったく読まれない!!!!!!!

 

本当に全く読まれなかった。

はてなからペナルティでも喰らってるんじゃねってぐらい読まれなかった。

このエントリを投下してから、はてなのアクセス解析画面を何度も更新したけど、虚しいことに全く数字に変化はなかった。

なんなんだよ本当に。。。

  

ベスト1 「事件は会議室で起こってるんじゃない!!マクドナルドが業績不振に陥った本当の理由 」

 

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

昨日のエントリ。別にホットエントリを狙って書いたわけじゃなく、出虹さんの記事に対して反論したかったから書き上げた一作。

感情のおもむくままに書いていったら、文量も3000字を超え、自分で言うのはおこがましいけど、結構良いこと書けたと思っている。ここまで時間掛けたし、良い記事だと思うし、これはホットエントリいくんじゃないか?今度こそいくんじゃないか?

記事を書く前はホットエントリを意識してなかったけど、書き上げた後にそういった感情が芽生えてきました。

予想通り投稿直後から結構はてブが付き始め、はてな公式にも「注目記事」とTweetしてもらった。

きたきたきたあああぁぁぁぁ!!!!!!

はてなのトップをお前が飾れえぇぇ!!!

いっけえぇぇぇ!!!ホットエントリ入り!!!!

 

 

 

 

まあいかねえよな。

 

そんな簡単にホットエントリ入りはできない。

初速は良かったものの、だんだん失速していき、結局ホットエントリ入りを果たすことはできませんでした。

そう簡単にはホットエントリ入りはさせてくれない。

難しい・・・

 

リベンジだぜ

 

いや別にホットエントリが全てじゃないし、そもそもこのブログは検索流入で読まれることを意識して書いてるわけだし、はてなという小さな村のトップページに自分の記事が載ったからってなんだという話だし、丹念込めて書いた渾身のエントリが全く読まれなくても、僕は長期的な視点で物事を考えてるから、別に痛くも痒くもないしノープロブレムだからね。

はっはー。それこそホットエントリで何消耗してるのって話でしょ。検索流入が最強だよぱっぱりね。

 

 

・・・・

 

 

 

 

見てろはてなよ・・・次こそはホットエントリ入りしてやる・・・・・ !

 

 

 

 (まあ本当は好きなことを書くのが一番なんですけどね)

 

 

「はてな」ではじめるブログ生活―はてな公式ハンドブック

「はてな」ではじめるブログ生活―はてな公式ハンドブック