要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

2016年は週休4日でいこうと思う

スポンサーリンク

youkenwoiouka.hatenablog.com

以前こんなエントリを書いた。

内容はタイトル通りで、半年間働いて、半年間休むというライフスタイルを送ろうぜというものです。

しかし実際にそれをやるとしたら諸問題が一つありました。

  

半年間働いて半年間休むというライフスタイルを提唱したい - 要件を言おうか

俺は水曜日に休めるとかのほうがいいな。長く休んだら絶対に社会人に戻って来れなくなる

2015/11/05 22:54


俺は水曜日に休めるとかのほうがいいな。長く休んだら絶対に社会人に戻って来れなくなる - blackgamer のコメント / はてなブックマーク

 

ブコメの指摘通り半年間一切働かないで、果たして半年後普通に仕事ができるのだろうかという問題。

 

なるほど。そういやそれに関しては全く考えていなかった。思考の外だった。人間は一週間誰とも話さないだけで、コミュニケーション能力が著しく劣化するというのに、半年間も仕事をしないとなれば、脳が労働に関する能力を必要ないと判断し、仕事能力の衰退は避けられないかもしれない。

それこそ半年間休むつもりが、仕事能力が衰退してしまったがために、中々仕事復帰ができないという事態も十分考えられる。

 

僕は働きたくないわけじゃなかった

 

自分の胸に手を当てて考えてみた。

そもそも僕は本当に一切働きたくないのだろうかと。

 

一ヶ月間夏休みをもらったことがある。確かに最初は仕事から開放された喜びが押し寄せてきて、久しぶりの大型連休を満喫しまくった。一日中アニメを見ていたり、普段なら読まない本にも手を出してみたり、とにかく自由を満喫しまくっていた。楽しかったし有意義だった。しかし、不思議なことにそんな休みを半月も送っていると、

 

飽きる

 

もうなんというか飽きる。余りに余りにまくった時間は、だんだん消化するのが億劫になってくる。そして代わりに芽生えてくる思いが、「そろそろ働きたい」という労働意欲だ。

働いてる時は早く休みてえ〜と思うくせに、いざ休むと俄然と労働意欲が湧いてくるとは、不思議な現象です。

 

そもそも僕の休日の過ごし方は、どこかに出かけたり友人と遊んだりするわけではなく、ずっと家に引きこもって自堕落に時が過ぎるのを待つのが主流です。

だからこそ長く休んでると、どんどん自分が嫌になってくるし、鬱にも似た症状を発症してしまう。

 

つまるところ結論は、僕は働きたくないのではなく、自分のペースで働きたいということでした。

 

自分のペースで働こう

 

ヒトデさんがこんなエントリを投稿してた。

 

hitode99.hatenablog.com 

 

週休7日は理想ではあるけど、ちょっと暇そうだ。そんで目指そうと思うとハードルも滅茶苦茶高い。それこそ宝くじで3億当てるぜみたいな話じゃないとダメだ

だから別に週に2日くらいなら働いてもいい。土日と平日を逆転してほしい。なんならおまけして3日くらいなら働いてもいいかもしれない

ようは「休み」の割合がすくねーんだよ! っていうのが僕の中の不満であり、「会社辞めてぇ」「働きたくねぇ」の正体だった

 

 

モヤモヤしてたことをヒトデさんが文章にしてくれました。

僕は別段働きたくないわけじゃなくて、自分のペースで働きたいというのが本当の気持ちだった。

実際問題として週3労働で生活が成り立つかと言えば、それは難しいわけで、となれば答えは一つ。

 

1年の内半年間は普通に週5で働いて、残りの半年間は週3で働けばいいいのです。

 

それであれば人間らしい生活が維持できます。

 

人それぞれ自分に合ったライフスタイルがあると思います。人によっては本当に全く働きたくないという人もいることでしょう。一切の労働を嫌い、自由を謳歌して遊びまくりたい人もいることでしょう。

 

そういう人は、自分が一切働かないためにあれこれ考えればいいわけで、結局自分に合ったライフスタイルを模索するのが一番なのです。

僕の場合は一切働かないと、どんどん自堕落になっていき、一生社会復帰が不可能なぐらいにダメ人間になってしまうと思う。だから週3労働ぐらいが、自分が一番望ましいライフスタイルなのです。

 

自分に合ったライフスタイルを探していきましょう。