読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

ブログを書くことは生命維持活動

備忘録
スポンサーリンク

 スポンサーリンク

 

かくいう僕は闇属性。些細な事ですぐ病むし、ネガティブ思考全開の男。

 

そんなしょうもない闇属性男子が、ブログに出会えたのは人生最高の幸運でありました。

 

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

上記のエントリでも書いた通り、文章を書くことによって自分の気持ちが整理され闇が晴れるものです。書くという行為は思った以上に、自分の心に効果があるのです。

僕がなんとか今日も生きながらえているのは、日々文章に触れているから。好きな人のブログを読んだり、好きなラノベを読み現実逃避したり、自分の思いをブログに書き絞ってるからこそ、明日も頑張ろうと思えるのです。

 

だから僕の心の拠り所は、読書とブログを書くこと。この二つがなければ自分の生命は成り立ちません。いうならブログを書くことは生命維持活動。

 

僕がブログを書く裏にはそういう背景があるので、自分の闇を全開で吐き出しまくってるブログは好んで見に行くし共感を覚えます。

 

 

最近ちょくちょく絡ませてもらってるあさえ (id:emo0325)さんが以下のエントリを投稿していました。

 

tyu.hatenablog.com

 

自分の中に潜む闇に葛藤し、とても苦悩されてるのが文章を見てよくわかります。自分の闇に対して、こうだ!っていうわかりやすい解決策があるわけじゃないし、思いを吐き出したところで問題が解決するわけじゃない。結局書いたところで何かが大きく変わるわけではないのかもしれない。

 

しかし、何度も繰り返し言うように、こうして自分の思いの丈を文章に書き起こしてみることにより、心がいくらかは楽になると思います。何も解決しないかもしれないけど、書くことによって心がスッキリするはず。

 

鬱に対する専門的知識はあいにく持ち合わせていないけど、もし今病んでいる方がいるのだったら、僕やあさえさんみたく、一回でもいいから筆を取ってみて、自分の心中を綴ってみるといいでしょう。絶対に一定の精神安定効果はあります。

 

別段ブログで全世界に公開する必要はなく、ノートに書いてもいいのです。まとまらなくても、文章としての体をなさなくても全然いいんです。自分の思いを書く行為そのものこそが大事なのです。

 

心が病んだら、思いつめず、自分を責めず、無理をせず、文章を書くことを強くおすすめします。

 

おわり

 

 

“奇跡

“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記