読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

元カノと虫歯のせいで最近寂しいんだよ

スポンサーリンク

www.pojihiguma.com

 

一人が好き。人間関係が煩わしい。そんなポジ熊さんのエントリを読ませてもらいました。

 

なんでも長時間人と過ごすと、多大なるストレスを感じてしまうらしく、イライラしてしまい脳のキャパオーバーを迎えてしまうそうではないか。

 

それ凄いわかる。かくいう僕も、人間関係に多大なるストレスを感じてしまうタチで、今までずっと一人の時間を重んじてきました。誰かと同じ時間を共有すると、仲が良い相手といえど、少なからずとも自分の意見を押し込み相手に合わせてしまうので、まあ疲れるんですよね。

スポンサーリンク

 

ところが最近寂しいんだよ

 

一人暮らしを始めてから、より一人の時間が増えるようになりました。誰かを家に招くこともまずないし、休みの日は誰かと遊ぶより読書してることが多く、基本的に仕事以外での人との交流は皆無でした。

 

夏休みをもらった時は、一ヶ月間ほぼ誰とも会話を交わさずひたすら読書していた。

 

それでいいと思ってました。一人の時間こそが人生最高の至福であるとさえ思ってました。

 

自分を成長させるのは孤独で濃密な時間だとも思ってました。

 

ところがそんな僕に、最近心境の変化が起きています。

 

寂しいんだよ。

 

いやなんでだろうね。なんか寂しいんだよ。それまであまり感じることがなかった寂しさが僕を襲ってくるんですよ。

 

気づけばTwitterでこんなことつぶやくぐらい、寂しさの波が押し寄せてきました。

 

 

この僕の心境の変化は去年の12月から顕著に現れてきたような気がします。

何故、お一人様最高志向の僕が、12月を機にさみしがりやに変貌したのか原因を考えてみました。

 

すると二つの仮説が浮かび上がってくるのでした。

 

虫歯が悪化したから

 

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

このブログでも綴ってる通り、僕は虫歯持ちです。それも17本の虫歯を抱える程の重症レベル。なお現在も治療中。

 

その虫歯が12月に悪化し始め、日々ロキソニンなしでは生活ができなくなるほど痛みが増してくるようになりました。

 

それまで、身体の不調で日常生活が困難になる経験をしたことがなかった僕は、始めて虫歯の痛みにより日常生活に支障をきたしました。

 

アホらしい話ですが、初めての経験故日を増す毎に恐怖感が募っていきました。夜も寝れない。まともに食事もできない。話すのも辛い。痛すぎて気づけば涙が頬を伝う。

 

この痛みを一人で乗り切れるほど僕のメンタルは強くなかったようで、気づけば周囲に泣き言を漏らし、かまってちゃんになっていました。

 

激痛に続く激痛は、僕の中で寂しいという感情を生み出したようです。

 

深夜に突然電話しちゃった人ごめんな。

 

元カノに彼氏ができたのが思いの外ショックだったみたい

 

これも本当にアホらしい話です。

 

付き合っていた彼女と3年前別れたわけですが、別段なんの未練もありません。

職場が一緒だけど、普通に話すし、普通に飲みに行ったりもする仲。

 

そんな元カノさんに、12月新しく彼氏ができました。

 

その話を聞いたとき、そこまでショックでもなかったし、ふ〜んと聞き流してました。

 

そのはずが・・・

 

ある日元カノさんが彼氏さんを店に連れてきたことがありました。

 

嫌でも目に入る距離にまで接近してきて、僕の視界に元カノさんと彼氏さんが目に入りました。

 

僕よりはるかに身長が高かった彼氏さん。二人仲良くおしゃべりしてる微笑ましいワンショット。

 

その姿が自分の眼球にハッキリ映ったとき、

 

僕は激しく嫉妬しました。

 

世界中のどの炎よりも汚い嫉妬の炎が、メラメラと自分の中で燃え始めました。なんの未練もないはずが、別に好きでもないはずなのに、何故嫉妬するのか。

 

結局一度付いた嫉妬の炎はしばらく消えず、一度目にしたその光景が何度もフラッシュバックしました。それはそれは醜い有様でした。

 

未練があるわけでもないし、復縁したい願望があるわけでもないはず。そもそも3年前に数ヶ月付き合っただけの女。

 

何故僕は嫉妬したのか?

 

この件が引き金となり、言いようのない孤独感に見まわれた僕は、気づけば寂しいと思うようになったのです。

 

自分の本当の気持ちなんてわかったようで、案外わかってない。

 

今ではもう嫉妬の炎は鎮火しつつあるけど、冷静になった今ですら何故僕があのとき嫉妬という感情を覚えたのか謎です。

 

この一件から寂しさが増したとするなら、もしかしたら僕はどこかで元カノさんを心の拠り所にしていたのかもしれません。

 

元カノさんからしたら、はなはだ迷惑な話です。

 

しかし嫉妬の炎は消えても、一度発症した寂しいという感情は消えることはありませんでした。

  

 まとめ

 

最近僕が積極的にはてな民と絡んでるのも、寂しさを埋める代償行為なのかもしれません。 

 

今でも、お一人様最高志向は変わってないし、一人で過ごすのは人生で最も大切な時間だと思ってます。

 

だけども、一度発症してしまった寂しさを埋めるのには、やはり誰かしらと交流する必要があります。寂しさは一人でどうこうできる問題ではないのです。

 

だから自分の中で、バランスを変えてみました。

 

これまでは、自分の時間90%、誰かと過ごす時間10%でした。

 

それを、自分の時間70%、誰かと過ごす時間30%に変えます。

 

これからは周囲の人間にダル絡みするかもしれないけど、広い心で許してください。

 

こんなはた迷惑なエントリ書いてごめんな元カノさん。

 

スポンサーリンク