読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

年明けの暴落相場がやってきたけど、僕は攻めに転じようと思う

投資
スポンサーリンク

年明け早々株式市場は大荒れとなりました。

 

7日の東京株式市場は、前日の米株式市場でダウ平均が250ドル以上も大幅反落したことなどを受け平均株価が大幅続落、約3カ月ぶりに心理的節目の1万8000円を割り込んだ。

 北朝鮮の核実験で地政学的リスクが強まっており、上海株式市場も急落、またもサーキットブレーカーが発動する事態となり、売りに拍車をかけた。大引けは前日比423円98銭安の1万7767円34銭。

 

年明けから4日続落…市場で囁かれる不気味なジンクス | 日刊ゲンダイDIGITAL

 

 

ダウが死ぬわ、上海も中国も暴落に見まわれ、北朝鮮が核実験などという恐ろしいことしてくれるわで、マーケットは暴風雨のように荒れ狂いました。

 

ドル円も一気に120円を割り込み、117円前半まで円高が進行。チャイナショック以来の安値に迫ろうとしています。

 

特に新興国通貨は売られまくりました。

 

代表的な新興国通貨、トルコリラは史上最安値をまたもや更新。なんと38,66円まで暴落しました。

f:id:youkenwoiouka:20160108025806j:plain

 

下落のスピードは凄まじく、この下げで多くのスワップ投資家が即死したと推測できます。

 

 

ランド円も売られまくり。こちらもトルコリラ同様史上最安値を更新。

一時7,22円まで暴落しました。もう少しで6円台に突入する勢いです。

 

f:id:youkenwoiouka:20160108025825j:plain

 

多くの投資家が、8月24日のチャイナショックの恐怖が脳裏によぎったんじゃないでしょうか?

 

とんだ年明けとなりました。

 

暴落は買い

 

youkenwoiouka.hatenablog.com

 

僕が本格的にトレーダーデビューして、一ヶ月後に出くわしたのがチャイナショックです。デビューしたての新人トレーダーが未曾有の暴落に見まわれ、ただただ恐怖しかなかったのを覚えています。

なんとか大損をせず生き残ることができましたが、あの時の恐怖は今でも忘れることができません。

しかし、この暴落で学んだことが二つあります。

 

一つは、相場の世界では勝つことより、生き残ることの方が大事だということ。

二つは、暴落しても、短期的にはリバウンドする可能性が高いということ。

 

大きく勝っていようとも、たった一度の暴落で破産するのが相場の世界。だからこそ、リスク管理を徹底して生き延びることに徹しなきゃいけないのです。破産したら元も子もありません。

 

しかし、僕の現在の運用資産はたかが60万程度。仮にこれを全て失っても、自分の人生にさほど影響はない額です。これが1000〜2000万とかであれば、失った時はかなりの痛手ですが、僕の場合は資金がそもそも少ないわけですからね。

 

つまり、今下手に守りに徹するより、リスク承知で買いに走ったほうが効率はいいんじゃないかと僕は考えました。

 

こういった暴落相場は、見方を変えれば、普段より安い値段で株や通貨が買えるということでもあります。しかも先ほど書いた通り、暴落した後は高い可能性でリバウンドするため、底を見極めることができれば、大きな利益にありつけるのです。

 

というわけで今回の暴落相場に対して僕は勝負に出ます。

 

年内に運用額100万突破が目標だし、こういうチャンスを逃していては目標達成はできません。

 

まとめ

 

暴落から始まった年始ということもあり、今月は既に負けがこんでいます。額にして▲2万くらいの損失といった状況。

 

2016年最初の月で負けるのは些か縁起が悪いので、どうしても今月は黒星を上げたいところ。

 

だからこそ多少のリスクを負ってでも今月は勝負したい。

 

 

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか