要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

年商2000万円なのに人件費に1200万円使って大丈夫かイケハヤさん!?

スポンサーリンク

この記事で知ったのですが、今イケハヤ書生って10人いるんですね。

 

www.haradesugi.com

 

てっきり3人くらいかなと思っていたんですが(というか3人くらいしか目立つ人がいない)10人てマジですか・・・。

 

一応説明しておきますが、イケハヤ書生とはイケハヤさんのアシスタントです。イケハヤさんはこのアシスタントたち一人につき月10万円のベーシックインカムを支払っています。

 

ってことはですよ

現在イケハヤ書生が10人いるってことは、月100万円のベーシックインカムを支払ってるってことですよね?年間にして1200万円じゃないですか。

 

おいおい・・・。イケハヤさん年間1200万円を人件費に割けるほどブログ儲かってたっけ?

 

調べてみるとイケハヤさんの2015年のブログでの年商は2000万円らしいです。

 

www.ikedahayato.com

 

なお記事では、2016年は年商2500万円を目指すと宣言しています。

 

その言葉通り、仮に今年の年商が2500万円になったとしても人件費に1200万円費やしたら残るのは1300万円。それでも十分凄いとは思いますが、これはあくまで年収ではなく年商。実際の手取りはもっと少ないと思われます。よくもまあアシスタントに金払ってる余裕がありますね。

 

アシスタントといっても大した仕事をしてるわけではなく、たまにインタビュー記事の書き起こしを手伝ったり、たまにイケハヤさんのブログに寄稿したり、その他雑用全般を任しているとのこと。それ以外はほぼほったらかし。

アシスタントたちはブログで全く稼げていないし、僕が言うのもおこがましいですが彼らはブロガーとしてもまだまだなレベル。この人達に10万円を支払って、それ以上のリターンってあるんでしょうか?どういう意図で彼らを雇用しているのかがわからない・・・。もっと違うところに資金を投下したほうが絶対利益出ると思うんですけどね。一体イケハヤビジネスはどこに向かってるのやら。

 

イケハヤ書生のシステムがよくわかりませんので全て推察で書いていますが、もしかしたら全員均等に10万円は払っているわではないのかもしれません。

 

「お前今月記事20本しか書いてないからベーシックインカム5万な?」

 

「お前今月東京行ってたから2万でいいよな?」

 

みたいな。

一律固定10万ではないのかもしれません。ひょっとしたらベーシックインカムをもらっていないアシスタントもいるのかも・・・。そこらへんはよくわかりませんが、こんな金の使い方をしていてはイケハヤビジネスの今後が危ぶまれます。大きなお世話ですが、イケハヤさんは所帯持ちなので心配になりますよ。

 

ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)

ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)

 

 

スポンサーリンク