要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

相手を言い負かすことに快感を感じるタイプは苦手;

スポンサーリンク

雑記ブログらしく最近感じたことを構成も何も考えず書きなぐろうかと思う。

 

Twitterやブログでいろいろな人と交流を持つ機会が増えてくると、中にはマジで絡んじゃいけないめんどくさくてやばい人ってのも出てくる。

 一番厄介なのが、何事も喧嘩腰で食って掛かってくるタイプ。常に誰かの粗探しをしては攻撃的なツイートやブログ記事をアップしまくってるあれよ。はるか遠くから見てる分にはいいんだけど、いつかその攻撃の対象が自分になるんじゃないかと思うと不安になる。僕自身基本平和主義者とはいえ、僕が書いた記事に対して批判的な意見に関しては、真っ向から向き合う覚悟はあるし、場合によっては議論することもやぶさかじゃないけども、最初から喧嘩腰で相手を言い負かすことだけに快感を感じるタイプが相手だと正直めんどくさい。議論はしてもいいけど喧嘩はちょっと・・・となる。議論は高尚なコミュニケーションだと思うけど、喧嘩は低俗なコミュニケーションだから喧嘩で消耗したくはないんだよね・・・。

 

僕自身が過去そういう喧嘩じみたバトルに興じたってわけでもないんだけど、たまたま喧嘩をして相手を言い負かすことに生きがいを感じてそうな方が視界に入ってきたので、ちょっと思うところがあった。別にTwitterでフォローしてるわけでもないしブログを定期購読してるってことでもないんだけど、ブックマークやリツイートなどで回ってきたってから目に入ったってやつ。

僕もとがってる時期があって、何かと不満を攻撃的な文章に転嫁してだらだら書きなぐってた記事があったけど、あの時の自分は精神衛生的にもよろしくなかったし、人としての品格もクソもなかった。

 

まとめ。とりあえず炎上案件や、相手を言い負かすことに全精力を注ぐタイプとは積極的に関わるべきじゃないってことです(この一文が果てしなくブーメランのような気がしなくもないけど・・・)