読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

マリオランの課金批判する人とマックで無料クーポンを使う人は似ているな~って思った

マック 備忘録
スポンサーリンク

どうも、マックで働くハイパーメディアフリーターのしんまです。

任天堂が先日「マリオラン」という、大人気キャラクターマリオを主人公とした横スクロールアクションゲームを公開しました。

公開初日で285万回ダウンロードされ、初日売り上げは1億5300万円を超えたとのことです。

実際僕もマリオランをインストールして遊んでみましたが、マリオが常に走り続ける仕様は、普段全くアクションゲームをしない僕には難しく、ステージ2ですぐに挫折しました(苦笑)

さて、今回のマリオランですが、大きな特徴があります。

それは、課金しないと序盤まででしかプレイできないということです。


1200円課金すれば全ステージをプレイできるらしく、現在の段階では、それ以上課金する必要はなく、上限が1200円までになっています。
つまり、マリオランは課金しなければ全クリアは不可能で、課金前提として作られたゲームということになります。

さて、スマホゲームはほとんどが無料であり、ユーザーもスマホゲームは無料が当然と認識している人が多いです。
そんな中、任天堂が課金前提としてマリオランというスマホゲームを公開したわけです。
これには多くのユーザーから、「1200円は高い!」「課金しなきゃ全ステージできないのかよ!」と、課金前提の仕様に批判が集まりました。

その批判が影響したのかわかりませんが、マリオラン公開後、任天堂の株価は下落しています。

f:id:youkenwoiouka:20161218160209p:plain



そんなマリオラン課金批判してる人たちを眺めてると、僕が務めるマクドナルドで、無料クーポンを使う人の話を思い出しました。
今日はそれをちょっとお話ししましょう。

マクドナルドは戦略的に無料クーポンを頻繁に配布します。
ある時はハンバーガー無料券。ある時はポテトSサイズ無料券。
アンケートに答えたらソフトクリーム無料券。

しかしこうした無料クーポンを使う客の相手をしてる僕の立場から言うと、こういう無料クーポン多用する客に限って、とても横柄で、モラルがなっていない人が多い印象です。
具体的に言うと、無料クーポンのみを使い、一切お店にお金を落とさない客が、モラルがない人が多いということです。

つい最近あったのが、ドリンクS無料券を使うお客さんのケース。

そのお客さんは高校生の男の子で、携帯に表示された「ドリンクS無料券を」掲示し、これくださいと言われました。
しかしその無料クーポンは、他に商品を頼めば使えるというタイプのクーポンでした。
もちろんその注意書きはクーポン自体にも記載されています。

なので、「すいません、そのクーポン単体での注文はできず、他の商品を買うとこちらが利用可能になります」と、女子クルーが説明すると、「じゃあ無料じゃないじゃん」と、全く納得せず、数分押し問答が続きました。

納得するも何も、そういうクーポンなんだからしょうがないはずなんですけどね。
いくら説明してもその男の子は一向に引き下がらなかったので、これ以上の対応は無駄だと女子クルーが判断し、特別に要求を聞き入れ、ドリンクSを無料で提供することにしました。

それで、頼まれたファンタグレープSをドリンクマシーンにかけてると「あ、氷抜きで!」と、言われました。
いやいや、それじゃ今作ってるファンタグレープ廃棄して、また新しく作んなきゃなんないじゃんって話ですが、仕方なしに作り直して氷抜きのファンタグレープSを提供しました。
そしたら彼が最後に、「本当にこのクーポンはこれ単体では使えないんですか?」と、今度は女子クルーではなく僕に聞いてきました。
「いや、だからクーポンにそう書いてありますよね!?そう書いてある以上そういうことですけど!?」
若干キレ気味に答えると、その男の子は納得しない顔で無言のまま立ち去っていきました。

この時は、「あんたがギャーギャー言うから、特別に取り計らってファンタグレープSを作ったのに、「やっぱ氷抜きで!」と、言うもんだから、新しく氷抜きで作り直して渡したら、一言も感謝せず最後に文句を言うってどんな神経だよすっとこどっこい!」と、憤慨したものです。

もちろん無料クーポンを使う人全てがこんなではありませんが、マックで8年働いてきた経験から言うと、無料クーポンを使う人に限って、「お客様は神様」スタンスがとても多かったです。

正直こういうお客さんは、全く売り上げにつながらないし、こっちの時間が奪われるだけです。

マクドナルドが無料クーポン一番最初に出したときは、お客さんから感謝されたのかもしれません。
しかし、無料クーポンの存在が当たり前になると、無料でもらえるのが当然という意識に変わり、無料クーポンのありがたみがどんどん失われていったのでは、と僕は考えます。

マクドナルドの無料クーポンの事例を見ると、マリオランの課金前提仕様に集まった批判の数々は、冒頭でも触れた、「スマホゲームは無料」、という認識が利用者にあったからこそ起きたのではと推測できます。


こういう、お金を使わないクセに批判したり文句を言ったりする人を見ると本当しょーもないなーと思います。
スマホゲーム1本作るのに平均で開発費は1億円を超えると言われているんだから、収益を得るために課金システムを導入するのは至極当然でしょ。
そもそもマリオが1200円でできること自体凄いし、しかも1200円以上は課金する必要のない買い切り型なわけで、とっても良心的です。
それに対して文句を言う人の神経がわからないです。
こういう客は基本利益に結び付かないので、切り捨てていいんじゃないかって思います。

 

フリー ―<無料>からお金を生みだす新戦略

フリー ―<無料>からお金を生みだす新戦略

 

 

スポンサーリンク