要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

【ゴルゴ13】ゴルゴの愛銃アーマーライトM16がAmazonで買える件

スポンサーリンク

ゴルゴの愛銃と言えば「アーマーライトM16」です。
ゴルゴはシリーズ初期から一貫してM16を愛用していますが、M16は自動小銃であり、狙撃銃ではありません。

なぜゴルゴは遠距離狙撃に適していないM16を使い続けるのでしょうか?

その問いについてゴルゴは「俺は一人の軍隊だ」と語っています。

つまり、ゴルゴの仕事上、遠距離狙撃と近距離狙撃の両方を一人でやらなければいけないため、両方を兼ね備えているM16を使っているのです。
ゴルゴはスナイパーといえど、とにかく敵が多いので頻繁に近距離戦を行います。
そんな時、もし狙撃銃しか持っていなかったら戦局は圧倒的に不利になります。

そんなゴルゴの愛銃アーマーライトM16ですが、なんとAmazonでゴルゴ仕様のM16が売っていました。

目次

 

定価91800円!「ゴルゴ13 M16 スナイパー・ライフル」

 

先にリンク貼っておきます。

 

 

f:id:youkenwoiouka:20180324191421j:plain

f:id:youkenwoiouka:20180324191431j:plain

f:id:youkenwoiouka:20180324191439j:plain



見た目から漂う重厚感と黒光りしたボディには圧倒されます。
ゴルゴのイラストが描かれたキーホルダーも良い味を出していますね。

このM16は、世界21ヶ国で特許を取得したマグナ・ブローバック・システムを採用しているため、本物の銃を撃った時と同じリコイル(反動)を体感できるとのこと。
さらに分解することも可能です。

ちなみに気になるお値段はなんと91800円。
エアガンの相場がどれくらいか知らないですが、9万はかなり高い・・・。

M16の使い方は動画でもわかりやすく解説されています。

 
自動小銃というだけあって連射能力がなかなかえぐい・・・!
BB弾といえど、こんなん連射されたらひとたまりもないですね。

というわけでゴルゴファンはぜひAmazonでお買い求めください( `ー´)ノ
(誰が買うか)

 

ゴルゴがM16を使い続ける理由が明かされたエピソード「激突!AK-100vsM-16」

 

ゴルゴがM16を愛用する理由は冒頭でも書いた通りですが、その理由が明かされるのはゴルゴ13 149巻「激突!AK-100vsM-16」というエピソードまで待たねばなりません。

ゴルゴ13(149) (ビッグコミックス)

ゴルゴ13(149) (ビッグコミックス)

 

 

このエピソードでは世界最強の突撃銃はAK-100なのか、それともゴルゴが愛用するM16なのか、武器市場の覇権を賭けてロシアがゴルゴに挑みます。

ロシアは嘘の依頼で、砂嵐と塩害により銃を定期的にクリーニングしなければならないというゴルゴにとって圧倒的不利なアラル海におびき出します。

ロシアは砂嵐と塩害によってゴルゴのM16を使用不可能にした状態で戦いを挑みますが、ゴルゴはロシア軍装甲車のタイヤをコンプレッサー代わりにしM16をクリーニングし、襲い掛かるロシア兵を一掃します。

ラストシーンでAK-100の産みの親であるカラジニコフが、ゴルゴにM16を使い続ける理由を尋ねると、冒頭でも紹介した「俺は一人の軍隊だ」と答え去っていくのです。

圧倒的不利な状況から知恵を絞りM16のクリーニングを行い、大量のロシア兵をいつも通りの射撃テクニックで迎撃していくという、アクションエピソードとしても面白い名作です。

ではでは。

以上、【ゴルゴ13】ゴルゴの愛銃アーマーライトM16がAmazonで買える件...でした。