読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

お金の本質とは?

お金の話
スポンサーリンク

しんまです。

自分の考えはだいぶ偏ってるという自覚がありますが、お金に関する本はほんと腐るほど読んできましたので、金銭に関してはわりかし僕は真っ当な考えを持っていると思ってます。

そんなわけで今日はお金の話を書こうかなと。

お金の本質を三つのポイントに絞って説明していきます。

ケチと節約の違い


ブログ用 金を持ってる男

ケチと節約の違いを言葉で説明しろと言われても、なかなか難しいですよね。
簡単に言うと、
ケチは人のためにお金を使わない、または出し惜しむこと。
節約は、自分のために節制すること。
だと僕は解釈しています。

ここで絶対気をつけてほしいことがあります。

ケチには絶対になるな!ということです。

皆で食事をし、お会計の時に1円でも自分が少なく払おうとするのは是非ともやめていただきたい。
その瞬間は得をするのかもしれませんが、人生という長いスパンで考えると絶対的に損をします。
理由は明快で、お金は人から人へと渡っていくもので、お金とは人が運んでくれるものなのです。

お金を運んでくれるのが人。
つまり人に対してお金を出し惜しむと、自分の元にお金が運ばれてこなくなります。
ケチはだいたい貧乏なのが、そういった理由からです。

人のために心置きなくお金を使える人間こそが、人に愛され、お金に愛されるのです。

だから僕はいくら生活に困ってようが、3食もやしを食べていようが、皆で食事をするときにお金を出し惜しんだことはただの一度もありません。
その後家賃が払えなくなったこともしばしばですが(笑)


 貯金の必要性

 
ブログ用 金塊

学校教育の大きな失敗の一つが、お金に関してきちんと教育しなかったこと。
ちゃんと金銭教育していれば、世にあんなマネー本は出版されなかったことでしょう。

学校がお金について言及することは以下の3つ。

貯金をしなさい
借金をするな
金儲けは汚い



残念なことにこれらは全て間違っています。
特に貯金をしたほうが良いという話は完璧に間違っています。

車は乗らなければただの鉄くず。
お金も使わなければただの紙くずです。

貯金をするということは、お金の本質を理解していないとしか言いようがありません。
皆様がお金とはどういものと思ってらっしゃるかは知りませんが、
お金は自分の目的を果たすための道具に過ぎないのです。

つまりお金は手段であって、目的ではないのです。
目的がある貯金ならまだしも、目的のない貯金に意味はありません。

お金が欲しいという気持ちは大事ですが、一番大切なことは、そのお金で何をしたいかということです。

 一番良い投資先とは?

 
ブログ用 2千円札

お金が欲しいです。
何に投資したほうがいいですか?

よく聞く話ですね。
自分の大事なお金を何に投資すれば、最大のリターンを得られるのでしょうか?
答えは自分に投資です。

自己投資こそが、一番最大のリターンを与えてくれるのです。
短期的なスパンで考えていくと、損をしてるような気がしますが、長期的なスパンで考えていくと絶対的に得をします。

堀江貴文氏の著書「ゼロ」にこんな一節があります。

例えば毎月3万円を貯金をする人と、毎月3万円をなんらかの自己投資に充てている人と、どちらの将来性に可能性を感じるかといえば後者だ。
貯金という行為は、頭を使う必要がない。
一方、投資となれば頭を使わざるをえない。
株式投資だろうとスキルアップの自己投資だろうと、目標や戦略があって成立するものだ。


 
勉強をしたり、本を買ったり、旅に出てみたりと、どんどん自己投資をしましょう。
何年後かに莫大なリターンが返ってきます。




お金は人生で大事なものです。
今日僕が書いたことは、自分で言うのもおこがましいですが、絶対正しいです。
なので、是非参考にしてもらいたいです。

ちなみにぼくのゆうちょの口座残高は5241円でした。
説得力ねえぇ・・・