読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

メール便廃止について

ビジネス ニュース
スポンサーリンク
しんまです。

昨日、センセーショナルなニュースが入ってきました。

ヤマト運輸がクロネコメール便を廃止 3月31日受け付け分で終了 

メール便廃止の理由は記事にもある通り、利用者が知らないうちに信書を送ってしまい、法的リスクがあるからとのこと。

メール便
出典クロネコメール便(個人のお客様)ヤマト運輸

2009年7月以降、クロネコメール便信書を送ったとして、利用者が警察から事情聴取を受けたケースが8件発生しているとも書かれている。

メール便信書は送ってはいけないというのは知っていましたが、仮に送っていてもまずバレないので、皆ガンガン信書送っているんだろうなあとは思ってました。

しかしその信書が原因で、メール便廃止になろうとは・・・
自分的にこのメール便廃止はかなり痛い。
なぜならメール便は自分にとって一番の利用率が高い郵送手段ですから、それがなくなると他で代用しなければいけなくなります。

僕と同じように、メール便廃止で打撃を受けた方の叫びがちらほらと見えてくる。



 


4月からメール便の代用サービスとして、「クロネコDM便」というのが始まるらしいですが、はっきりいって、現在のメール便より価格面で良いとは考えにくいです。

メール便を月に100件や、300件ほど利用する人は、さぞかし大打撃となるでしょう。


 メール便の代わりは何か?

 

メール便の代わりに始まる新サービス「クロネコDM便」が全く期待できない以上、他の郵送手段で代用することになります。

さてポストメール便はなんだろうか?

おそらく皆が真っ先に頭に浮かんだのは、「クリックポスト」でしょう。

クリックポストとは最近始まったばかりのサービスで、特徴は以下のようになります。

■送れるタイプ

長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下で、重量1kg以下の小型商品

■送れる種類

DVD、本、衣料品、などなど、

■料金

以上の基準を満たしていれば、全国一律164円



クリックポストは一番代用としての可能性を感じさせてくれます。


しかし、こんなデメリットが存在することも忘れてはいけません。

クロネコメール便の場合だと、1㎝だと82円になります。
しかしクリックポストは、1㎝でも2㎝でも、料金は一律164円です。

1㎝でも164円は地味に痛いです。なんせ今まで1㎝で送っていた料金が倍になるわけですから。

それにクリックポストは宛名ラベルをいちいち印刷して、荷物に貼り付けるという煩わしい作業が必須となります。

Amazonで商売をしてる人はプリンターを持ってるでしょうが、ヤフオクだけの人などは。プリンターを持っていない人が多いのではないでしょうか。

しかも、この専用ラベルはいちいち1人につき1枚印刷しなければいけないため、月々の紙代とインク代もバカになりません。

月に100回利用したら、紙も100枚使うことになるので、コスパがなんとも悪い・・・


次に代用候補として考えられるのは、「ゆうメール」と「定形外」でしょう。

ゆうメールだと150gまでの重量だと、180円で送れます。
250gまでは、215円。500gになると300円。

多少割高感はありますが、いちいち納品ラベルを印刷する必要がないため、わりかし現実的な選択肢かと思われます。

そして「定形外

僕は定形外は月に10件ほど利用します。
サイズがでかい商品でも重量が軽ければ、かなり安い送料で発送できますからね。

基本的にはゆうメールと同じく、重量のみで送料が計算されます。

以下が値段一覧表です。

25g以内 82円
50g以内 92円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 400円
1kg以内 600円
2kg以内 870円
4kg以内 1,180円


見ての通り、重量が軽ければ安いです。
定形外は重量が軽いモノに対しては、かなり優れたサービスとなるでしょう。



こうしてメール便の代用サービスとなるものを探していると、いかにメール便が優れていたかがわかります。
安いし、セブンで受け付けてくれるし、出荷にも対応してくれるし。

とまあ、結果的に完璧にメール便の代用となってくれるサービスが存在しないため、商品によって、複数の配送サービスを使い分けていくのが、現状では一番ベターな選択だと思われます。