読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

死んでいた21年間〜弱者の定義とは何か

お金の話
スポンサーリンク
しんまです。

ブログ用 東京タワー


18歳で家を追い出され、今年の5月で一人暮らし5周年を迎えます。
サイコー。(なにがだ・・・)

しかしこんなクーラーがない部屋に5年も住めてしまう自分の忍耐力に驚きです。

思い返せば5年間色々なことがあったなあ〜・・・


一週間もやしを食い続けたり。

一ヶ月5000円生活始めたり。

友達に12万貸したせいで家の電気が止まって、携帯をマックで充電するようになったり。
(ちなみにその友達にセブンの駐車場で土下座されました)

大晦日の夜に一人でそば食ってたら、酔っ払いの後輩二人と先輩一人が押しかけてきて、その日の安眠が妨げられたりとか。

懐かしいですね〜。


5年間でだいぶ自分は変わりました。
もちろんいい方向に。

この5年間はお金と真剣に向き合った5年でもあり、自分がいかに社会的弱者であるかも痛感させられた5年でもあります。
今日はそのことを書いていこうかと。

貧困生活

ブログ用 お金がない

5年間の貧困生活で嫌というほど、資本主義の現実を知らしめられました。
マックで890円という低賃金で毎日働いても全然お金は貯まりませんでした。

お金がないと、遊びも、食事も、住居も、全てが低品質なものになります。
「クーラーないわ〜」「暑いわ〜。いや、むしろ熱いわ〜」
何万回このセリフを吐いたことか(笑)

他の仕事を選択していればもっと財布は潤ったことでしょうが、なぜ僕は時給890円のマック一本で、ガス代、電気代、家賃を賄おうとしたのか。

それは何も考えてなかったから。

なんとかなるっしょ!

楽観視して、完璧に思考停止していたのです。

ずっとお金がない理由をマックのせいにしていましたが、問題の本質はそうではなく、何も考えていない自分だったのです。
それに気づくのに、3年半ぐらいかかりました。
この時21歳。

おせえよっ(笑)

この経験により弱者の定義が自分の中で明確化しました。


弱者の定義

ブログ用 汚いアパートに干してある洗濯物



弱者の定義は以下の二つによるもだと自分は結論付けました。


■1.自分の哲学を持っていない

■2.お金を持っていない



哲学を持っていないというのは、自分の考えを持っていないということ。
何も考えてなかったから、自分はお金がなくて苦労したわけで、自分の考えがしっかりあれば、もう少しお金を稼ぐことができたし、クーラーも買えました。マジで・・・

頭が空っぽで何も考えず、ただなんとなく毎日を過ごしていた自分。

その21年間ははっきり言って死んでいました。


さすがにこのままじゃやばいと危機感を感じ、初めて自分の頭で、どうやってこんなダメな自分を変えるかを考えるに至り、21年生きてて初めて前頭葉を稼働させ、いろいろな本を読み、ようやく死んでいた人生が動き始めました。
そんな感じです。

次に「お金」。
お金が無い人間は例外はあれど、基本的に弱者。
車を買えない。豪華な食事が食べられない。やりたいことができない。生活が辛い。だから弱者だ!
という話ではなく、もっと深刻で深い理由があります。

それは、

お金がないと人を救えないから。

これに尽きます。

これは誰がなんと言おうと、絶対たる真理です。

教科書などで見たことがないでしょうか?
栄養失調でガリガリに痩せた子供を抱える母親の写真を・・・

その子供は母の愛をたくさん受けているはずです。
(そうでなければとっくに道に捨てている)
しかし死んでいくのです。

何故か?

お金がないからです。

お金があれば、必要な栄養、必要な医療を受けられます。

親の愛も大事ですが、それだけでは子供を救うことはできません。
お金がなければ。

いくら愛があったところで、お金がないと我が子ですら救うことができないのが現実。

だからお金がない人間は弱者なのです。


毎年放送される、「愛は地球を救う24時間テレビ

このタイトルに本当に怒りを覚えます。

愛が地球を救うのではなく、金が地球を救うのだろ!
愛だけでは地球はおろか、人一人救うことができないではないか!
なぜ正直に真実を言わず、愛などと言うのか!?

しかも地球を救うって、テーマが壮大かつ大雑把すぎる!!

本当にあのタイトルは大嫌い!!!

追記


なんだか、貧乏生活があたかも辛いかのように受け止められる文章になってしまいましたが、
そうではないと言っておきましょう。

ぶっちゃけ貧乏生活は余裕。
一週間電気止まろうとも、毎日もやし飯でも、はっきり言って屁でもない。
だって生まれた時からずっと貧乏だったから、もうこれが当たり前みたいなものです(笑)
むしろ昔よりマシな方じゃないだろうか。

だから本当に家を追い出されて良かったと、強く強く思います。
FC2動画アダルト誰にも邪魔されすに見れるし!