要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

今更だけど「傷物語」読みました

スポンサーリンク
化物語の前の話、「傷物語



主人公阿良々木暦が、春休みに金髪の美しい吸血鬼に行き逢う。

吸血鬼は、「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」と名乗った。

吸血鬼ハンターに手足をもがれ、瀕死の重体を追っていた彼女。
それを阿良々木暦は助けるのであった。

平凡な高校生の日常は激変した。

のちに彼は、「まるで地獄の春休み。そして高校生活最後の春休みは、誰も幸せにならない、なんの救いもない、見るも無残なバッドエンドで、幕を引いたのだった」と語ることになる。

今回読んだ「傷物語」はそんなお話。
化物語が大好きで、アニメは全て見ていますが、「傷物語」はまだアニメ化されていません。
アニプレックスが2012年に映画化するといって、もう3年が経ちますが、未だ音沙なし。



もう待てない!というわけで原作を買って読みました。
最近ライトノベル読んで現実逃避したかったところだし、ちょうどいい。



化物語の原作は読んでいたので、西尾維新を読むのはこれが二冊目。

時系列的には化物語の前の話で、阿良々木君が吸血鬼になったのと「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」と出会った経緯が描かれている。

なので、化物語から読むのではなく、傷物語から読んでも全然違和感がないと思います。

今回も阿良々木君の軽快なツッコミと、巧みな言葉遊は健在で、ほとんどキャラクターのセリフで物語が展開していきます。
多分活字嫌いな人でも、スラスラと読めるのではないかと思います。

特に本作のヒロインである「羽川翼」のスカートが、一陣の風でめくれた際の描写はさすがだと思った。

だってただスカートがめくれただけなのに、4ページにわたって細部まで表現しているんだから。
なんすかこの表現力。

創造力のレベルが半端ないです。

阿良々木くんにばっちりスカートを見られた挙句、その感想を4ページにわたって細部まで描写された、羽川翼の返しもまたうまい。

見られたくないものを隠すにしては、スカートって、どう考えてもセキリュティ低いよね。やっぱり、スパッツっていうファイアーウォールが必要なのかな?

比喩が巧みで見事。さすが西尾維新である。いや、さすが羽川翼、というべきか。

電車の中でくすくす笑いながら読んでしまいました。

このように、誰かがボケて阿良々木くんツッコんだり、また、阿良々木くんがボケて誰かがツッコんだりという、ギャグ要素の強い展開が多いです。

ストーリー自体は結構シリアスなんだけどね。

そのギャップがいいのかもしれない。シリアスだからといって、序盤から終盤までシリアスな展開だったら、読み疲れてしまいそう。箸休め的な意味合いも含めて、笑いを随所に盛り込むのはひとつの手でしょう。

とにかくサクッと読めた一冊でした。
ストーリーも僕個人的はかなり好きな部類でしたし、
平凡な高校生が、突然吸血鬼に出会って、しかも自分が吸血鬼になっちゃった挙句、自分が人間に戻るべく、3人の吸血鬼ハンターたちと対峙することになったり、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが抱える、過去の傷の話もなかなか心に響くものがあった。

僕みたいに現実逃避したいと思ってるなら、ぜひ一読をおすすめします(笑)