読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

言葉が乱れてるけど大丈夫?

ブログ
スポンサーリンク
文章をこうして書いてると、言葉に対して色々考えるようになります。
日々の会話の中では、「あの〜」とか「それ、これ、あれ」みたいな曖昧な表現でも伝わりますが、文章となるとそうもいきません。

その時々に見合った言葉や単語を選ばないと、読み手にこちらの伝えたいことがきちんと伝わりません。
つまり語彙力が高くないとちゃんとした文章を書けないものだと思います。
かくいう僕は語彙力が全くない人間です。

それを証明するのが僕の口癖。

マジで?
あざーっす!
さーせん!
ガチで?
やばー。


ギャルかよ(笑)とても22歳の使う言葉遣いとは思えないんですけど。
恥ずかしながら僕は、これらの言葉をローテーションして会話を成立させようとしています。

さーせん明日バイト代わってくれない?ちょっと用事があって。マジで?あざーっす!今度なんか奢るわ!

僕のしゃべる内容ってだいたいこんな感じ。
うわ〜・・・文章にすると恥ずかしすぎるわ。ガチで。

ちゃんと義務教育を受けたのにもかかわらず、僕がしゃべる言葉にはそれらを全く感じさせないひどいものですね。ガチで。


語彙力を高めたい

ブログ用 ノートと万年筆

もっと上手い文章を書けるようになりたいと考えているけど、そうなるとやはり語彙力は必要となってくるわけですが、そこでです。
一体全体語彙力とはどのようにして身につくものなのか?

こういった悩みに対して、今現在の自分の答えとしては、「本を読んで文章を書け」になります。
それが一番なのではないかと。

本には色々な言葉が詰まっています。
四字熟語、慣用句、ことわざ、様々な言葉や単語が文章を構成しています。
これらの言葉を一つ一つ拾い上げて読んでいると、色々な言葉が自然と自分の頭に抵抗なく入ってきます。もちろん読書が好きだからなのでしょうが。

そして、文章を書くという行為は、多くの言葉を知らないとできる表現に限りがあるので、自ずと色々な言葉を知るようになります。あるいは調べるようになります。

読書と執筆。これぞ語彙力アップにつながる行為だと僕は確信しています。
少なくとも本を読むようになってから、最初の頃の記事より今の記事の方が文章としてまとまりがあるし、適切な言葉を使用してると思ってます。
このブログを始めたばかりのころは、文章のレベルが本当酷くて、今でも軽い黒歴史として尾を引いていたりします。
あ〜恥ずかちい恥ずかちい。


言葉の乱れがひどい



言葉をテーマに記事を書いてみたので、ここでちょっと日々の言葉に対する疑問を書いていこうかと。

最近の若者って特殊な言語感覚を持ってるよね・・・

いや、僕も人のこと言えたものではないけど、高校生と大学生に対しては、特に思う。
不思議な言葉を使うなあ〜と。

【略す】

とりあえずまあ→とりま
モーニングコール→モニコ
気持ち悪い→キモ
場面行動→場面
じわる→じわじわくる

【多用される若者言葉】

ゲロカワ
*非常に可愛いという意味。なんで可愛いにゲロがつく?

クソネミ
*糞眠いという意味。なんで眠いにクソがつく?

神ぽよ
*非常にテンションが高い状態を指す。最初はなんかのキャラかと思った。

それな
*同意、共感を表す。僕も結構な頻度で使用してるかも・・・

オラつく
*横柄な態度をとること。方言かと思った・・・

ワンチャン
*ワンチャンスという意味。わんちゃんじゃないよ。


いやはや、書き出していったらキリがない。
言葉乱れとりますなあ・・・

言葉は時代と共に進化していくものだけど、なんだろうか。
こられの若者言葉がこれからの日本語を支えていくのかと思うと、若干の戸惑いは感じずにはいられませんね。
言葉の進化の歴史を勉強してるわけでなないので、これらの若者言葉が10年先には標準語となるのかはよくわかりませんけども、そうなったらちょっと嫌ですね。

だって30過ぎたいい大人が、「今日休みー!神ぽよ〜!」とか言ったり、母親が我が子に対して、「ゲロカワヤバすぎ」とか言っちゃうんでしょ。
挙げ句の果てに総理が「このまま日本の借金が増え続けると、ワンチャン年金制度なくなります」とか言い出すんでしょ。

ちょっと嫌だな(笑)

しかしチョベリバも今となっては死語となってるので、多分大丈夫ですよね。
標準語は標準語で、若者言葉は若者言葉できっちり区別されるよね。


言葉の乱れを書いたものの、僕も人のことは言えたものではない。
「それな」とか多用してるし、「とりま」も使ったことありますし、結構な頻度でそのような若者言葉に触れてる気がする。というか口癖が、「マジで」「さーせん」とかだし、偉そうなこと言えないですね。

人としゃべるのが苦手だかこそ、ちゃんとした言葉を使えるよう気をつけよう自分。ガチで・・・