読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

今更だけど「猫物語 黒」読みました

読書
スポンサーリンク
化物語では詳細が語られることのなかった、阿良々木暦と羽川翼の九日間に渡る悪夢のゴールデンウィーク
時系列的には、キスショットアセロラオリオンハートアンダーブレード(名前長え)に行き遭った地獄の二週間から一ヶ月後の話。

前回に続き今回も虚しくバッドエンド。全くもって残念なことに。

猫物語 黒」



ちなみにですが、「猫物語 黒」はアニメから入っていたため、始まりも結末も知った上で読みました。
それで思ったのが、シャフトすげえってこと。
原作の味を殺さず、アニメならではの表現も取り入れ、無駄話と与太話が多い原作をきちんとまとめて、ファン納得、いや納得以上のクオリティでアニメ化してしまうのだから。

いやはや、本当物語シリーズってシャフトが制作してよかったと思います。

そんなわけで 今回読んだ「猫物語 黒」の感想を書いていきましょう。

あらすじ

猫物語 黒
出典「猫物語(黒)」2012年12月31日22時より、TOKYO%20MX・BS11・ニコニコ生放送の3メディアで放送決定!/

今作のヒロイン羽川翼

事のあらましは、道端に横たわっていた 尾のない一匹の猫を埋葬するところから始まる。
通常ならスルーするであろう猫の死体。

学級委員長の中の学級委員長と評される羽川翼である。
真面目で生真面目な彼女は、その死体を丁寧に埋葬するという行動に打って出る。

さすが羽川翼。さすが学級委員長の中の学級委員長。

さもありふれた温かいエピソードであったが、これが悪夢の幕開けとなる。

障り猫

触ったモノに取り憑くという猫の怪異。

尾のない猫の死体こそ障り猫。
障り猫は羽川翼を取り込んだ。

取り憑かれた羽川翼は暴走する。

両親を襲い、阿良々木くんを襲い、とどまるところを知らず暴走する。
そして阿良々木暦は知ることになる。彼女の心に巣食う闇を。

感想


長々とあらすじを書いてしまった・・・己の文章能力と構成能力のなさにちょい反省。(Amazonの説明文コピれよって話)
さてさて感想を書いていきます。

まずですが、本書は305ページありますけど、そのうちの100ページはストーリーと一切関係ない無駄話です。

いつ物語始まるのかしらこれ?とか思いながら読み進めていましたが、まあこれが物語シリーズ
これこそが物語シリーズ

今回に限っては、妹の月火ちゃんとの掛け合いがほとんどです。
特にパンツの掛け合いは秀逸。
なんともレベルの低いくだらないテーマですが、阿良々木君と月火ちゃんの手にかかれば、なんか芸術をテーマに議論してるかのような錯覚を覚えてしまいます。
パンツの話なのに。



羽川翼。真面目で頭が良くて誰にも優しくて、絵に描いたよう優等生。
完璧すぎるほど完璧なまでに人間ができている。

そんな彼女にも心の闇があり、その闇のでかさは地球にも匹敵するスケールだった。
本来なら障り猫は憑依対象に対して、情けをかけることはない。怪異なのだから。人間とは馴れ合わない。

そん障り猫すらも同情したくなるような闇を、羽川翼は抱えていたわけで、それが今回の悪夢を引き起こす一番の発端になったのです。

ストーリーに関してはアニメとほぼ同じなので、目新しい驚きはありませんでしたが、やっぱり阿良々木君はいいやつすぎる。

彼女の闇を知り、襲われ、腕を引きちぎられ、救済を拒絶され、なおも己の命を張って彼女と向きあおうとするのだから。

ガハラさんが惚れるのわかるわ。

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、ラストの戦闘シーンの展開にはマジで胸が熱くなりました。

無駄話が多い分、一旦ストーリに入り始めるとめちゃくちゃスピード感あります。
西尾維新の腕前ということでしょう。

そしてですが、キスショット以下略、現「忍野忍」。
彼女が傷物語以降、初めて言葉を口にします。

しかもクライマックスで。

かっこよすぎるだろ忍ちゃん。

さすが僕が物語シリーズで一番好きなキャラにして、阿良々木くんのベストパートナー。

今作も、嫌な現実を忘れさせてくれるほど、のめり込みながら読めました。

働きたくねえ。僕も可愛い同級生が怪異に襲われて、そんな彼女を命を決して助けてえ。
命を張ってでも働きたたくねえ。


【一緒に読みたい記事】

今更だけど「傷物語」読みました