読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

大事なのは自分が間違った時にどうするかということだ

備忘録 投資
スポンサーリンク

「しんまって自分が絶対に正しいと思ってるよね」

 

以前そんなことを友達に言われたことがある。

 

その頃の僕といえば、自己啓発本に没頭し頭でっかちになり、世の中の真理をわかった気になっていた小生意気な青二才だった。

だから自分の考えは絶対に正しいと思ってたし、どこへ行っても通用するぐらいに思ってた。

俺天才。将来絶対成功して、タワマン住んでランボ乗り回して石原さとみクラスの美女と遊び倒すんだぜ。

とか思ってた。割りと本気で。

今思えば漆黒過ぎる黒歴史でしかないけど(笑)

にしても当時の自分は友人に言われた言葉は強く刺さった。というよりかは引っかかったと言うべきか。

 

「絶対自分が正しいと思ってる・・・?」

「え?その何が悪いんだろう・・・?」

「確かにそうだけども、それは信念があってのことだし、自分を信じることは決して悪いことじゃないはず・・・」

 

友人の些細な一言が頭のなかをぐるぐる駆け巡り、考えに考えぬいた。

しかし当時の僕のお粗末な脳みそでは結論が出ずじまい。

それから2年経った現在。

今ならわかる。認めることができる。僕が間違っていたということを。自分の正しさを過剰に信頼することへのリスクを。

自分が絶対に正しいと考えることはとても大事なことだとは思うけど、それと同時に自分の正しさに疑問を持つことも同じくらい大事なのではないだろうか。

何故なら人間という生き物は過ちを犯す生き物だから。

それは歴史が証明してると思うし、そしてその過ちがあったからこそ今の人類があるわけ。

絶対に自分が正しいと思ってたら、いざ自分が過ちや間違いを犯した時に、それに気づくことができない。

気づいた時にはもう手遅れで泥沼にハマっている。

大事なのは自分が間違った時にどうするかということ。

間違った時にはキチンとそれを認め、解決策を講じる。

そうせず、己の間違いに目を背けていたならば、問題は悪化の一途をたどるだけである。

 

終わり

 

 

え?

なんで急にこんなこと書いたって?

それはね・・・

 

FXでバカみたいに負けているからですよ!!!!!!!!!

 

f:id:youkenwoiouka:20150924110354j:plain

 

いや〜もうね本当アホみたいに勝てないんすわ。

勝ったら下がるし、売ったら上がるし、逆張りしたら撃沈するし、ならば順張りでどうだと意気込んでも結局泣く泣く損切りになるし、もう何やっても勝てないーーー!!!!!

もはや業者が僕にいじわるしてるとしか思えないぐらい惨敗してる。

 

つまりですよ。

FXというマネーゲームは勝つことより、いかに自分の負けを認められるかが勝敗を分ける鍵なんです。

自分の予想と外れた動きをしたら、その時点ですでに戦略破綻してるんだから、とっとと見切りをつけて損切るべき。

思い込みと先入観で、「まだ大丈夫」「これから上がる」「もうそろそろ下げ止まるから」

なんて愚行に走るのはもってのほか。

自分の負けを認められないと、どんどん損失が膨らんでいくだけです。

 

今日はそんな愚かな自分へ自戒の念を込めた反省記事でした。

来月はもやし生活かなあぁ・・・(泣)

グスン・・・