読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

飲み会に行ってきて、警備員時代の泥酔客思い出した

備忘録
スポンサーリンク
ブログ用 酒たち

久しぶりにマックの飲み会に参加しました。
改めて思うのですが、僕って酒本当弱いんですよ。
昨日の飲み会にて終盤、頭が響くように激痛がして吐き気を催しそうになった。
ジン・トニック3杯しか飲んでいないんだけどね。

そもそも酔うっていうのは、アルコールが血液に混じって脳が麻痺することを指すそうです。
軽い酔いがほろ酔い。千鳥足になりろれつが回らなくなったりするのが酩酊。酩酊の重度バージョンが泥酔。酔いの最終形態が昏睡。
泥酔状態の人は、駅のホーム落下したり、ゲロを垂れ流したり、異世界を思わせる意味不明な言語を発したりする、社会にとって迷惑な害悪でしかない。
駅の警備やっている頃は、幾度と無く泥酔状態のサラリーマンと対峙してきました。
端的にいうと彼らは人間じゃない。ケダモノだ。
泥酔という単語が出たところで、駅の警備員をやっていたころの泥酔エピソードを書きましょうか。

色々な出来事があったけど、一番衝撃的だったのがゲロを垂れ流しながら歩いている人。
せめて止まってから吐けよ・・・
まるで呼吸でもするかのように一連の動作が自然すぎて、最初その光景を見た時自分の視力がバグってるのかと思いました。
歩行しながらゲロってくれたため、10メートル以上もあるゲロの川ができました。
駅の中になんちゅうもん増設してくれんねん!

そして残念なことにゲロの後片付けは僕ら警備員の仕事。
薄目で吐瀉物の内容を確認してみると、麺類が多かった。
いや、どうでもいいけど。

そんなわけでゲロの処理をすることになります。

ゲロ処理の方法は至って簡単。
まず吐瀉物に細かいオガグズをふりかけます。
そしていい感じにオガグズとゲロを混ぜて水分を飛ばし、ゲロをホウキでちりとりに運びます。
清掃作業自体は簡単ではあるんだけど、ただ1点看過できないことがあります。
それは、

臭いがきつい!!!

これなんですよ。ゲロってウンコと似たようなもので、排出するところが口かケツかの違いなんですよ。
そのため臭いは強烈。臭気測定器が火花を散らして爆発しそうなぐらい凄まじい臭いがするんですよ。
逆にミントのいい香りがしても嫌だけど。

声を大にして言います。

お酒はほどほどに・・・!!!



【合わせて読みたい】

酒飲んで酔っ払って潰れる人って本当にバカなんじゃないだろうか・・・

久しぶりに高校の同級生たちと飲み会してきた