読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

学校遅刻•••

備忘録
スポンサーリンク
やらかしました。
学校遅刻しました。

12日日曜日が休日勤務だったのですが、寝坊してしまい到着するのが20分遅れました。
寝坊した時は寒気がしました。
なぜなら学校の鍵は、代行員である僕が所有しているため、僕がいないと、永久に学校は開かないのです。
電車で向かったら絶対遅くなると思い、上の階のおっちゃんを叩き起こし、車で送ってもらいました。

時すでに遅しで、職員玄関の前で職員が5人ほど待機していました。

皆一様にイライラを隠せない面持ちをしており、僕の罪悪感指数はストップ高でした。

彼ら職員は、今日の代行員が僕であることを確認する術もないし、学校が閉まってるため、僕が学校に電話できるわけでもない。
もちろん僕が職員の電話番号を知っているということもない。

つまり僕が遅れる場合、それを伝達する手段がないのです。

よって職員の方々は、今日の代行員が誰かもわからないし、またどれぐらい遅れるのかもわからないのです。
もしかしたら来ないかもしれない。
そんな不安を抱えながら僕が来るのを、30分以上職員玄関の前で待機していたわけ。

マジで申し訳ない•••

しかも12日は部活動の大会があるらしく、通常より業務が多いという不運。

完璧にや•ら•か•し•た•••

クビかな・・・

遅刻・締切いつもルーズな人のクスリ
野口哲典
ブックスボックス
2013-05-10