要件を言おうか

月収10万円フリーター

【ネタバレあり】映画「セイフ ヘイヴン」のあらすじ・感想。前を向いて生きることの大切さ

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

Amazonプライムビデオで隠れた名作、「セイフ ヘイヴン」を見ました。

 

セイフ ヘイヴン (吹替版)

セイフ ヘイヴン (吹替版)

 

 
控えめに言って、マジ最高な映画でした・・・!

映像しかり、ストーリーしかり、役者しかり、全てが美しかった・・・!見終わった後の余韻が実に心地よい映画です。
この作品の魅力はぜひとも当ブログで伝えたい・・・!

映画視聴後、感動してしまい、Twitterでもついそのことをつぶやいてしまいました。



というわけで早速今回もネタバレ感想を書いていきます。

目次

 

映画「セイフ ヘイヴン」の基本情報・予告編

 


【監督】ラッセ・ハルストレム
【脚本】 ダナ・スティーヴンス ダナ 
スティーヴンスゲイジ・ランスキー
【原作】ニコラス・スパークス
【配給】レラティビティ・メディア
【公開日】2013年2月14日
【上映時間】115分

 

映画「セイフ ヘイブン」の主要登場人物・キャスト情報

 

●  ジュリアン・ハフ(主演): ケイティ・フェルドマン役
悲しい過去を持つ女性。
逃げるようにノースカロライナ州サウスポートの港町に来る。

● ジョシュ・デュアメル: アレックス・ウィートリー役
サウスポートの港町で小さな雑貨店をやっている。
娘のレクシーと息子のジョシュを育てるシングルファザー。
妻はガンで亡くっている。

● コビー・スマルダーズ: ジョー役
ケイティの家の近所に住む女。

● デビッド・ライオンズ: ケヴィン・ティアニー役
ケイティ逮捕に執念を燃やす刑事。

● ミミ・カークランド: レクシー・ウィートリー役
アレックスの娘。一人で店番ができるくらい賢い女の子。

● ノア・ロマックス: ジョシュ・ウィートリー役
アレックスの息子。父に反抗ばかりしている。

 

映画「セイフ ヘイヴン」のあらすじ

 

舞台は美しい小さな港町、ノースカロライナ州サウスポート。
この小さな港町に長距離バスでケイティがやってくる。

彼女は小屋を借り、海辺のカフェでバイトを始め、新生活をスタートさせるのだった。
そんなケイティを事あるごとに雑貨店屋のアレックスが手助けをし、二人は徐々に距離を縮めていく。

そんな中、ケイティを追う刑事が迫るとともに、ケイティの知られざる過去が明らかになっていくのだった。
ケイティの過去を知った時、アレックスはどうするのか?

 

映画「セイフ ヘイヴン」のネタバレ感想

 

ジュリアン・ハフ演じるケイティは、暴力を振るう夫から逃げて、ノースカロライナ州サウスポートの小さな港町にやってきます。

よくある、自分のことを誰も知らない街で人生再スタート的なやつですね。

ケイティは小さな小屋を借り、海辺のおしゃれなカフェに就職し、再スタートを切るわけですが、暗い過去を持つだけに、ケイティは必要以上に街の住人と絡もうとしません。

ある日、雑貨店を営むアレックスが、親切心でケイティに自転車をプレゼントするのですが、心を閉ざしきったケイティは「困る!こんなのいらない!」とブチギレてしまい、自転車を返却します。

よっぽど他人に干渉されたくないのですね・・・。

その後、隣に住む友人のジョー「相手は純粋に親切なだけよ」と諭され、ケイティはアレックスに謝り自転車をもらうことにしたのです。
この件以降、二人の仲はどんどん深まっていきます。

アレックスは妻をガンで亡くして以来、ジョシュとレックスを男手一つで育て上げており、妻をなくしたショックと子育ての苦労から「俺はずっと下を向いたままだった」と話しますが、アレックスはケイティと出会ったことにより、「でも君と一緒にいて前を向きたくなったんだ」と前向きになったことを明かします。

また、ケイティもアレックスと出会ったことによって、徐々に心の雪が溶けていくのです。

恋愛映画はクソほど嫌いな自分ですが、ケイティとアレックスは共に辛い経験をしており、そんな男女が惹かれ合い前向きに生きていこうとするその姿には感銘を受けずにはいられませんでした。

心の美しい二人の恋愛は見てて気持ちがいいです。

しかし、ふとしたことからアレックスはケイティが殺人事件の指名手配を受けていることを知ってしまいます。

子供を守るためにもアレックスは「この街から出て行け」とケイティに告げます。

しかし、そこは恋愛映画。
長距離バスに乗ろうとしたケイティを「やっぱ行くな」と引き止めます。
ここらへんはお約束ですね。

そこでケイティは、実は自分の夫がアル中な上に暴力を振るうゴミ野郎で、しかも夫が刑事でその立場を利用して勝手に自分を指名手配をしてしまったと真実を告白するのです。
その夫から逃げるためにこの街にやってきたんだと話すケイティ。

ここで、冒頭にケイティを追っていた敏腕刑事っぽい男の正体がはっきりするわけですね。

刑事の男、ケヴィン。
ケヴィンはアル中で、酒が入るとケイティに暴力を振るうゴミクズ男です。彼は職権乱用してケイティとヨリを戻すことに執念を燃やします。
徐々にその本性を表していくケヴィン演じるデビッド・ライオンズの演技は流石だなと思いました。

映画「セイフ ヘイヴン」にてケヴィンが登場するシーン

Before

映画「セイフ ヘイヴン」にてケヴィンが登場するシーン2

After

同じ人間がここまで変わってしまうのですから、つくづく役者の表現力には驚かされるものです。

最終的にケイティたちは迫りくるケヴィンを倒し、物語が終盤に差し掛かるわけですが、物語のラストが実に衝撃的な展開となります。

アレックスはガンで亡くなった妻からの手紙を、ケイティに渡します。

ケイティがその手紙を開くと、「夫が愛する女性へ」と書かれており、一枚の写真が同封されていたのです。
その写真を見ると、なんとそこに写っていたのはケイティと仲良くしていた近所の女のジョーだったのです。

つまり、ジョーはすでに死んでおり、ケイティの前に現れた彼女は幽霊だった、ということなのです。

もしかしたら、残された夫と子どもたちが心配で幽霊になって見守っていたのかもしれません。

ジョーが幽霊だという伏線はありました。

ケイティの夢の中でジョーが「彼が(ケヴィン)来た」と、ケヴィンの顔も知らないはずなのに、警告をしたのです。
このシーンを見た時、「ん?なんでジョーがケヴィンを知ってるんだ?」と思いましたが、ラストへの伏線だったのですね。

Amazonレビューを見ると、ゴーストオチにはかなりの賛否がありましたが、自分はアリだと思ったし、全体を通して美しい作品だったので問題なく楽しめました。

映画は細かいことに突っ込んだら負けでしょ・・・!


ケイティとアレックスは、共に辛い過去を抱えています。
そんな二人が出会い心を通わせ、前を向いて生きることができたのです。
文字に起こすと大したことがないように思えますが、辛い経験を乗り越えて前向きに生きていくのはそう簡単なことではありません。

ましてやアレックスに関しては最愛の妻に先立たれているわけですから。

この、「辛い過去を乗り越えて前を向いて生きる」というのが本作「セイフ ヘイヴン」のメッセージな気がします。

いや〜本当美しい物語でした。ぜひ一度は見てほしい作品です。

 

一度全てリセットして、自分のことを誰も知らない街で暮らしてみたい

 

ケイティは夫のケヴィンから逃げるために、小さな港町で新生活を始めるわけですが、こういうのめちゃくちゃ憧れます。

自分もケイティみたいに人生を一回リセットして、自分のことを誰も知らない街で新生活を始めてみたい。

というのも、自分は一人暮らしを始めてかれこれ8年になりますが、その間ず〜っと同じとこで暮らしてますし、職場もず〜っと変わっていません。

正直、もうなんか飽きたんですよ・・・!

毎日同じ風景を見て、毎日同じルーチンワークで、毎日同じような人と会ってると、くっそつまらないのですよ。
こんなクソつまらん人生に刺激を与えるためにも、一回全てをリセットしたいんですよね。

当ブログでは記事にしてませんが、知らない街で人生再スタート的な映画だと、「百万円と苦虫女」という作品はかなりおすすめです。
この映画は、主人公の女がいろんな街を転々とし、100万円貯まったら次の街に行くというストーリーです。
 

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女

 

 
ゆく先々でいろんな出会いがあり、いろんなことが起こります。
人生って面白いなあと思える作品なので、気になる方はチェックしてみてください。

自分もこういう映画みたいな生活してみたいなあ・・・。
そんなことを思っている日々です。(行動に移せや)

 

まとめ&「セイフ ヘイヴン」を無料で見る方法

 

本作「セイフ ヘイヴン」は自分がこれまで見てきた映画の中で間違いなくベスト10には入る作品なので、ぜひとも見てほしいです。
ここまで記事を読んだということは、オチも全てわかっているかと思いますが、それでも見てほしい。

意地悪なドンデン返しもないし、衝撃的な展開もないありふれた映画かもしれませんが、とにかく一貫して美しい作品なので、見て後悔することはないはずです。

そんな「セイフ ヘイヴン」はAmazonプライムビデオで見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

Amazonプライムビデオ無料体験

Amazonプライムは年会費制のサービスですが、一ヶ月の無料お試し期間を使えば無料で見ることができます。

ではでは。

以上、【ネタバレあり】映画「セイフ ヘイヴン」のあらすじ・感想。前を向いて生きることの大切さ...でした。