要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

イオンカードがキャッシュレス消費者還元事業の対象に!ポイント還元の条件や流れなどを解説

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

現在自分が愛用しているクレジットカードがイオングループが発行する「イオンカード」です。

筆者が実際に使っているイオンカード

筆者が実際に使っているイオンカード


イオンカードはイオングループで利用することによって絶大なる恩恵を受けられるため、日々イオンを利用する人は絶対に持っておいたほうがいいクレジットーカードです。

そんなイオンカードがこの度政府が行うキャッシュレス消費者還元事業に登録されたので、2019年10月1日以降はイオンカードのポイント還元に加えて、政府による2%or5%還元を受けることが可能となりました。

ということで今回は、

1. キャッシュレス消費者還元事業について
2. イオンカードでポイント還元を受けるための条件や流れ


の2つをメインに書いていきます。

目次

 

キャッシュレス消費者還元事業について簡単に解説

 

知らない人もいると思うのでキャッシュレス消費者還元事業について簡単に解説しておきます。

キャッシュレス消費者還元事業とは、2019年10月1日に実行される消費者へのポイント還元制度であり、対象のキャッシュレス手段でキャッシュレス消費者還元事業に登録されている加盟店にて支払いをすると、2%or5%のポイント還元がされます。

すなわち、この制度を利用すれば消費税2%引き上げ以上のリターンが得られるのです。
なので消費者は絶対にこの制度を利用するべき。

キャッシュレス消費者還元事業に登録されている店舗には必ず下記のマークがあります。

キャッシュレスポイント還元事業の加盟店を示すマーク

キャッシュレスポイント還元事業の加盟店を示すマーク

つまり、このマークがついている店舗で対象のキャッシュレス手段で決済するとポイント還元を受けられるわけですね。

有名どころだと、コンビニ大手3社(セブン・ファミマ・ローソン)も加盟店。

このキャッシュレス消費者還元事業の実施期間は2019年10月1日か2020年の6月30日までの9ヶ月間となっています。

キャッシュレス消費者還元事業についてできるだけ簡単にまとめましたが、詳しく詳細を知りたいという方は下記記事を参考にしてください。

 

 

イオンカードでキャッシュレス消費者還元事業のポイントを得るための条件や流れ

 

イオンカードは、支払額の0.5%をときめきポイントで還元、イオングループでの利用だと1%を還元するポイントシステムです。
そして、この度キャッシュレス消費者還元事業に登録されたイオンカード。

イオンカードの場合政府によるポイント還元はときめきポイントとして還元されるのではなく、翌月の請求日に支配額に応じて支払額が値引きされるという運びになりました。

例えば、5%の還元が受けられるキャッシュレス消費者還元事業の加盟店にてイオンカードで1万円分の支払いをした場合、ときめきポイントが50ポイント還元され、500円分の値引きがされるので、翌月に請求される金額は9500円となります。

なので、合計550円も得をした計算ですね。

当たり前ですが、キャッシュレス消費者還元事業に登録されていない店舗でイオンカードを使っても、ときめきポイントしか付きませんのでご注意を。

必ずお店に下記の加盟店マークがあるかどうかを確認しましょう。

キャッシュレスポイント還元事業の加盟店を示すマーク

なお、ポイント還元額の上限はカード1枚につき1ヶ月15000円分までです。

 

その他のイオンカードも対象です

イオンカードには複数種類があります。

・ イオンカード
・ イオン銀行CASH+DEBITカード
・ イオンデビットカード
・ イオン銀行J-Debitサービス
・ イオンID
・ WAON


参考: キャッシュレス・消費者還元事業 |イオンカード|イオン銀行


実はこれらも全てキャッシュレス消費者還元事業に登録されているカードなので、これらのカードをどれか1枚持っていれば政府によるポイント還元を受けることが可能となります。

しかも、基本的には1ヶ月のポイント還元上限は15000円までなのですが、それはあくまでカード1枚の上限なので、カードを複数枚持っていればその分だけポイント還元を受けることができます。

なのでたくさん買い物をするという人はこのルールを利用し、複数のカードを使い分け限界までポイント還元を受けるようにするといいでしょう。

公式サイト: イオンカード

 

イオングループを利用する人は絶対にイオンカードを作っておくべき理由

 

自分は基本自炊しているのですが、食材は全てイオンで買っています。

イオングループで買い物をする場合イオンカードを持っていると下記の恩恵を受けられるのでめちゃくちゃお得なのです。

・ イオンカード利用で20日・30日は5%オフ
・ イオンカード利用で10日はポイント5倍
・ ボーナスポイント付き商品でポイントがもらえる
・ 誕生月にはバースデーパスポートがもらえる


特に毎月20日と30日に実施されるお客様感謝デーはすごい。
なんせ食料品が全て5%オフですから、まとめ買いするにはうってつけのキャンペーンなのです。

 

 

そして、誕生月にもらえるバースデーパスポートも熱い。

 


バースデーパスポートはイオングループで使える割引券で、最大10%オフで商品を買うことができます。
しかも有効日当日(利用する日)なら何店舗でも何回でも利用できるのが最大のメリット。

このようにイオンカードは年会費無料に加えて、イオンユーザーからすれば多大なる恩恵が受けられるカードですので、頻繁にイオングループを利用する人は作らないと損をするでしょう。

公式: イオンカード

 

まとめ

 

日本の経済状況は長らく停滞しており、その経済悪化のしわ寄せが税金という形で市民に押し寄せてきているのが今の日本の現状です。

実際国民年金の額も上昇の一途を辿っており、消費税もちょっと前までは5%だったのに今や10%になる勢いです。

そんな状況で賢く立ち回るには、政府のお得な制度をフル活用することです。

それが今回紹介したキャッシュレス消費者還元事業です。
この制度を利用すれば増税上のリターンが見込めるので、実質的に得をすることができはず。

賢く立ち回って人生をサバイブしていきましょう。

ではでは。

以上、イオンカードがキャッシュレス消費者還元事業の対象に!ポイント還元の条件や流れなどを解説...でした。