要件を言おうか

月収10万円フリーター

Amazonで買い物する場合「LINEショッピング」を経由すると0.5%還元されます。やり方を解説

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

世の中には「Amazon派」と「楽天派」が存在しますが、自分は昔からずっとAmazon派です。
Amazonはプライム会員になると、送料無料だったり、プライムビデオやプライムミュージックが楽しめるので大好きなんですよね。

さてさてそんなAmazonですが、実はLINEショッピングと組み合わせることで購入額の0.5%を還元することができます。

今回はその方法を解説していきます。

目次

 

LINEショッピングとは?

 

LINEショッピングのトップページ

LINEショッピングのトップページ


LINEショッピングとはLINEが運営する通販サイトです。

とはいっても、LINEショッピング自体が商品を提供しているわけではなく、LINEショッピングは様々な通販サイトの窓口的な位置づけです。

LINEショッピングのサイトでは各ショップの商品が並んでおり、購入する場合はLINEショッピングからそのサイトに飛び、そのサイトで購入する必要があります。

なんでわざわざLINEショッピングを経由する必要があるんだという感じですが、LINEショッピングを経由して購入すると、購入額の数%がLINEポイントとして支払われます。

ポイント還元率はショップ毎に異なり、例えばパソコンショップの「DELL」だと、還元率が10%です。

このように、LINEショッピングは各ショップをつなぐ窓口サイトであり、LINEショッピングを使うメリットは無条件で購入額の数%がポイントバックされるという点です。

 

LINEショッピングの枠にAmazonが追加!LINEショッピングを経由して0.5%のポイントをゲット

 

そんなLINEショッピングにとうとうAmazonが追加されました。

Amazonはこの手のサイトには絶対に協力しないイメージがありましたけど、(実際、有名なポイント経由サイトであるハピタスにAmazonはありません)、LINEのブランド力が功を奏したのかAmazonが登場したのです。

当初はポイント還元率が1%でしたが、残念ながら現在は還元率が0.5%に下がってしまいました。

0.5%の還元を受けるやり方は以下の通り。

LINEショッピングを開く

Amazonのタブをクリック

Amazonに飛ぶ

24時間以内にそのリンクから購入

数日して購入額の0.5%が還元される

ポイント還元のお知らせは、LINEショッピングチームののトークから通知が来るようになっています。

LINEショッピングのポイント還元のお知らせ


0.5%還元を受けるにはただLINEショッピングを経由すればいいだけなので非常に簡単です。

凄いのが、何とLINEショッピング経由でAmazonを利用している人が24時間の間に5227人も存在するのです。

LINEショッピングのAmazonページ



1日5227人がショッピングしているということは、単純計算で1カ月で15万6000人がLINEショッピング経由でAmazonで買い物をしているということです。

さすがAmazon。圧倒的な利用者数です。

 

購入するものは「欲しい物リスト」に入れておこう

 

スマホで商品を探すのは面倒なので、LINEショッピング経由でAmazonを利用するとなるとちょっと不便です。

なので、あらかじめ購入するものはPCから「欲しい物リスト」に入れておきましょう。

購入するものを欲しい物リストに入れておけばスマホからアクセスしても、購入するものが一括で見れてポチれるのでかなり便利です。

 

どうせ買うなら金曜日に

 

LINEショッピングは毎週金曜日に「ぽちぽちフライデー」というキャンペーンを開催しています。

このキャンペーンにエントリーすると、LINEショッピング経由で2000円以上購入するとLINEポイント200ポイントプレゼントされます。


なので、どうせ買うなら金曜日に買い物するといいでしょう。

LINEポイントの使い道ってあるの?LINEポイントの交換先一覧表

 

LINEショッピング経由でAmazonを利用してもらえるのはAmazonポイントではなくLINEポイントです。

このLINEポイントの使い道を解説していきます。

LINEポイントの交換先を表にまとめてみました。

LINEポイントの交換先
LINEPay残高 1Pから交換可能
LINEミュージッククーポン 500Pから交換可能
Amazonギフト券 550Pから交換可能
nanacoポイント 300Pから交換可能
メトロポイント 300Pから交換可能
Pontaポイント 300Pから交換可能
選べるe-GIFT(ANA SKYコイン、iTunes、楽天Edy) 550Pから交換可能
ベルメゾンポイント 300Pから交換可能
JALマイレージバンク 300Pから交換可能


いろいろな交換先がありますが、一番ベーシックなのはLINEPay残高にしてしまうことです。

LINEPay残高にしてしまえば、LINEpay決済に対応している店舗で使えるし、LINEpayカード(LINEが発行するJCBのプリペイドカード)を発行すれば、JCBが使える店舗ならどこでもLINEPay残高を消費できます。

しかも、LINEPay残高は出金して現金化することも可能です。
現金化のやり方は2つあります。

まず一つ目が自分の銀行口座にLINEPay残高を送金するという方法です。

送金の方法は下記の通りです。

LINEPayにアクセスする

設定をタップ

設定から出金をタップ

銀行口座を選択して出金先を決める

これでLINEPay残高を現金化することができます。

ただ銀行口座にLINEPay残高を送金する場合は以下の3点に注意してください。

1. 手数料が216円かかる
2. 1日10万円が限度
3. 平日の9時~15時しか出金対応していない



そしてLINEPay残高のもう一つの現金化の方法が、セブンイレブンのATMを利用するという方法です。

詳しいやり方はセブンイレブンの公式サイトを見ていただきいですが、普通にATMにいけば操作の案内がされるのでご安心ください。

参考リンク: LINE Pay ATMサービス|セブン銀行


セブンイレブンで出金する場合の注意点は下記の3つです。

1. 手数料が216円かかる
2. 出金は最低1000円から
3. 出金額は最高10000円まで


現金化するとどうしても手数料を取られてしまうので、やはり素直にLINEPay残高にして、それでAmazonギフト券を買うなり、LINEPay対応店舗で消費するなりをした方がいいでしょう。

賢いLINEポイントの貯め方や使い方は下記記事を参考に。

参考記事: LINEポイントとは?効率的にLINEポイントを貯める方法とその使い道を紹介していく

 

【注意点】Amazonギフト券などはポイント還元の対象外

 

LINEショッピングを経由してAmazonで買い物をすれば購入額の0.5%のLINEポイントが還元されるわけですが、以下の種目に関してはポイント還元の対象外です。

・ Amazonギフト券
・ コイン
・ 硬貨・紙幣
・ メダル
・ 切手
・ はがき
・ プリペイドカード


このように、換金性の高い種目に関しては基本的にポイント還元の対象外なのでご注意ください。

 

まとめ

 

自分は還元率2%のkyashというプリペイドカードを使ってるので、Amazonで買い物をする場合、LINEショッピング経由の0.5%とkyashの2%で、合計2.5%還元を受けています。

kyashの紹介記事はこちら: kyash(キャッシュ)のリアルカードの使い方とメリット・デメリットまとめ

 
つまり、Amazonで1万円分買い物すれば、250円分のポイントがもらえるということです。

たかだか250円ごときがと思うかもしれませんが、こうしたポイントの積み重ねが大きな資産になっていくのです。
ぜひとも皆さんも賢くポイントを貯めてみてください。

ではでは。

以上、Amazonで買い物する場合「LINEショッピング」を経由すると0.5%還元されます。やり方を解説...でした。