要件を言おうか

月収10万円フリーター

ニート生活はつまらないという実体験。こんなの2カ月で飽きます

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

自分は今年の4月でバイトを半分に減らし、半ニートみたいな生活を送っています。
バイトはほぼ週2程度しかやっておらず、限りなくニートに近い感じです。

僕の具体的な生活スタイルについては下記記事をご覧ください。

参考記事: 【隠居】20代フリーターが週休5日の隠居生活を手に入れました

働きづくめの時は1日12時間労働も頻繁でかなり大変でしたが、バイトを半分に減らしたおかげで肉体的にも精神的にもかなり楽な生活ができています。

ただ、だからと言って「ニート生活楽しい!!」とまではいかず、どこかマンネリ感を感じてるのも事実です。

今回はそんなニート生活の実態について書いていきます。

目次

 

ニート生活は2カ月もやれば飽きる

 

最初にも書きました通り自分は週2回は働いていたので完全なニートではありません。

ですが、週5~6働いてた頃と比べれば現在の生活は限りなくニートに近いと言っていいでしょう。

ニートと聞けば、労働から解放され毎日好きなことをして生活している自由人というイメージです。
確かに自分も週6の労働から解放された時は毎日自由でとても楽しかったです。
これがニートかと。

最初は詰み本を消化したり映画を見まくったりしていましたが、しかしそんなニート生活は2か月程度で飽きました。

何というか、つまらないのですよ。

もちろん週6働いてた頃よりははるかにマシですが、自分が当初想定していた自由な生活というより、ただ単に自堕落な生活というだけで、どんどんダメ人間になっていく気がしました。

もともと友達も少ない方ですから、ニートになったとはいえ、誰かと遊ぶわけでもないですし、毎日家に引きこもってるだけです。

まだ週2バイトしていたからよかったものの、これが一切バイトしていなかったら誰とも関わることがなくなり、ただただ堕落したダメ人間になるだけだったと思います。

というわけで、ニート生活など2カ月もやればつまらなさすぎて飽きると思います。

 

やりたいことがないとニート生活はマジでつまらない

 

何かやりたいことが明確にあるのであればニート生活は最高に楽しいと思います。

何故なら、これまで仕事に使っていた時間を全てやりたいことにつぎ込めるのですから。
こんな幸せなことはありません。

しかし、自分にみたいに特にやりたいことがあるわけではなく「働きたくない」という理由で仕事を辞めニート生活に入ると、先ほども書いた通りマジでつまらないです。

ゲームやったり映画見たり本を読んだり、消費活動に全力をつぎ込もうと、どこか虚しいものです。

死にたくなるくらい仕事が嫌なら、仕事を辞めてニート生活に入るのもいいですが、基本的には特に何かやりたいことがあるわけでもないならニート生活はおすすめしません。

せめて自分みたいに週2くらいバイトした方がまだ気分をリフレッシュできます。お金も入ってくるし。

 

何もやることがないニートは金稼ぎに走った方がいい

 

お金を稼げるニートのことを「ネオニート」と呼ぶようです。

ニートになって特に何もすることがなく毎日自堕落に生活するくらいだったら、金稼ぎに走った方がいいです。
具体的には副業をして収入を得ることを目的とする行為のことを指します。

時間は無限大にあるわけですし、楽しいニート生活を送るにはお金も必要ですし、だったら副業をしてお金を稼いだ方が有意義です。

今やインターネットの発展のおかげで、個人でも簡単にビジネスができる時代ですから、ニートが最もお金を稼ぎやすい時代と言えます。

かくいう自分はこのブログ運営やメルカリなどの物販でお金を得ています。
まあだからこそニート生活が送れるわけですが。

ニートに向いてるであろう副業は下記記事にまとめていますので、よければご覧ください。

参考記事: ニートにおすすめな月5~10万円稼ぐ9つの副業を紹介。目指せネオニート

月10万円の副収入を確保できればかなり生活が潤います。
副業が軌道に乗れば月10万と言わず、20万、30万と収入は増えていくはずです。

しかし何もしなければ0。

どうせ暇でつまらない毎日を送ってるくらいなら、副業に精を出してお金を稼いだ方がいいでしょう。

 

どうすればニート生活を送れるのか?

 

ニート生活は簡単にできるわけではありません。

生きる上では必ず支出が発生しますので、基本的に収入がないニートはすぐさま生活破綻してしまいます。

なので、ニート生活を送るには「しばらく生活できるだけの貯金がある」もしくは「労働しなくても一定の収入がある(配当や家賃収入など)」のどちらかではないと厳しいです。

ニート生活を送りたい方はそういったお金の面をクリアしないとニートになれません。

自分の場合は月の生活費が8万円弱ですので、極端な話100万円の貯金があれば1年間ニートができる計算です。

参考記事: 【働きたくない】100万円貯金が貯まったら1年間ニートができます

ニートになりたかったら自分の一カ月の生活費を計算し、必要なお金を貯めましょう。

 

まとめ

 

働かない生活というのは一見自由で素敵に見えますが、実際は暇でつまらないものです。
やりたいことがあって、友達がたくさんいればいいですが、自分みたいに意識が低くて友達がいない人間がニート生活をやるとただ自堕落な人間になってしまうだけです。

ニート生活を送るのはいいですが、ニート期間中に何をするかをちゃんと決めておいた方がいいでしょう。

ではでは。

以上、ニート生活はつまらないという実体験。こんなの2カ月で飽きます...でした。

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法