要件を言おうか

月収10万円フリーター

知らない電話番号の正体を自動で調べる方法。迷惑電話がかかってくる理由も紹介する

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

携帯を持っていれば誰しも知らない電話番号をから電話がかかってきたことはありますよね。
かくいう自分も何故か知らない電話番号からの着信が多く、一時期は1日で5件ペースで知らない着信があったものです。(こわい・・・)

参考記事: 「0800」から始まる電話番号は携帯ではなくフリーダイヤル。そしてほとんどが営業電話です

というわけで今回は、

・ 知らない電話番号の正体を自動的に調べる方法
・ 迷惑電話がかかってくる理由


の2つをメインに紹介します。

目次

 

知らない電話番号の正体を自動で調べてくれるアプリ

 

知らない電話番号の正体を調べる方法として、かかってきた番号をコピーペーストしてググるっていうのがあります。

僕もよくこの方法で知らない電話番号の正体を探るのですが、正直手間です。

そんな手間を解決してくれるのが「電話帳ナビ」というアプリ。

アプリ「電話帳ナビ」の紹介ページ


電話帳ナビはもともとウェブサイトで始まった電話番号検索サービスです。

参考リンク: 電話番号検索なら「電話帳ナビ」


電話帳ナビは膨大な電話番号データを保有しており、大抵の番号はここでヒットします。

 

電話帳ナビの登録方法

 

登録方法は非常に簡単です。

まずアプリを開き「通知を許可」をタップします。

電話帳ナビ「通知を許可」


そうしたら、次は「連絡帳へのアクセスを許可」をタップします。
これで連絡先情報が電話帳ナビに共有されます。

電話帳ナビ「連絡帳へのアクセスを許可」


これで登録は完了。
自分の名前を入力したり、プロフィール設定などをする必要はなく、この2ステップのみで登録は完了します。

 

電話帳ナビでできること

 

電話帳ナビのアプリでできることを紹介します。

 

1. 知らない電話番号から着信があったら自動で正体を表示してくれる

わざわざこの電話帳ナビのアプリをインストールする最大の理由がこれ。

電話帳ナビのアプリを入れておくと、知らない電話番号から着信があった場合、瞬時に電話帳ナビのデータベースから電話番号の正体を特定し、画面上に電話主の正体を表示してくれるのです。

なので、知らない電話番号でも画面上に相手の正体が表示されるので、出るべきかどうなのかの判断が容易になります。

自動で相手の正体を表示してくれるので、わざわざ電話番号をコピーペーストしてググる必要もありません。

 

2. 迷惑電話を着信拒否にできる

「ブロック」のタブから着信拒否にしたい電話番号を入力して追加すると、着信拒否設定にできます。

SoftBankとauでは着信拒否設定をするのに料金が発生しますが、電話帳ナビを使えば無料で着信拒否設定ができるのでとてもお得です。

 

その他の知らない電話番号を調べるサービス

 

電話帳ナビは国内だけで1億件以上の電話番号記録を保有しているので、知らない電話番号から着信があったら、ほとんどの場合がヒットすると思います。

そうは言っても日々新しい電話番号が登場しているので、電話帳ナビのデータベースにも登録されていない場合があります。

そんな時のために国内の電話番号検索サービスをまとめておきます。

 

1. jpnumber電話番号検索

・ jpnumber電話番号検索

jpnumberも電話帳ナビと同じく国内最大級の電話番号検索サービスです。
あまりにもデータが膨大なので、知らない電話番号を調べる場合は、「携帯電話」「フリーダイヤル」「IP電話」のカテゴリから検索するといいでしょう。

・ 携帯電話(070 080 090 から始まる番号)
・ フリーダイヤル(0120 0800 から始まる番号)
・ IP電話(050 から始まる番号)

一応アプリ版もありますが、Androidでしかインストールできません。

・ アプリ版

 

2. 電話番号検索JP

・ 電話番号検索JP

電話帳ナビやjpnumber電話番号検索には劣りますが、こちらも一応固定電話、携帯電話、フリーダイヤル、IP電話、全ての電話番号を検索できます。

 

迷惑電話がかかってくる理由

 

自分は一時期凄まじく迷惑電話がかかってきていたので、迷惑電話をかけてきた人に聞きました。

「あなたは僕の電話番号をどこで入手しましたか?」、と。

するとその人は正直に「〇〇という会社であなたの電話番号情報を入手しました」と回答。

その会社名をぐぐってみると名簿業者でした。

つまりこういうこと。

自分の電話番号がどこかで流出し、その電話番号を名簿業者が入手し、他のいろんな業者に電話番号データを販売していたという流れです。

実際名簿業者は数多く存在します。
名簿業者の最大手だと「フリービジネス」は有名ですね。

・ フリービジネス

フリービジネスは7000万件弱の名簿データを所有しています。

自分の電話番号が何故こうした名簿業者に渡ってしまうのかという、自分の場合だと一時期ポイント稼ぎのために様々なサイトに登録をしていたことが原因です。

登録したサイトには自分の電話番号を含めた個人情報を提供しています。
おそらくそうしたサイトから自分のデータが名簿業者へと流れたのだと推測されます。

いちいち利用規約など確認していないので、サイトの中には「会員の個人情報を他社に提供することに同意する」的な規約を設けてるところもあったことでしょう。

そうなると自分の個人情報は名簿業者へと流れてしまうわけです。

 

まとめ

 

本記事をまとめると、

1. 電話帳ナビのアプリを使うと電話主の正体が自動で表示される
2. 迷惑電話がかかってくる理由は名簿業者が個人情報を販売しているから


でした。

ではでは。

以上、知らない電話番号の正体を自動的に調べる方法。迷惑電話がかかってくる理由も紹介する...でした。


【合わせて読みたい】