要件を言おうか

月収10万円フリーター

Amazonプライムビデオで見れる暇つぶしにおすすめな映画ベスト10

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

Amazonのプライム会員になると様々なサービスを利用することができ、日常的にAmazonを利用する人は絶対にプライム会員になった方がいいと言っても過言ではないほどお得なサービスです。

そんなプライム会員限定のサービスの一つが「Amazonプライムビデオ」。

洋画、邦画、アニメ、ドラマ、ドキュメンタリー、様々なジャンルの映像作品が大量に配信されており、プライム会員はこれら全てを無料で視聴できます。

自分はAmazonプライム会員なので、プライムビデオで面白そうな映画は定期的にチェックしています。

というわけで今回は表題の通り、Amazonプライムビデオで見れるひまつぶしにおすすめな映画ベスト10を紹介しようと思います。

完全に個人の独断と偏見でランキングしていますのでご承知ください。

ではいきます。

目次

 

10位 ブレイブストーリー

 

ブレイブ ストーリー

ブレイブ ストーリー

 

 

【作品情報】
監督: 千明孝一
ジャンル: アニメ・ファンタジー
公開日: 2006年7月8日
どういう映画か一言で: 小学生の男の子が異世界で大冒険



主人公はどこにもでいる元気な小学5年生の男の子「ワタル」。
何不自由ない楽しい毎日を送っていたワタルでしたが、両親が離婚したことにより状況が一変。
離婚でショックを受けた母親は自殺未遂。
こんなのは嫌だと思ったワタルは、ミツルという不思議な少年に会い、「運命を変えたかったら幻界へ行け」と言われ、自身の運命を変えるために玄界に行くのです。


本作は今で言うところの異世界ファンタジーもので、小学5年生のワタルが異世界で大冒険するというストーリーです。

ぱっとみ子供向けのファンタジー作品のようにも思えますが、最後までストーリーを見るとそこには人生とは何かを考えさせられる深いテーマ性があったりします。

主人公のワタルは最後の最後で自分の運命を受け入れることを選びましたが、一方でミツルは自分の悲惨な運命を受け入れようとはせず最後まで抗い続けました。

悲しみを背負った二人の少年の生き様はいろいろと考えさせられるものです。

むしろ大人こそ見てほしい作品かもしれません。

当ブログの感想記事: 映画「ブレイブ・ストーリー」あらすじ・感想。運命に翻弄された2人の少年 

 

9位 キャビン

 

 

【作品情報】
監督: ドリュー・ゴダード
ジャンル: ホラー
公開日: 2012年4月12日
どういう映画か一言で: ただのホラーでは終わらないホラー



大学生5人が週末に郊外にある森の小屋でう過ごそうと計画。
しかし、その小屋に入ってみると次から次へと怪現象が襲ってきます。
これだけ聞くとよくあるホラー作品かと思いきや、最後はとんでも展開が待ち受けています。

もうDVDのパッケージでかなりネタバレしてる感が否めませんが、とりあえず前半はつまらなかったとしても、絶対に最後まで見てほしいです。
ラストは誰もが予想できない衝撃的シーンの連続ですから。

当ブログの感想記事: 【ネタバレあり】映画「キャビン(CABIN)」のあらすじ・感想。ホラーの定石を覆す作品

 

8位 チャッピー

 

チャッピー CHAPPIE (吹替版)

チャッピー CHAPPIE (吹替版)

 

 

【作品情報】
監督:  ニール・ブロムカンプ
ジャンル: アクション
公開日: 2015年3月6日
どういう映画か一言で: 心温まるロボット映画



天才エンジニアが作り上げた心を持つロボット「チャッピー」が、どういうわけかギャングの手に渡ってしまって、ギャングたちによってチャッピーが育て上げられていくというちょっと変わったお話。

生まればかりのチャッピーは子供同然で、とても臆病。
そんなチャッピーをギャングたちが教育し、チャッピー言葉や考える力を習得していき、徐々に成長していきます。
ですが、ギャングたちの目的はチャッピーに犯罪教育し、最強の犯罪ロボットに仕立て上げること。

チャッピーが純粋な心を持っているからこそ、人間の愚かさが浮き彫りになっていき、人間の業の深さを痛感させられます。

本作は万人におすすめできる映画ですね。

当ブログの感想記事: 【ネタバレ有】映画「チャッピー」あらすじ・感想。チャッピーの純粋さが心を打つ名作

 

7位 日本で一番悪い奴ら

 

日本で一番悪い奴ら

日本で一番悪い奴ら

 

 

【作品情報】
監督:  白石和彌
ジャンル: 実話・クライム
公開日:   2016年6月25日
どういう映画か一言で: 深淵に飲み込まれた警察官の話



本作は実際に起こった「稲葉事件」を元に作られた警察映画。
正義に燃える若き北海道警察の諸星が主人公。

諸星は正義感と柔道の腕前は凄まじいものでしたが中々成果が上がらず、先輩に相談したところ、「裏社会に飛び込んでS(スパイ)を作れ」とアドバイスされ、徐々に結果を出していきます。

しかし、裏社会とつながりが深くなるにつれ、諸星自身もどんどん悪に染まっていき、最後は取り返しのつかないところまでいってしまいます。
正義感あふれる警察が徐々に悪の道に染まっていくその様は、「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」という哲学者ニーチェの言葉を思い起こさせます。

テンポがよく、役者の演技も圧巻で、何より実際に起こった事件をベースに作られているのでめちゃくちゃ面白い。
警察の闇を垣間見ることができるある意味恐ろしい作品です。

当ブログの感想記事: 【ネタバレあり】映画「日本で一番悪い奴ら」の感想と稲葉事件について

 

6位 凶悪

 

凶悪

凶悪

 

 

【作品情報】
監督: 白石 和彌
ジャンル: クライムサスペンス
公開日: 2013年9月21日
どういう映画か一言で: タイトルの通り



本作は実際に起こった上申書殺人事件を元に作られた作品。
先生と呼ばれた男と元暴力団の男が共謀して次々と凶悪犯罪を繰り広げていく、実に恐ろしいクライムサスペンス。

先生は人の命を金に変えるプロフェッショナルで、まさに黒い錬金術師。
しかもその殺し方は非常に残忍で、被害者となった高齢のおじいさんは大量の酒を飲まされたあげく、気を失うまで電気ショックを浴びせ続けられ、さんざん苦しめた末に殺されたのです。

その間、先生は非常に楽しそうで、電気ショックでおじいさんが倒れた最には爆笑していました。

ある意味胸糞映画でもありますが、もう一度見たくなってしまうような不思議な魅力があるのも確かなので、クライムサスペンス系が好きな方はぜひとも見てほしい作品です。

当ブログの感想記事: 【ネタバレ有】映画「凶悪」の感想。人の命を金に変える黒い錬金術師 

 

5位 タイピスト

 

タイピスト!(吹替版)

タイピスト!(吹替版)

 

 

【基本情報】
監督: レジス・ロワンサル
ジャンル: ドラマ・恋愛
公開日: 2012年11月17日
どういう映画か一言で: ミュージカル仕立ての女性職業モノ



田舎育ちの女性ローズが田舎を飛び出てルイ・エシャールが経営する保険代理店で働き始めます。
地味な格好で典型的な田舎娘だったローズが採用された理由は、ルイにそのタイプライターの早打ちの腕を買われたからです。
しかし、ローズはタイプライターの早打ち以外になんの取り柄もない女。
そこでルイは「タイプライターの早打ち大会で優勝しなければクビだ!」と告げ、大会では残念ながら敗退。
その日からルイは一流のタイピストになるために猛特訓を始め、世界一のタイピストを目指していくのです。


女性の社会進出がまだまだ進んでいなかった60年以上前のフランスが本作の舞台。
女性差別も多かった中、ローズはタイプライターの早打ちの腕前一つで世界に挑み、血の滲むような努力をし、女性として社会的な地位を獲得していくその姿は実に痛快です。
基本的に楽しい映画で、そしてローズがかわいい。
とても楽しい気分になれる作品なので、週末とかに見るのがおすすめです。

当ブログの感想記事: 【ネタバレ有】映画「タイピスト!」あらすじ・感想。女性の社会進出というキーワード

 

4位 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

 

 

【作品情報】
監督:  スティーヴン・スピルバーグ
ジャンル: 実話・クライム
公開日: 2002年12月25日
どういう映画か一言で: 世界を騙した天才詐欺師のお話



フランク・W・アバグネイル・Jrという実在した天才詐欺師が題材の作品で、舞台は1960年代のアメリカ。

主人公のフランクは地頭がよく天才的な嘘つきでした。
両親の離婚に嫌気がさしたフランクは、わずか16歳で家出をし、生きていくために小切手詐欺を繰り返し、持ち前の地頭の良さと嘘つきの才能で、医者を演じたりパイロットになりすまして生活をします。

世界を股にかけた大胆な若き天才詐欺師。

しかし、その詐欺師の根底にあるのは家族に対する愛と孤独感。
途中からついついこの天才詐欺師に感情移入してしまうほど、彼にはなんとも言えない魅力があります。

もうすでに17年前の作品ですが、今見ても普通に面白いのでぜひともチェックしていただきたいです。

当ブログの感想記事: 【ネタバレあり】映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のあらすじ・感想。世界を騙した孤独な男

 

3位 カラスの親指

 

 

【作品情報】
監督: 伊藤高志
ジャンル: クライムサスペンス
公開日: 2012年10月26日
どういう映画か一言で: 優しい詐欺師たちのお話



定期的に見たくなる心温まる優しい詐欺師たちのお話。
社会からドロップアウトした二人のおっさん詐欺師が主人公で、貧乏娘のまひろ、その姉、姉の彼氏と出会うことでストーリーが動き始めます。

社会的弱者である5人が身を寄せて生きていく姿がなんだか微笑ましい。

見終わったあとはとっても優しい気持ちになれるので、家族とかで見るのがいいかもしれませんね。

 

2位 セイフヘイヴン

 

セイフ ヘイヴン (吹替版)

セイフ ヘイヴン (吹替版)

 

 

【作品情報】
監督: ラッセ・ハルストレム
ジャンル: 恋愛
公開日: 2013年10月26日
どういう映画か一言で: 恋愛映画嫌いとか言ってる人とりあえず見ろって言いたくなる話



自分は恋愛映画がクソほど嫌いで、わざわざ好き好んで見ることはありませんが、その中でもセイフヘイヴンだけは別でした。

本作は過去に傷を追ったケイティが逃げるように港町にやってきて、そこで人生の再スタートを切ろうと奮闘するお話。

ケイティは最初は街の誰にも心を開こうとしなかったですが、徐々に打ち解けるようになっていきます。
そして、親切で優しいアレックスと恋に落ちるようになります。

その一方でケイティを追う警察官の男。

恋愛要素とサスペンス要素が混じり、物語が後半に進むに連れ緊迫感もましていきます。

なんてことはない普通の恋愛映画ですが、かなり感動的なお話なのでぜひとも見ていただきたいです。

当ブログの感想記事: 【ネタバレあり】映画「セイフ ヘイヴン」のあらすじ・感想。前を向いて生きることの大切さ

 

1位 鍵泥棒のメソッド

 

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

 

 

【作品情報】
監督: 内田けんじ
ジャンル: クライム・スリラー
公開日: 2012年9月15日
どういう映画か一言で: 役者、キャラクター、ストーリー、全てがいい!(語彙力)



鍵泥棒のメソッドはおそらく人生で一番見返した映画だと思いますが、当ブログでは感想記事を書いていません。
自分、本当に好きな作品に出会うと語彙力を失うので書こうと思っても書けないんですよね。
それくらい本作が大好きです。

役者を目指しているダメフリーターの桜井(堺雅人)、プロの殺し屋コンドウ(香川照之)、とにかく真面目な水嶋(広末涼子)、絶対に出会わないであろう三人が出会うことで物語が始まります。

殺し屋コンドウが風呂場で転倒し記憶喪失になってしまい、その時たまたまそばにいた桜井がとっさの思いつきでコンドウになりすますことに。
こうして、桜井とコンドウの人生が入れ替わってしまうのです。

目覚めたコンドウは自分のことを売れない役者だと信じ込み、ひたむきに役者になる努力を続け、その姿に感銘を受けた水嶋は彼に結婚を申し込みます。

一方、コンドウになりすました桜井はコンドウのお金を好き勝手使うという自堕落生活を送ります。

コンドウの記憶が取り戻された時、いっきに物語が加速します。

とにかく一度は見てほしい作品です。

 

Amazonのプライム会員登録をお忘れなく

 

言うまでもありませんが、本作は全てAmazonのプライム会員になることで無料で見ることができます。

Amazonのプライム会員は年会費3900円のサービスで、送料無料、プライムビデオ見放題、対象のKindleが読み放題、100万曲以上が無料で聞ける、などなどの会員特典が受けられます。

1ヶ月無料お試しも可能です。
送料無料になるだけで年会費の元が取れるので、Amazonを日常的に利用する人は絶対にプライム会員に登録しておいたほうがいいでしょう。
登録は下記リンクからどうぞ。

・ Amazonプライムビデオ無料体験

ではでは。

以上、Amazonプライムビデオで見れる暇つぶしにおすすめな映画ベスト10...でした。