要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

読書家がKindle Paperwhiteを買って感じた4つのメリット

スポンサーリンク

実はちょっと前にKindleを購入しました。念願の電子書籍デビューです。


自分は結構本を読む方で、本棚は既にキャパオーバーを迎えています。
ボロいワンルームアパートに住む身として、これ以上本が増えると生活スペースの圧迫につながるので、何か良い解決策はないかなと模索していた時に出会ったのが、今回購入するに至ったKindleです。
今までずっと紙の本を読んできたので、それを電子に変えるのはかなりの抵抗がありました。が、実際に使ってみると読書家人生が変わるぐらいの素晴らしい体験をしています。
Kindleマジいい!

 


この良さをみんなにわかってもらいたくて、バイト先のキャピついてるJKにKindleの素晴らしさを5分にわたって演説しましたが、「ふ〜ん」と一笑され、大した興味を持たれずあえなく撃沈しました。
だったらこのブログでKindleの素晴らしさを紹介したる!そんな思いから筆を執っている次第です。前置き長くてさーせん。

 

Kindle Paperwhiteを購入

  

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 

 

僕が購入したKindleの端末が「Kindle Paperwhite」です。
Wi-Fi + 3Gモデルにしたので21,480円。
一番安い端末が8000円ちょいで買えるものでしたが、どうせ長く使うことになるだろうと思い奮発。それで「Kindle Paperwhite」を選択しました。
8000円のやつよりは解像度が上がってる上に、Wi-Fi+無料3Gが使えるので、スペックはそこそこいいかと思います。詳しいスペックはAmazonで確認してください。

 

メリット1 目の負担がほとんどない

 

読書を電子にするに際して一番懸念していたことが、活字を液晶で見ることになるため目が疲れるという不安でした。

本を読むときは4時間ぶっ通しで読むので、目が疲れるというデメリットは僕にとって軽視できない問題です。

例えば、スマートフォンなどの液晶に使われているのが、目を直接照らすライトのため、長時間使用していると目が疲れます。対して「Kindle Paperwhite」の液晶はフロントライトです。フロントライトはディスプレイの表面のみを照らす特殊なライトなので、目の負担がほとんどありません。

何時間読んでも液晶疲れが起こりませんでした。

更に、300ppiの高解像度で前世代機の2倍のピクセル数を誇るため、文字がくっきりと映ります。そのため見やすい。

 

メリット2 読みたい本をすぐ読むことができる


これが最大のメリットじゃないでしょうか?

なんせAmazonでポチって、Kindleに入れればもうその場ですぐに読めるんですから。

手軽さが半端じゃ無いです。元来引きこもり体質の自分は、これにドハマリ。現在凄まじい勢いで本を買いまくっています。
そんな有様なので、1月は本購入代が常軌を逸したレベルになりそう。
とりあえずKindleには本が1000冊入るそうなので、バカみたいに買いまくっても、容量オーバーということにはならないでしょう。読書ライフたのちい。

 

メリット3 本が安い

 

電子書籍は紙の本と比較すると10%程度安いです。それもそのはずで、紙よりコストがかかっていないんですからね。
Amazonは頻繁に電子書籍セールを開催しており、半額セールや70%オフセールをよく目にします。
それだけではなく、無料の書籍も充実していたりします。
有名どころでいえば、「ブラックジャックによろしく」は全巻無料。

 

ブラックジャックによろしく 1

ブラックジャックによろしく 1

 

 


映画化もされた、「監獄学園」一部無料。(僕は早速ダウンロードしました)

 

監獄学園(1) (ヤングマガジンコミックス)

監獄学園(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

「名探偵コナン」の原作者、青山剛昌先生が書かれた「YAIBA」も期間限定ではあるものの無料。これ昔読んでましたよ。懐かしい。

 

YAIBA(1)【期間限定 無料お試し版】 (少年サンデーコミックス)

YAIBA(1)【期間限定 無料お試し版】 (少年サンデーコミックス)

 

 

 

とにかく、電子書籍は価格面で非常にコスパがいいんですよね。イケハヤさんが貧乏人は電子書籍を買えとか煽ってたけど、あながち間違いではないかも。

 

メリット4 かさばらない

 

 電子書籍といえばこれでしょ。全ての書籍をデータ化して端末に落とし込めるので、物理的に部屋が本で溢れるということはありません。全てKindleの端末で管理できます。なんせ1000冊まで入るんですから。

 

ぺーぱーれすしゅごい。

まとめ

 

 Kindleを買って自分が感じたメリットはこんなもの。別に大げさに言っているわけではなく、Kindleを買ってから本当に読書人生が激変しました。寝るちょっと前に布団で寝そべりながら見れるし、持ち運びも容易のため、状況や場所を選ばず素敵な読書体験が可能です。読書がサクサク捗ります。

 

Kindleを買ったことによりめちゃくちゃ読書効率化できましたね。紙の本が良いという方の気持ちも痛いほどわかるけど、一度Kindleの良さを体験してみては如何でしょうか?読書が信じられないくらい捗りますから。

 

ちなみにKindleを買って、僕が一番最初に購入した本は「ブログ、アフィリエイトで月50万円を最短で稼ぐための詳細な記録。ブロガー、アフィリエイターでセミリタイア」です。

(本タイトルながいな・・・)

 

 

実は、この本は僕が大尊敬する、 付利意雷布亜(id:asiaasia )さんという方が書いたものです。元々著者のブログのファンでしたが、この本は電子のみの販売だったので、Kindleを持っていなかった僕は買うことができませんでした。なので、Kindleを買ったら真っ先に購入しようと思っていた本でしたので、今回購入に至りました。

 

ちなみに著者のブログはこちらです。

 

www.bloglifer.net

 

最近書評記事を全く書いてなかったけど、久しぶりにこの本でレビューを書いてみようかな。

 

ともあれ、電子書籍はコスパもいいし、読書効率も格段と上がるのでおすすめです。

ではではこのへんで筆を置きます。

 

おわり