要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

「Twitterジャパンは電通が運営している」というツイートってやっぱりデマだよね?

スポンサーリンク

2ちゃんねる創設者の西村ひろゆき氏は「うそをうそと見抜ける人でないと使うのは難しい(インターネットを)」というインターネット史に残る名言を残しました。

インターネットの世界はデマや嘘が飛び交うのが日常茶飯事。よって、その情報が正しいかどうかを判断するリテラシーが必要ということです。


さて、先日以下のツイートが話題となりました。

 

あまり知られていないことだけれど、2019年に日本版のtwitterは電通の傘下に加わっています。平たくいえば、twitterの運営は電通が行ってる。新規の垢登録をするときに、おすすめユーザーとして表示される垢が偏ってるのもそのせいです。


最初このツイートを見た時にわかに信じられませんでした。そんな出来事があったら過去大きなニュースになってるはずだと。
なので、電通がTwitterジャパンを運営しているというソースはどこにあるかを探しました。

Twitterジャパン、Twitterジャパンの運営元とされているデジタルガレージ、電通の関連会社、過去のニュース、全て調べました。
調べた結果、電通がTwitterジャパンを運営しているという確固たる事実は見つけることができませんでした。

電通はデジタルガレージの株式を7.18%保有しており、経営への関与はあるのかもしれませんが、だからといって電通がTwitterジャパンの運営を主導しているという根拠にはなりません。

また、そもそもデジタルガレージがTwitterジャパンの運営を主導しているというのも疑問。

確かにデジタルガレージは2008年に米Twitter社と業務提携をし、Twitterの日本進出をサポートしています。

参考リンク: 日本におけるTwitter事業拡大に向け米Twitter社と業務提携に関する基本合意書を締結

しかし、このプレスリリースを見る限りでは、あくまでデジタルガレージは米Twitter社の日本進出をサポートしているだけであって、運営を主導しているわけではないように読み取れます。

決定的なのが、デジタルガレージが公式HPで「当社は、Twitter運営会社ではありません。Twitterは、米国のTwitter社が運営しておりますので、Twitterのサイトよりお問い合わせください。」とはっきり明言してることです。

参考リンク: Digital Garage(デジタルガレージ) | よくあるご質問


以上の事実を整理していくと、仮に電通がデジタルガレージの経営に関与していたとしても、そもそもデジタルガレージ自体がTwitterジャパンの運営を主導しているわけではないので、電通がTwitterジャパンの運営を主導できるわけがないのです。

となればやはり@M9379197さんが主張している、

・2019年に日本版のtwitterは電通の傘下に加わっている
・twitterの運営は電通が行ってる
・おすすめユーザーとして表示される垢が偏ってるのもそのせいです

この3点は嘘だということになります。

これが僕が調査した限りでの結論でした。

しかし、@M9379197さんがなぜこのようなデマを流したのか。
自分が思うに、@M9379197さんはデマを流すつもりはなく、何らかの根拠があったのではと考えました。

そこで根拠になりそうなソースを探していくと、電通の以下のプレスリリースを発見。

参考リンク: Twitter上の話題の拡散度合いを測る指標を開発

電通はTwitter社の協力を受け、Twitter上での話題の拡散力を測る指標を開発したとあります。
この指標を開発したことによって、企業のキャンペーンや広報活動に活かすことができるという内容。
見て分かる通り、あくまで電通の開発にTwitterが協力をしているだけです。
電通がTwitterジャパンを運営しているという事実ではありません。

しかし、電通とTwitterジャパンを繋ぐピースがこれしか発見できなかったので、おそらく@M9379197さんはこのソースを根拠に電通がTwitterジャパンの運営を行ってると誤認したのではないでしょうか。

いろいろ書きましたが、@M9379197さんが僕が持っていない事実を持っている可能性もあるので、もし本当に電通がTwitterジャパンを運営していたとしたらすいませんでした。


一応本記事の結論としては「Twitterジャパンは電通が運営しているというのは嘘」ということです。

冒頭でリテラシーが必要と書きましたが、ここでいうリテラシーとは「しっかりソースを確認する」ということ。
その情報が正しいかどうかはソースを確認すれば大体判明するので、ソースをしっかり確認するというのは、インターネットを使う上で大事リテラシーなのです。
そして、ソースを確認する限りでは、「Twitterジャパンは電通が運営しているわけではない」という結論に落ち着くわけです。

ではでは。

以上、「Twitterジャパンは電通が運営している」というツイートってやっぱりデマだよね...でした。