要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

在宅中におすすめの起業漫画3選!【暇つぶし】

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

某ウィルスが人類を襲っている関係で政府は7都道府県に対して緊急事態宣言を発令しました。
内容を見るに強制力はないようですが、とにもかくにも不要不急の外出を控えるよう強く訴えていました。

なので我々はディズニーにも行けないしカラオケで馬鹿騒ぎもできなくるわけで、ずっと在宅していなければなりません。

ずっと自宅にいるとなれば暇。兎にも角にも暇。まーじで暇。

てなわけでおすすめの起業漫画を3つ紹介しようと思います。
在宅中に読むべし。
「なんで起業漫画?」て思うかもしれませんが、漫画のまとめ記事で起業を題材にした漫画が紹介されていることが少ないので、この機会に紹介させていただきます。

全部読んだらきっとあなたも会社辞めて起業したくなるかも?時代はプロブロガー。
会社員はクソ、これからは高知の山奥に引きこもってブログで稼ぐ時代なんですようんたらかんたら、みたいな人にならならいようには注意してくださいね。
ではどうぞ!

目次

 

1 マネーの拳【全12巻】

 

マネーの拳(1) (ビッグコミックス)


「ドラゴン桜」や「インベスターZ」で有名な三田紀房先生ですが、起業を題材にした名作「マネーの拳」という漫画も描かれております。
自分はこの漫画が非常に好き。

【マネーの拳あらすじ】
ボクシングで世界チャンピオンになった花岡健が、居酒屋経営を始めるのだが、これが思うようにいかない。
そこでビジネスで大成した塚原からホームレス10人雇うことを条件に1億円の融資を得る。
建は1億円の融資と塚原からの経営指南を受けたことに加え、持ち前の強運と度胸でビジネス界でのし上がっていくのだった。


ストーリーは極めてシンプル。
ボクシングで頂点に立った健がビジネス界でも頂点に立つためにあの手この手でのし上がっていくというもの。
言うまでもなくビジネスで成功するというのは大変なもので、作った商品は思うように売れないし、横からライバルがちょっかいを出してくるし、上場したら上場したでより世間の監視の目が厳しくなるしとにかく大変。

作中では健がアパレルビジネスを始めた際に、大手商社「一ツ橋」の井川に目をつけられ、たびたび邪魔をされ苦難に陥ります。
しかし常に常識外の発想をする健はむしろこの井川を利用し、自分のビジネスを軌道に乗せていきます。

作者である三田先生自身も実家の衣料品店を経営していただけあって、ビジネスの進め方や話の展開は決して荒唐無稽ではなく実にリアルです。
そして本作最大の魅力が名言の多さです。
三田先生はどんな漫画にも読者の目を引くようなキャッチーな言葉あえて使っているそうです。
ドランゴ桜でいえば、「バカとブスこそ東大にいけ!」ですね。
そんな名言はマネーの拳でも健在です。
一部ご紹介。

楽して儲けるのが本当の商売だ。苦労して儲けるなんて誰にでもできる。人の2倍働けばいいだけのこと。
ただ、がむしゃらにやればそこそこ稼げる。

 

商売は自分がいかに楽な競争をするか・・・さらに・・・いかに競争をしないで済むかを考えるゲームだ。

 

儲かるビジネスの三原則は、
「設備投資があまりかからない」
「売り上げが季節に左右されない」
「商品のロスが少ない」

 

金はな・・・欲しいと思う奴のところにしか集まらねえんだ。
最初から普通でいいなんて奴には金は見向きもしねえ。一生貧乏してろ。


下手なビジネス本を読むよりよっぽどためになるんじゃないかとしんまは思います。

 

マネーの拳 コミック 全12巻完結セット (ビッグコミックス)
 

 

2 ハルロック【全4巻】

 

ハルロック(1) (モーニングコミックス)


一部界隈でマニアックな人気を誇る「ハルロック」。
作者は西餅先生。

どういう漫画かというと、電子工作が好きな女子大生のハルがロックでファンキーでモンキーでベイビーな発明をして周りを巻き込んでいく、みたいなお話。
一言でいうと電子工作漫画です。
タイムマシンを作るとか、そういうSFチックな話ではなく、ハルが作中で発明したものはどれも実際に作ることができるものです。

例えば、ハルが作中で開発した「猫Twitter」は実際に電子工作の祭典「Maker Faire Tokyo 2014(MFT2014)」に出展されました。
【参考リンク】

 

すごいですよね。
ちなみに猫Twitterがどういったものかというと、猫が自分の状況をTwitterに報告してくれるというもの。
これは猫の飼い主が自分が家にいない間に猫が何をしているか知りたい、猫の状態をちゃんと把握しておきたい、というニーズから開発された電子工作です。

このようにハルロックは「実際に作ることができる電子工作を作っている」という点に非常に価値があり、それゆえガチの電子工作好きから絶大なる評価を得ているのです。

「何が起業漫画紹介だよ!?ファンキーな女子の電子工作漫画じゃねーかよ!」と思った方もいると思うので、起業について触れていくとしましょう。

ハルロックは起業漫画というよりも電子工作漫画で、実際1~2巻までは電子工作がメインになります。
しかし3巻からハルは「あなたの発明品を元に起業をしない?」と持ちかけられ、ハードウェア・スタートアップ会社を立ち上げます。

事業の立ち上げ、資金集め、ニーズのある商品の開発、リリース、単なる電子工作が好きなだけだった女子大生のハルは、次々と目の前の課題を解決し成長していきます。

最初に紹介したマネーの拳と比較すれば、そこまでビジネスビジネスしているわけではありませんが、ハルロックにはハルロックの魅力があり、気がつけば自分でも電子工作をしてみたくなるような魔力がこの漫画にはあると思います。

最近自分はニンテンドースイッチが壊れてしまい、それを自分で直したことをTwitter上で報告しました。



修理という作業は別に電子工作ではないですが、既製品を自分で分解して修理するという工程はとても楽しかったです。
ハルも子供の頃はなんでも分解する分解魔だったといいます。
分解するのが楽しいというハルの気持ちが少しわかった気がします。
もしかしたらハルロックを読んだ人は僕と同じように何かを自分で分解してみたくなるかもしれませんね。
4巻で完結する漫画なのでとても読みやすいのではないかと思います。

モーニングの公式サイトで1話だけ無料で見れるのでよければぜひ。
参考リンク: ハルロック / 西餅 - モーニング公式サイト - モアイ

 

ハルロック コミック 全4巻完結セット (モーニング KC)

ハルロック コミック 全4巻完結セット (モーニング KC)

  • 作者:西餅
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: コミック
 

 

3 王様達のヴァイキング【全19巻】

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)

エンジェル投資家と凄まじい才能を持つハッカーを描いた漫画。
さだやす先生の作品です。

【王様達のヴァイキングあらすじ】
是枝一希は企業対してサイバー攻撃を仕掛けるほどの天才的なハッカーの腕前を持っているが、対人スキルと生活スキルの低さで生活はボロボロ。
ほとんどホームレスみたいな生活を送っていた。
そんな是枝に惚れたエンジェル投資家の坂井大輔は是枝に投資をすること決定。
こうして2人の冒険は始まる。


起業漫画はそこそこありますが、エンジェル投資家に焦点を当てた漫画は自分が知る限り王様達のヴァイキング以外ないです。
そういう意味ではかなり貴重な作品なのかもしれません。

ストーリー序盤は是枝がプログラミング以外の能力が壊滅的で、バイトをしても続かず、まともに人と目を見て話すこともできず、本当にひどい有様だったのが、坂井と組んで様々な事件や難問を解決していくうちに成長。
ストーリー終盤では、坂井の力を借りずとも自力で目の前の問題を解決できるようになるまでに成長していきます。

ハッカー同士の熱い戦い、警察への捜査強力、国家の陰謀、どのシリーズも面白く、夢中で19巻まで一気読みしました。

ちなみに自分が好きなキャラクターは警察官の神崎 翔太。
神崎は犯人逮捕のためにうまく是枝を活用し、通信の傍受が違法捜査と知りつつもそんなことはおかまいなしで犯人逮捕を優先させたりと、かなりぶっ飛んだキャラクターです。
一見ぶっ飛んでるように見えて、彼は自分の首が飛ぶことなど一切顧みず、目の前の悪を倒すために全力を尽くす正義感の持ち主でもあるのです。
神崎は管理官に違法捜査を問い詰められると、「全責任を僕がかぶります、何とぞ是枝一希の捜査協力を願います」と直談判。
是枝に「あんなこと言ってよかったんですか・・・?」と聞かれると、「言ったろ、この国は古すぎてダメだってさ。君みたいなのを使って一度ぶっ壊さないと。我が身を案じる奴には世界なんて動かせないだろ」と言い切ります。
いや、かっこよすぎでしょ。
僕こういう男らしい男めっちゃ好きなんですよ。

面白い漫画には総じて魅力的なキャラクターがいるものですが、王様達のヴァイキングは神崎を始め、多くの素晴らしいキャラクターがいます。
ぜひ一読あれ!

 

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)
 

 

下手なビジネス本を読むより参考になる

 

自分は一時期いろいろなビジネス本を読んできましたが、その経験から言わせてもらうと下手なビジネス本を読むより起業を題材にした漫画を読んでいる方がためになるんじゃないかと思います。

別にビジネス本が内容的に劣っているとかではなく、漫画の方がストーリー仕立てで頭にスッと入ってくるというのが最大の理由です。
ビジネス本に書いてあった内容ってほとんど覚えてないけど、漫画はよく覚えているもん。

そんなわけで在宅中は本記事で紹介した起業漫画を読んで過ごしてみてはどうでしょうか。

ではでは。

以上、在宅中におすすめの起業漫画3選!【暇つぶし】...でした。