要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

【Kenshiプレイ日記2-11】カニバルが徘徊する地「カニバル平原」と「カニバルの首都」【放浪者】

スポンサーリンク

どうも、KAJI_です。

 

放浪者スタートで世界の都市を巡って行きたいと思います。

そのプレイ日記第11回です。

 

前回、浮浪人の村を仮拠点としてフラッドランドを探索。

「ピア」「ディグナ」「レヴァ」「ナイフ」「バーン」と5人のユニークNPCを新たに仲間に加えました。

 

次はフラッドランドの北、「カニバル平原」を探索して「カニバルの首都」を見つけようと思ってます。

詳しい場所は調べていませんが、近付けば発見できるのでまずは適当に散策してみることにしました。

 

仲間全員で探索するのは管理が大変なので、前回と同じメンバーにバーンが加わった10人で探索に向かいます。

f:id:youkenwoiouka:20200225004713j:plain

カニバル平原探索組

探索していると叫び声を上げながら近づいてくる半裸の集団に遭遇しました。

f:id:youkenwoiouka:20200225005052j:plain

走る慟哭野盗

どうやら奴らは慟哭野盗という野盗の一種のようです。

カニバル平原版の飢えた野盗のような存在でしょうか。

ステータスを確認すると大した脅威ではないので蹴散らしながら探索を進めます。

 

慟哭野盗やカニバルと戦いながら探索をしていると、フラッドランドとカニバル平原の境界付近にあからさまに怪しい建物を発見しました。

明らかになにかいそうな雰囲気だったので、待機組を合流させて全員で侵入。

1階にはなにもありませんでしたが、小学生が考えたような分かりやすい罠が・・・。

アイテムが2階へと続くように落ちています。

f:id:youkenwoiouka:20200225005830j:plain

小学生が考えた罠

確認するまでもなさそうでしたが、念のため2階を確認すると大量のカニバルが住んでいました。

マップで数を確認すると敵の数は31人。

f:id:youkenwoiouka:20200225010249j:plain

怪しげな研究所

こちらは20人ですがステータスでは勝っているので1階におびき寄せて正面から戦うことに。

何人か気絶者は出ましたが欠損や死亡者はなく、問題なく勝利。

建物の3階には装備や 義足、古代の研究書なども見つかりました。

ついでに倒したカニバルの中に混ざっていた賞金首の「カニバルの酋長」も、治療して連れて帰ります。

賞金は10,000キャットなのでそこそこの収入になりますね。

 

一旦浮浪人の村に帰り、体力を回復している間にダメージの少なかったキャラで賞金首を届けにブリスターヒルまで行きました。

届けて檻に入れられたカニバルの酋長を面白がって眺めていると、すぐにパラディン達がやってきて奴隷にされて檻から出されました。

どうやらリバース鉱山に送られるようです。

ちょうど帰り道も同じだったので彼らに追従してリバースまで戻りました。

しばらく様子を見ていたんですが、他の奴隷と同じように働かされてましたね。

人を喰うなんて三大禁忌犯したわけですし、死ぬまで働いててもらいましょう。

殺人も三大禁忌ですけど、こっちは基本的に正当防衛なんでセーフ…と思っておきましょう。

f:id:youkenwoiouka:20200225011256j:plain

奴隷となった酋長

f:id:youkenwoiouka:20200225011850j:plain

奴隷となった酋長2

飽きるまで酋長が奴隷をやっているのを眺めたあと、再びカニバル平原の探索に向かいます。

しばらくカニバル平原を探索すると「デッドキャット」という都市を発見しました。

が、「デッドキャット」という都市は一覧に書いてなかったので、ここが「カニバルの首都」かな?と思い近づいてみました。

f:id:youkenwoiouka:20200225012239j:plain

デッドキャット

近付いて様子を確認すると、大量のカニバルが住んでいました。

檻や張り付け用の杭も大量に設置してあり、改めてマップを確認すると表記が「カニバルの首都」となっていました。

他の都市と違って遺跡などと同様、近付くことで詳細が更新されるみたいですね。

f:id:youkenwoiouka:20200225013102j:plain

カニバルの首都

f:id:youkenwoiouka:20200225013111j:plain

カニバルの首都の情報

100人を超えるカニバルが住んでいるようですね。

遠目から様子を伺ってみると、唯一存在する建物があり、中にカニバルのボスと思われる個体と宝が入っていると思われるチェストが見えました。

中身がかなり気にますが流石にこの数は・・・

待機組を呼んだとしても無理でしょうね。

しばらく様子を伺っていると、2つの慟哭野盗の集団がカニバルの首都の2つの入り口から同時に突撃を仕掛けました。

え?なんか分からんけどラッキー!このどさくさに紛れていけるか?

と思ったんですが、負けたら死ぬのでここは慎重に。

5分ほど戦闘は続いて慟哭野盗は全滅させられました。

カニバル側にダメージを与えたのは確かでしたが、まだまだ戦えるような状態ではないですね。

 

カニバルの戦力を遠目に確認していると今度は流浪のテックハンターがやってきてカニバル達と戦い始めます。

その後もポツポツとテックハンターがやってきてはカニバル達と戦い、何人ものカニバルを倒した末に、物量に負けて捕縛されるという流れがありました。

慟哭野盗はどうでもいいんですが、テックハンターは助けたいな・・・。

と思っていると近くでカニバルハンターの一団を発見!

これはやるしかない!と決意し、彼らを3,000キャットで1日雇い、カニバルの首都に突撃!

慟哭野盗とテックハンターがカニバルの戦力を削ってくれたうえ、カニバルハンターの助力もあり、カニバルの首都を制圧できました!

 

カニバルの首都のチェストにはかなり良い装備と、捕虜の備忘録というものが入っていました。

f:id:youkenwoiouka:20200225014621j:plain

チェストの中身

【捕虜の備忘録Ⅰ】

誰かに見られているような嫌な感じがした。実際見られていたわけだ。奴らは夜の間に野営地に来て、ガーを殺して私たちを自分達の村に連れて行った。酸っぱい腐敗臭が漂い、あの忌まわしい像を見たことよりもこたえた。

今となっては麻痺してしまったが。

血で汚れた檻に分けて入れられ、特に重傷を負ったものは治療された。まず殴り、次に世話をするというところか・・・光明よ、奴らは私たちに何をする気なのだろう?

 

【捕虜の備忘録Ⅱ】

4日目
奴らは昨日の朝、センおじさんを連れて行った。おじさんの体を・・・物みたいに切り取った。作物を収穫するみたいに。出血のひどいところは止血していたみたいだけど、あれだけの傷でおじさんがどれだけ持ち応えるのか・・・やばい。早くここから逃げないと。
 
8日目
おじさんは昨日の夜亡くなった。どんな人であってもあんな死に方をするいわれはない。少しずつ、身をよじる肉の切り株になるまで切り刻まれるなんて。おじさんの残骸は奴らの朝飯になった。私たちはどうしたかって?奴らの食べ残しをえずいているよ・・・そうやって食料を太らせているんだ・・・恐ろしいほどの合理性だな。
残り四人。
 
【捕虜の備忘録Ⅲ】
13日目
奴らの目。人間の目には見えない。
断じて見えない。渦巻。死のような。黒。
 
17日目
母さんが昨夜亡くなった。他の2人ほどは持たなかった。
 
20日目
死は夜来る。ゴキブり。パールパール。この言葉を覚えておいてと彼女は言って、また消えた。パール。
 
21日目
肉を柔らかくするには叩く。肉。ミート。ミート。アット。
ハハハ
 
【捕虜の備忘録Ⅳ】
26日目
弟。遠くて届かない。声も聞こえない。独り言を時々いう。「死」に話しかけることも。ヒトの声が聞きたい。
 
27日目
まな板の所へ連れていかれた時に針金を懐に忍ばせた。他のみんなは死んじゃったけど、奴らには弟の髪にも触れされるものか。
ロブン、ここから出してやるからな。
 

私はカニバルに捕まったことがないんですが、この備忘録と捕まった慟哭野盗を見ると、捕まってすぐ食い殺されるわけでなく、檻に入れられて順番に食われるみたいですね。
フォグマンは捕まったらすぐ食われましたが。
 
倒したカニバルの中に賞金のかかった奴らがいました。
カニバルの酋長(10,000)が2人。
カニバルの大呪術師(40,000)が1人。
合わせて60,000キャットになりました。
そこそこの装備も手に入りましたし、被害もほとんどなかったのでかなり良い結果となりました。
 
カニバル平原の探索はこれくらいにして、次は新しい土地に向かおうか・・・。
行先にちょっと悩んでいますが、そのうちどっか向かいます。 

 

続く

 
次:まだ