要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

Amazonのfireタブレットを半年間使ってみた感想

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。
Amazonのfireタブレット使い始めてちょうど半年が経ったので使ってみた感想を記録しておこうかと思います。

いや〜、fireタブレットマジで最高ですよ!

 

目次

 

 

プライム会員だと4980円で買える

 

僕はタブレット童貞でして、これまでタブレットなるものを使ったことがありませんでした。
スマホとパソコンがあるし別にわざわざタブレットなんて必要ないかな、と思っていたのです。

ところがAmazonのfireタブレットは、8GBのやつなら8980円。しかもプライム会員なら4000円引きで買えるため、実質4980円で手に入るのです。

タブレットといえば自分の中で数万円するというイメージがあったのですが、これは安い、安すぎる。

このブログで発生したAmazonアソシエイトの収益もそこそこありましたし、僕はプライム会員ですから、特に機能や性能とかを見たりもせずfireタブレットの購入を決断しました。

 

安いけど普通のタブレット

 

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

 

【性能】

ディスプレイ: 7インチ、タッチスクリーン、

解像度:1024x600、171ppi

サイズ :191mm x 115mm x 10.6mm

重量 :313g 

バッテリー:7時間

 

定価8980円、プライム会員なら4980円という破格の安さ。
あまりにも安いので、その性能にやや疑問を持っていましたが、問題なく普通に使えます。
バッテリーは7時間持つし、解像度はやや低く感じたものの、そこまで気になるレベルではありません。
しかもWi-Fi機能が標準搭載されているので、Wi-Fiが飛んでるとこであればネットが無料で使えます。当然月々の料金は発生しません。

あまりに便利なのでスマホがぶっ壊れたときは、fireタブレットでメールのやり取りや仕事の連絡をしていたこともあります。

 

 fireタブレットでの読書は快適

 

f:id:youkenwoiouka:20161216152725j:plain

(写真は、からかい上手の高木さん(4)  )  

僕はkindleで本を読みますが、fireタブレットにもkindle機能が搭載されているので、fireタブレットの方にも本を入れてみました。

やっぱり本家のkindleに読みやすさでは勝てませんが、とはいえ普通に気持ちよく読めるレベル。
それに、kindleだとモノクロ表示なのですが、fireタブレットはカラー表示が可能なので、カラーイラストの漫画を読む際にはfireタブレットのほうに優位性があります。

読書に関しての性能はkindleに劣るものの、それはkindleと比べたらの話で、別にfireタブレットで読書をしてもなんのストレスもなく楽しめます。

個人的にありがたかったのが、BlueShade機能。

夜間にタブレットの液晶を見続けると、ブルーライトの光で目が疲れますが、このBlueShade機能を使うと、画面から照射されるブルーライトの量を少なくすることができ、眼球への負担を減らすことができます。

寝る前読書を楽しむことが多いものですからこの機能は助かりました。

 

プライムビデオが熱い!

 

fireタブレットを買って僕が一番利用しているサービスが、プライム会員のみが利用できるプライムビデオです。

映画、ドラマ、アニメ、お笑い、数ある作品が見放題。

 
最近だと「甲鉄城のカバネリ」と「だがしかし」、をfireタブレットで視聴しましたね。

 

甲鉄城のカバネリ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

甲鉄城のカバネリ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

だがしかし 1 (BD初回限定版) [Blu-ray]

だがしかし 1 (BD初回限定版) [Blu-ray]

 

 

解像度がそこまで高くないfireタブレットですが、ビデオを視聴する限り、特に画質に不満もなく普通に楽しめますし、ラグもなくサクサク視聴できます。

驚いたのがfireは最小限のバッファリングで即座に動画を再生することができるため、プライムビデオがスムーズに視聴できることです。

ちなみにプライムビデオをダウンロードして端末に保存することもできるので、もし外出先などでネット環境がなかったとしても、あらかじめ見たいビデオを端末に入れておけば、ネット環境なしでもビデオ視聴が楽しめます。

 

fireタブレットのデメリット

 

破格の安さにも関わらず、全くストレスなく普通のタブレットとして楽しめるfireタブレット。
しかしまあ不満が何一つないわけでもありません。
小さなことですが不満に感じた点もあります。これからfireタブレットを購入しようとしてる人のためにも書いておきましょう。

 

1. アプリが少ない

 

Amazonは独自のOSを使ってるためダウンロードできるアプリが非常に少ないです。
一応アンドロイドベースではあるのですが、GooglePlayがインストールされていないので、Amazonが選んだアプリしか利用することができません。
割とショックだったのが「LINE」がなかったこと。これには泣けました・・・。

非公式なやり方ですが、GooglePlay自体をインストールする方法が存在します。アプリの少なさに不満を感じる方は、下記の記事にある手順に従ってやってみてください。


文章ではイメージがつかめないという方は次の動画をご覧いただければわかりやすいかもしれません。


なんにしてもこの方法はあくまで非公式なやり方なので、個人的にはあまりおすすめできません。
やる場合はあくまで自己責任でお願いします。


2. 動作がカクカクする

 

これはもしかしたら僕のタブレットだけかもしれないのですが、ウェブ閲覧だったり、Youtube動画を見たりするなど、処理が重そうな操作をすると動作がカクカクになります。
右にスクロールしたのに反応せず、数秒後になってようやく右に画面が動いたり、漫画のページを連続でめくっていたら画面が止まったこともあります。
これはちょっと気になりますかね。

 

3. 容量が少ない

 

僕が購入したのは8GBのfireタブレットですが、8GBだと漫画がそこまで入りません。30冊ほど入れたら容量がパンパンになってしまい、仕方なしに現在はAmazonのクラウドに漫画を保管してあります。

もっといっぱい入るのかなと思ったら8GB程度だと数十冊で容量がパンクしてしまうようですね。
こればっかりはもうしょうがないですから、たくさん漫画を読む方はSDカードも買っておいた方がいいかもしれません。

 

 

fireタブレットを半年間使ってみた感想

 

メリットとデメリット両方を上げてみましたが、結論から言うと僕はAmazonのfireタブレットは買ってよかったなと思います。

漫画、小説、映画、アニメ、ミュージック、これらの娯楽がすべてそろって8980円、プライム会員なら4980円。
やはりこの安さが最大のメリットです。

普通にタブレットを買おうと思えば安くても1万以上するし、手を出すには中々ハードルが高いところですが、fireであれば数千円で購入可能。
初めてタブレットデビューをする方にはfireタブレットは最適です。

安い割にできることが多いしAmazonコンテンツを遊び倒せるし、とにかく機能が充実してるのでマルチな使い方が楽しめると思います。

ただ、メインコンテンツがAmazonですから、プライムビデオにしろ、プライムミュージックにしろ、プライム会員でなければ十分にfireを楽しめないので、会員じゃない方はやや不満に感じるかもしれません。
プライム会員は年会費が3900円。気になる方はこの機会にプライム会員デビューしてみてください。マジで最高のサービスですから。

 

具体的なサービスの内容はこちらからどうぞ→Amazonプライム

 

まとめると、fireタブレットはこんな方におすすめです。

 

● とにかく安いタブレットが欲しい

● 本、動画を楽しみたい

● プライム会員

● タブレットを使ったことがない人

 

値段以上の価値はあるので気になる方はぜひ試してみてください。
また、現在はNewモデルが出ていますので、購入する場合は旧モデルではなくNewモデルを購入しましょう。
購入は以下のリンクからどうぞ。

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 




Fireのカバーもちゃんと買っておこう


最後にこれだけ書いておしまいにしておきます。


Fireタブレットを使うのであれば、ぜひとも一緒に買っておきたいのがFireの「カバー」

カバーがないとFire自体に傷が付きやすくなってしまうので、やっぱり買っておきたい。

カバーの種類はとても多いので何を選んでいいか迷うかもしれませんが、個人的にはAmazon純正のカバーがおすすめです。

 

Amazon Fire 7(Newモデル)用カバー ブラック

Amazon Fire 7(Newモデル)用カバー ブラック

 

 

カラーバリエーションも豊富だし、スタンド機能があるので横にも縦にも立てることができるので、ハンズフリーでFireが楽しめます。

また、カバーを閉じると自動でスリープになり、カバーを開くとスリープモードが解除されるという、オートスリープ機能も兼ね備えています。

値段は他のメーカーのカバーより少々高めですが、その分機能性とデザイン性に優れたカバーと言えますね。


以上、Amazonのfireタブレットを半年間使ってみた感想...でした。

 

【関連記事】

● AmazonのFire HD8 タブレットを1カ月間使ってみた感想 

● 読書家がKindle Paperwhiteを買って感じた4つのメリット