読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要件を言おうか

マックで働くフリーターの備忘録

細木数子の巨額の年収を調べてみた

お金の話
スポンサーリンク

細木数子をテレビで見ていてずっと疑問だったことがあります。
それは、占い師というあまり一般的ではない職業の人間が、次々と芸能人たちに「地獄に落ちるわよ!」、と恐怖をあおる鑑定をしておきながら、芸能人が誰一人として彼女にツッコミを入れたり文句を言わなかったことです。

どちらかというと占い師って、どこか胡散臭かったり、怪しいみたいなイメージがあると思うんですけど、細木数子の場合に限っては、鑑定された芸能人たちはそろいもそろって細木氏の言うことに納得するのみ。その光景は自分の目には異様に映りました。
誰か一人くらい、「ぬわーにが大殺界だよデタラメ言いやがってこの顔面岩石お化け!根拠示してみろよ、こ・ん・き・ょ!」くらいの反論を細木氏にぶつけても不思議じゃないと思うんですけどね。

そこから細木氏のことを気になって、ネットで情報を探してみたり、細木数子の実態に迫った書籍を購入してみたりして、いろいろと細木氏の情報を集めていました。

そしたらでるわでるわ、細木数子のやば~い話。
細木数子はヤクザとつながっていたり、援助交際の斡旋をしていたり、悪徳商法で巨額の利益を上げていたり、もう完全にアウトな人です。

話題豊富だから色々書けそうですが、今回は、細木数子が、悪徳商法で年間どれだけの利益を上げているのかに焦点を当てて、記事を書いていきたいと思います。

本記事は、溝口敦氏の著書「細木数子 魔女の履歴書 」、と細木数子被害者の会により出版された、「細木数子 地獄への道」、をベースとして執筆しています。

だからデータはちょっと古いかも。
前置き長くてすいません。ではどうぞ!

目次

1. テレビ出演で4億円


現在は全くテレビ出演していない細木氏ですが、以前は「視聴率女王」などと持てはやされており、テレビを舞台として大活躍していました。

さて気になるお金の話。
細木氏はテレビ出演で高額なギャラを得ており、本人の談によれば、1本で400万のギャラだったそうです。

「私は東京で1時間400万円のギャラなんです」
週間文春 2004年10月7日号での発言。

レギュラー番組もいくつも抱えており、特番ともなればさらにギャラは跳ね上がるそうで、レギュラーの数や出演本数を単純計算すると、テレビ出演だけで年間4億円の収入を得ていたと推測されています。

凄まじい金額ですが、細木氏にとってテレビ出演はあくまで副業です。

2. 書籍の印税で4億円


この記事を書くきっかけにもなった出来事なのですが、コンビニに立ち寄ると高確率で細木氏の占い本が陳列されています。
正直占いに対してあんまりいい印象を持っていないものですから、何故いまだに細木氏の占い本がコンビニチェーンに置いてあるのかな~、と純粋に疑問に思っていました。

それで色々調べてみた結果、単純に細木数子の占い本は売れるから、コンビニに置いてあるんだということが判明しました。
なんでも細木氏の占い本は、「占い本発行部数世界一」のギネス記録に認定されたそうで、累計9000万部以上も販売されています。
●参考記事 占い本発行部数世界一として、ギネスブック認定 9000万部以上を売った細木数子“六星占術”を電子書籍化!~本日2/13(月)より、大ヒット4作品を販売開始~ - エキサイトニュース(1/3)


すごすぎでしょ・・・。なんでこの人の本がこんなに売れるのか謎ですが、とにかく細木氏の占い本は大人気なのです。

平成18年のデータですが、この書籍の印税だけで年間4億円ほどの収入があるそうです。

3. 携帯サイトの運営で12億円

 

www.6sei.net

細木氏は、占いの携帯サイトを運営しています。
この携帯サイトは有料会員を月額300円で募っていて、会員数は無料会員有料会員含め、100万以上存在すると言われており、これだけで年間12億円の収入が細木氏の元に転がり込んできます。

有料会員になると、細木氏の無料鑑定が受けられたり(ネット上で)、様々な特典が得られるようですが、細木数子も占いも信じていない僕にとってはあまり魅力的なコンテンツには映りませんね。

余談ですが、この細木氏の携帯サイトのことで話題になったツイートがあります。
それがこちら。

絶対退会できないという迷惑すぎる仕様。
いや~、こんな形で細木数子の話題がTwitter上に上がってくるとは思いませんでした。

4. 占い、鑑定、墓石販売、その他いろいろで4億円


細木氏の収入源は多岐にわたります。こまごましたものをまとめてみました。

  • 1. 占い・個人鑑定 1回10万
  • 2. 講演会 参加費4000円
  • 3. 家の方位占い・会社の命名 1回100万円
  • 4. 勉強会 1回1万
  • 5. 墓石や仏壇の販売 (売る相手によって値段を変える)

これらを全て合わせると、年間4億円の収入になると推測されています。

特に有名なのが墓石販売。
細木数子が墓石販売?、と首をかしげる人も多そうですが、その事業スキームは至ってシンプルなものです。

勉強会を開催(1万円)

個人鑑定(10万円)

信者の不安を煽り墓石を売りつける(100~3000万円)

とまあこんな感じなのですが、やり口は完全に悪徳霊感商法そのものです。
細木氏は、「先祖供養をしなければどんどん不幸になっていき、今すぐ墓を建てなければ危険だ!」、などと根拠のない論理を展開し、信者を不安に陥れ高額な墓を売りつけるのです。
中には、3000万円の超高額な墓を売りつけられた被害者も存在するというのだから恐ろしい話です。

ちなみに細木氏と事業提携している墓石販売業者が、株式会社亘徳です。
●参考リンク 亘徳(こうとく)グループ

亘徳の社長である久保田氏によれば、細木氏を通じて墓石を買うお客さんだけで、年間10億の売り上げがあると語っています。
どんだけ信者に墓売りつけてんだよって話です。
というか、まず勉強会で1万徴収され、個人鑑定では10万もの大金をふんだくられ、最終的には、大して価値がない墓石を家が一軒建つレベルの値段で売りつけられるって、細木数子の信者悲惨すぎるでしょ!!

細木数子全盛期の年収は24億円


細木数子の年収は全て合計するとなんと24億円にもなります。
サラリーマンの生涯賃金8人分を細木氏一人で、しかもわずか1年で稼ぎだしているのです。
ただ、これらはまだ細木氏がテレビで活躍していた時の話。
現在細木氏は、テレビ出演が完全になくなったので、出演料4億円の収入は得ていません。

この婆さん今はどんくらい儲かってるんだろう


上記で上げた細木氏の年収24億円というのはあくまで、細木数子全盛期時代のデータですので、現在の収入は不明です。
ただ、細木氏の公式サイトを見てる感じだと、現在もバリバリ活動をしているようです。
勉強会も律儀に毎月2回開催しています。
潜入取材として、1度は勉強会に参加してみるのも悪くはないですが、1回1万という法外な価格設定がネックとなって、潜入取材実現には至っておりません。


ちなみに実際の勉強会の様子を収めたPVがこちら。



主に、 ホテル京阪 京都 グランデか、日本出版クラブ会館で勉強会は行われるようです。
調べたところ、どちらも会場は最大100人くらい収容できるらしく、細木氏の勉強会が毎回満員なら、100人が参加することになり、1回の勉強会で100万の売り上げが立つことになりますね。
信者ビジネスしゅごい・・・。

この勉強会から墓石販売までつなげるのが細木ビジネスの流れですが、果たして現在も墓石販売やってるんでしょうかね?
というのも、墓石販売の手口があまりにもひどすぎたので、過去、被害者による控訴が頻発したものですから、そんな法的リスクが重くのしかかる商売を現在も続けているとは思えないんですよね。
とか思ってたら去年の冬に投稿されたこんな動画を発見。



おいおい正しい先祖供養の方法って、これ完璧に墓石販売に誘導するやつじゃねーかよ!
こんな宣伝動画が去年に投稿されたってことは、今もバリバリ墓を売りまくってるってことですね。
このばばあ・・・

1時間400万の高額ギャラを得られるテレビの仕事がなくなったとはいえ、他のビジネスは現在も順調に営業中なので、今も20億円くらいの年収は維持しているんじゃないでしょうかね。

「信者と書いて儲かると書く」、と誰かが言いましたが、それが正しいということは細木氏を見ればよくわかりますよ。こんな胡散臭い、というか完全にアウトな人がクソほど儲かってるんですから!
年収200万円で毎日ヒイヒイ言ってる身としては、どうにかしてこの婆さんにあやかりたいものですね。
以上、細木数子の巨額の年収を調べてみた...でした。

細木数子 魔女の履歴書 (講談社+α文庫)

細木数子 魔女の履歴書 (講談社+α文庫)

 

 

スポンサーリンク