要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

立候補という最強の売名戦略。これからはユーチューバーが大量に立候補するんじゃね説

スポンサーリンク

ブログのドメインはtokyoなのに東京ではなく神奈川に住んでるしんま13です。
いやさ、tokyoドメイン安かったから。

さてさて、東京都知事選が異様な盛り上がりを見せている今日この頃です。
というのも、今回の東京都知事選の立候補者はとにかくキャラが濃い。

政見放送芸人でおなじみ後藤輝樹、朝鮮人大嫌い野郎桜井誠、「百合子か俺か」というキャッチフレーズで話題を集めたスーパークレイジー君、「コロナは風邪」と明言した平塚正幸、ホリエモンからの刺客斉藤健一郎、NHKに親を殺された立花考志。

もうねお腹いっぱい。
なんでこんなことになってんの?w

桜井氏や立花氏などはまだしも、スーパークレイジー君や後藤氏に関してはおふざけ全開で、全力で票を取りに行くという姿勢が感じられません。
まず当選することはないでしょう。

ご存知、立候補するには供託金300万円を払わなければいけないわけで、スーパークレイジー君と後藤氏もこの供託金を払っています。
なぜ当選しないとわかってるのに、300万円もの私財を投げ打ってまで立候補するのか?

今回はそんな疑問を記事にしていこうと思います。

目次

 

やっぱりさ売名だよね?

 

いきなり本記事の結論を言ってしまうと、当選の見込みが極めて薄いのに300万円もの供託金を払って立候補し、過激なパフォーマンスをする理由は「やっぱ売名だよね?」ということになります。

通常テレビCMを打つ場合、局や時間帯にもよりますが、数千万円、数億円というお金がかかります。しかもCMの時間は一回あたり15〜30秒程度。
それだけで莫大な費用がかかってくるのです。

しかし選挙であれば300万円の費用で、「政見放送」という形で5〜6分間テレビに出ることが可能。
政見放送はあくまで宣伝は禁止されているけど、自分の自己紹介などはしてもOKなので、結果的に自分を通して宣伝をすることはできます。
立候補すれば多くのメディアに報じられるし、それこそ過激なパフォーマンスをすれば、さらなる注目を集めることも可能。
300万という低コストで多くの層にリーチできるので、立候補は売名の手段としては実に優れた戦略なのです。
実際、スーパークレイジー君も売名目的であることを告白してるしね。

 

有名な泡沫候補者「マック赤坂」が立候補し続けた理由

 

有名な泡沫候補者「マック赤坂」。
マック赤坂は毎回立候補しては落選。
政見放送ではスーパーマンやエンジェルの格好をしたり、独自のスマイル理論を語ったりと奇抜なパーフォマンスを繰り返し、14回目の立候補でようやく当選し東京都港区議会議員になりました。

彼は元々実業家で、そもそもなぜ立候補しようと思い至ったのかというと、「宣伝効果を狙ったのが選挙だったんだ」「(供託金)300万円でテレビに出られる」と、最初から宣伝目的であることをはっきり明言しています。
そしたら本当に当選しちゃったというオチ。

実際、マック赤坂は選挙で知名度を上げることで講演活動をしたり、書籍を出版したりしています。
なので、300万円以上のリターンは確実に得ていることでしょう。

「いやいや、講演や書籍出版くらいでそんなに稼げるのかよ!?」と突っ込まれそうですが、書籍はともかく講演は稼げます。

というのも、著名になれば講演料は平気で1本100万円を超えます。

下記の講演派遣を展開する「スピーカーズ」によれば、著名な方の講演料がおおよそわかります。
参考リンク: 【講演料金の目安】あの講師はいくらで呼べる? - Speakers.jp(スピーカーズ)


マネーの虎でおなじみ岩井社長も、マネーの虎に出演したことにより講演の仕事が増え、「講演だけで2億稼いだ」と言っていましたしね。

どんな形であれ知名度を得ることは結果的に金につながるので、供託金の300万円なんて安いものなのです。

 

これからはユーチューバーが大量に立候補すると予想

 

自分は以下のツイートをしました。



立候補が最強の売名戦略になり得ることが証明された以上、この戦略の恩恵を一番受けられるのはユーチューバーではないかと、だから立候補するユーチューバーが続出すると自分は予想します。

政見放送は宣伝は禁止。しかし自分の自己紹介はOK。
ユーチューバーは自分自身が商品みたいなものですから、自分自身を最大限セールスするチャンスを300万で買えると考えると、安いでしょ。

このことに気づいたユーチューバーが大量に立候補してくるんじゃね?というのが今後の自分の予想です。

 

おわりに


実に異様な都知事選になってしまったわけですが、真剣に東京都知事を選ぶという観点で考えた場合、一体みんなは誰に投票するんですかね?
こう言っちゃなんですが、ギャグ枠が多すぎて、選ぶ方は困る。
都民でもなんでもない部外者からすればただただ面白い限りではありますけどね。
一体どういう結末になるんだろ。

ではでは。

以上、立候補という最強の売名戦略。これからはユーチューバーが大量に立候補するんじゃね説...でした。