要件を言おうか

月収10万円フリーター

無駄な手数料は回避!メルカリの3つの手数料を少しでも安くする方法を紹介

スポンサーリンク

メルカリは登録自体は無料ですが、サービスを利用する際にはいろいろな手数料が発生します。

今回はその手数料についての説明と、少しでも手数料を節約する方法について書いていこうと思います。

目次

  

1. 10%の販売手数料

 

メルカリで商品を出品し、その商品が売れた場合出品した金額の10%がメルカリへの手数料として徴収されます。
俗にいう「メルカリ税」というやつです。

もともとメルカリには販売手数料など存在せず、いくら商品が売れても手数料が発生しない仕組みでしたが、ユーザーが増えたタイミングで回収の時期と踏んだのかいきなり販売手数料10%に切り替えたのです。

「改悪だ!」など「10%は高すぎる!」という不満の声が多かったものの、結局今も10%のまま。
この10%の手数料は、他のサービスと比較しても圧倒的に高すぎると言わざるを得ません。

各サービス毎の販売手数料を表にしてみましたのでご覧ください。

f:id:youkenwoiouka:20180406190142j:plain


メルカリはあの天下のヤフオクよりも高い手数料を徴収しているのです。
利用する側としてはもう少し安くしてほしいものです・・・。

 

メルカリの販売手数料を安くする方法

私はこの販売手数料を少しでも安くするために、売れやすい商品はなるべくラクマでさばき、売れにくい商品はメルカリでさばくという使い分けをするようにしています。
なんせ販売手数料10%だと、1万円売り上げたら1000円が手数料で持っていかれてしまうのですからね・・・。

売る商品が多くなってくると販売手数料もバカになりませんから、少々面倒でも必ず販売先の使い分けはしておきましょう。

 

2. 210円の振込手数料

 

メルカリで稼いだお金は売上金としてプールされ、好きな時にその売上金を自分の口座に振り込むことができます。

ここで注意したいのが、売上金が1万円未満の状態で振り込み依頼をすると210円の手数料が発生してしまうということです。

「なんで自分で稼いだお金なのに手数料払わなきゃ振込できねーんだよ!!」という感じですが、小額の売上金でいちいち振り込み依頼をされては、メルカリ側もユーザーの口座にお金を振り込むのに振込手数料を支払っているわけですから、まあ仕方ありません。

 

メルカリの振込手数料を0にする方法

振込手数料を0にする方法は実に簡単で、売上金が1万円を超えてから振り込み依頼をすればいいだけです。

これで210円の振込手数料を0にできます。

とはいえ、もう売るものがなくて売上金が1万円に到達しないこともあるでしょう。
そういう場合は、売上金を振り込み申請するのではなく、売上金を使ってメルカリ内で買い物をするという手もあります。

メルカリの売上金はメルカリで出品されている商品の購入費にすることができますから、売上金が1万円に満たない場合はこういう手を使うのもありでしょう。

 

3. 100円の支払手数料

 

メルカリは多彩な決済手段がそろっていますが、支払い方法で「コンビニ払い」「ATM決済」「キャリア決済」の3つを選ぶと、支払い手数料として100円かかります。

支払いのたびに100円の手数料を支払うのは本当に無駄なことこの上ありません。

コンビニ払いを10回すればそれだけで1000円の手数料ですから、たかが100円といってもバカになりません。

 

メルカリの支払い手数料を0にする方法

この100円の支払い手数料を0にするのは簡単。
支払いをクレジットカード決済に切り替えればいいのです。

支払い方法をクレジットカード決済に切り替えれば、支払い手数料が一切かからない上に、ボタン一つで支払いが完了するのでめちゃくちゃ楽です。

メルカリのクレジット決済には、年会費無料の楽天カードが一番おすすめなので、まだ楽天カードを持っていない方はこの機会に作っておいた方がいいでしょう。

楽天カードの申し込みはこちらから
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

 

無駄な手数料はなるべく回避しよう

 

メルカリは他のサービスと比較するととても手数料が高いです。
販売手数料が10%になった時はスマホをぶんなげたくなるほど怒りがこみあげてきたものです。

なので利用者としてはこの手数料をいかに回避するかがとても大事なのです。

そんなに手数料高いなら他のサービスを使えばいいじゃん!」と思う方がいるかもしれませんが、それでもメルカリを使う理由はやっぱり利用者が多いからです。

利用者が多い分出品したすぐに商品が売れるし、探している商品がすぐに見つかるし、高い手数料を支払ってでもメルカリを使う理由は十分あるのです。
なんせメルカリは、出品した商品の半分以上が24時間以内に売れると言われているくらいですからね。

まあそうはいっても、販売手数料が20%とかになったらさすがに違うサービスに移りますが、当分はメルカリを愛用していきたいと思います。

では今日はここらへんで。

以上、無駄な手数料は回避!メルカリの3つの手数料を少しでも安くする方法を紹介...でした。