要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

【Kenshiプレイ日記1-10】3回目のリーバーと初スケルトン【奴隷】

スポンサーリンク

どうも、KAJI_です。

 

「Kenshi」のプレイ日記です。
今回は第10回です。

 

 

ゲーム開始から386日目。

ガットに着いたのが321日目だったので、あの地獄で65日生き残りました。

そんなある日、久々3回目のリーバー「血の襲撃」が予告されました。

 

初回、迎え撃とうと立ち向かい全滅。奴隷にさせられて逃げ出すのに苦労しました。

2回目、しんまを囮にするがボウガンで撃沈、かじが単独でしんまを救出し事なきを得ました。

 

今度は拠点到達前になんとかしようと最速の隠密武道家・かじが接近中のリーバーの様子を伺いに向かいました。

マップを確認し、リーバーの進行ルートの少し外れたところにビークシングの巣があることを発見。

巣を横断しながらリーバーの集団を掠めるように逃走、ビークシングの群れをリーバーに押し付けることに成功しました。

全てのビークシングがリーバーに襲い掛かっているのを遠方からこっそりと観察。

f:id:youkenwoiouka:20200202232937j:plain

ビークシング VS リーバー

流石のリーバー。

ビークシング相手に善戦しますが、次から次へとおかわりビークシングがやってきます。

 辺りが血の海になり、立っているリーバーの数が数人になったころ・・・

f:id:youkenwoiouka:20200202233246j:plain

リーバー敗走

なんとリーバーが敗走。

数が減ればやり合えるかな、と考えていたので意外な結果となりました。

やはりビークシングの巣は恐ろしい・・・。

リーバーが捕食されているのを横目に、数匹のビークシングに追われながらも拠点へと戻りました。

 

その後、新メンバーのトレーニングを兼ねて、拠点西方に広がるデッドアイランドにある遺跡を探索。

3か所の遺跡を巡り、いくつかの古代の科学書・工学研究書とAIコアを入手しました。

さらにデッドアイランドにあるブラックデザートシティという町の酒場で、スケルトンのサッドニールを仲間にしました。

200時間以上プレイしましたが、スケルトンを仲間にしたのは初めてなので嬉しかったです。

f:id:youkenwoiouka:20200202234225j:plain

サッドニール

サッドニールのステータスはオール1。

重武器に適性があるので、拠点に帰ったらまずは筋力トレーニングをしてもらいましょう。

 

これでメンバーは19人と1匹。

古代の科学書・工学研究書も手に入ったので、拠点の施設をアップグレードし、装備をより強くしたいと思います。

 

続く

 

最初:第1回へ