要件を言おうか

月収10万円フリーター

【働きたくない】100万円貯金が貯まったら1年間ニートができます

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

自分はとにかく働きたくないので、なるべく働かなくてもいい生活を獲得するためにあれこれ頭を使ってきました。

その結果、現在は週2〜3の労働だけで暮らせるようになりました。
控えめに言ってかなり幸せです。

 


今回は、「働きたくない!」と強く思う同志のために、あまり働かなくても生活できる方法を紹介しようかと思います。

目次

 

なぜ働きたくないのか?

 

f:id:youkenwoiouka:20180719174342p:plain


まずなんで自分が働きたくないのか、その理由をお話しておきます。


自分は就職先を一ヶ月半で退職し、以来ずっとフリーターをやっています。
一人暮らしでくっそ貧乏だったので、とにかくたくさん働こうと思い、一時期はバイト5個掛け持ちして月40万くらい稼いでいたこともあります。

しかし、働けど働けど、全くお金が貯まらないし、自分のプライベートな時間がほぼ0だったので、「大してお金も貯まらないしなんか働くのだりーな」と思うようになりました。
そして、たくさん稼ぐという考えから、たくさん稼がなくても行きていける状態を作ろうと発想が変わり、現在のような週2〜3しか働かない生活をしているのです。

なお、「会社を辞めたいけど中々辞めることを切り出せない・・・」という人は退職代行サービスを使うといいでしょう。
このサービスを使えば会社に行くことなくすぐに会社を辞めることができます。
詳しくは下記記事をどうぞ。

 

 

働きたくないなら100万円貯めよう!そうすれば1年間ニートができます

 

手のひらの500円玉


どうすれば働かない生活を実現できるのか。

その答えはめちゃくちゃ平凡ですが貯金を使うということです。

当たり前ですが生きていくにはお金がかかります。

1年間で支出が120万円かかる人は、120万円以上を稼がないと生活苦で死にます。
ということは、1年間で自分が支出する金額の貯金があれば、1年間働かずニートができるということです。

自分は徹底的に生活コストを削ったので、月の支出は8万円。
つまり100万円くらいあれば1年間は働かないでニート生活が送れるわけです。

以上のように、本当に「働きたくない!!」と強く思うのであれば、一ヶ月の支出を計算し、それを×12にして、1年間の総支出をはじき出し、その額を頑張って貯めてください。
そうすれば1年間働かないニート生活を手に入れることができます。

お金を貯める方法については下記記事を参考にしてください。

 

 

働きたくないのであれば徹底的に生活コストを削ろう

 


言うまでもなく、生活コストが高いと貯金するのも大変です。

僕の場合は生活コストを月8万円まで下げることができたので100万円貯金すればいいのですが、これが月20万円支出してるような人だと、240万円貯めないと1年間のニート生活はできません。

なので、働きたくないのであれば生活コストを下げる努力をしてください。

自分の場合はそもそも家賃が安く、光熱費が全て合わせても6000円いかないくらいなので、非常にローコストです。

生活コストを下げるために、スマホをキャリアから格安SIMに変えたり、電力会社を変えてみるなどして生活費を削りましょう。

ただ、食費を削ると身も心も貧乏になるので、なるべく食費は削らないようにしたほうがいいです。(経験則)

 

実家ぐらしは最強。最悪貯金0でも親がセーフティネットになってくれます

 

1年間の生活費を貯金で賄えれば1年間働かないニート生活ができますが、もしこれが実家暮らしなら貯金0でも問題ありません。
実家ならいくらでもタダ飯食えますから。

人生において親は最強のセーフティーネットなのです。

実家暮らしならこのセーフティネットはフル活用しましょう。

さすがに親も子供が1年間働かないのは嫌がるかもしれませんが、「仕事が嫌すぎて死にたい」「会社に行くのが辛い」というようなアピールをすれば納得してくれると思います。

ただ、いつまでも働かずに実家暮らしを送ってるといつかは親にブチ切れられるので、働かない期間はあらかじめ決めておきましょう。

ちなみに僕は18歳で実家から追放された身なので、僕の人生に親に頼るという選択肢は最初からありません。
何があろうと自分でどうにかしなければいけない運命です。

なので、実家暮らしの方たちが羨ましいです・・・。
いずれにせよ、頼れる親がいるなら頼ったほうが得策です。

 

働きたくないなら半年間働いて半年間休むという生き方もあり

 

以前自分は「半年間働いて半年間休む」というライフスタイルをブログで提唱しました。

 

 

半年間フルマックスで働き、半年間休む。そして、休んだらまた半年間働く、 というように半年サイクルで労働と休暇を繰り返すというライフスタイルです。

フリーターでも半年間フルタイムで働けば120〜140万円くらい稼げますし、これなら「働きたくない!」と思ってる人が比較的簡単に働かない生活を実現できます。

1年間はハードルが高くても半年間だったら比較的誰でもできます。


冒頭でも書きましたが、現在の僕は完全に働いていないわけではなく、週2〜3だけバイトしています。
これまでは週6で働いてきましたので、そんな時代を考えるとかなり楽をできています。

「働きたくない!」と言ってもいろいろな働かない方法があり、1年分の生活費を貯めて1年間働かないのか、実家に引きこもるのか、半年間働いて半年間休むのか、もしくは僕のように必要最低限の労働だけして極力働かない生活をするのか、方法はそれぞれです。
自分にとってベストな方法を選んでください。

 

ニート期間中に何をするか問題

 

 

当たり前ですが働かないとくっそ暇です。
会社勤めの場合、通勤時間も含めれば最低1日9時間以上は仕事に費やしています。

ニートになればそれがなくなるわけですから、マジで暇になります。

最初は自堕落に過ごすのも楽しいかもしれませんが、そんな生活は一ヶ月もすれば飽きますし、何より人としてだめになります。

なので、ある程度このニート期間中にやることを決めておいたほうがいいかもしれません。
旅行をするとか、スポーツを始めるとか。

当ブログではニートの暇つぶし方を紹介しているので、よければ参考にしてください。

 


また、ニート期間中に副業でお金を稼ぐのもおすすめ。

結局のところ世の中は金。
お金がないと何もできません。

時間が膨大に有り余ってるニートにおすすめな副業も当ブログでまとめていますので、よければ参考にしてください。

 


副業が軌道に乗ればそれだけで生活できてしまうくらいのお金が手に入るので、ニート期間中に挑戦するのは本当におすすめです。

ちなみに自分は現在のプチニート期間中にやってることは、「映画を観る」「ブログを書く」「本を読む」の3つです。

ブログは暇つぶしにもなる上にお金も稼げるので、ニートには最適の副業なんですよね。

 

そんなに頑張って働かなくても案外どうにかなります

 

自分も最初は週6フルマックスで働く日々から、週2〜3しか働かない生活に切り替えるのは不安がありました。

しかし、週2〜3しか働かないプチニート生活をやってみて思ったのが、「そんなに頑張って働かなくても案外どうにかなるもんだな〜」です。

なんだかんだ日本は社会保証がしっかりしていますし、ホームレスでも餓死しないくらい豊かな国ですからね。
いざとなればバイトすればいいわけですし、そんなに頑張って働かなくても案外どうにかなります。

なので、本当に働くのが辛いのであれば、我慢することなく人生の夏休みを取ってしまいましょう。
案外どうにかなります。
働きすぎて過労死しちゃう人がいるくらい日本の労働環境は悪いので、「働きたくない」という感情を持ったとしても誰もあなたを責めません。
辛いなら休みましょう。

 

まとめ

 

社会に出ると辛いことの連続です。

・職場の人間関係
・クソみたいな上司
・ノルマ
・税金(税金を滞納しすぎて財産差し押さえ通知きたことあります・・・)


辛いと思ったら遠慮せず逃げてください。

僕はもう、そういうことにはほとほと疲れたので、あまり働かない生活をしていますし、案外どうにかなるものです。

ゆるく楽しく生きるとだいぶ人生楽になりますよ。
ではでは。

以上、【働きたくない】100万円貯金が貯まったら1年間ニートができます...でした。