要件を言おうか

世の中サバイブする知恵を伝えるメディア

女性が男性に経済力を求めるのは妊娠するからです

スポンサーリンク

女性に「結婚相手に求める条件は?」というアンケートをしてみれば、大抵「年収」がトップにランクインします。

様々なアンケートを見る限りでは多くの女性が年収500万円以上を希望しており、年収が300万に満たない筆者は、昔はその結果を見て「結局女は金かよ!!資本主義に毒された豚どもが!!!」とくだを巻いていたものです。(昔の自分ひどすぎる)

しかしそもそも、

なぜ女性は男性に経済力を求めるのでしょうか?

男に稼いでもらって自分は楽したいから?
働きたくないから?

いろいろな説が錯綜しますが筆者が考えるに、

女性は妊娠するからじゃない?

という結論に行き着きます。

目次

 

女性は妊娠することによって働けない期間が生じる

silhouette of pregnant woman


生きるためには働かなければならない。

ビルゲイツの家に生まれるような幸運にでも恵まれない限り、基本的に人は働くことでお金を獲得し、そのお金で「衣・食・住」を確保します。

しかし、女性は妊娠することによって「働けない期間」が生じます。

WHOの定義によれば妊娠期間は280日+15日で、約10ヶ月。

妊娠による「働けない期間」は個人差がありますが、マイナビウーマンによる「Q.妊娠してからいつまで働いていましたか?」というアンケートによれば、

・妊娠9カ月……33.15%
・妊娠8カ月……25.35%
・妊娠10カ月……12.4%
・妊娠3カ月未満……8.25%
・妊娠7カ月……5.85%
・妊娠6カ月……5.6%
・妊娠4カ月……3.65%
・妊娠5カ月……2.9%
・妊娠3カ月……2.65%


このような結果になります。

参考リンク: ワーママに聞いた! 妊娠中、いつまで働いた? 2位「8カ月」|「マイナビウーマン」

6割は妊娠8〜9ヶ月まで働いていますが、残りの4割は実にバラバラで、妊娠3ヶ月未満で働けなくなった人が8.25%いる一方で、妊娠10ヶ月まで働いていた猛者も存在し、まさに多種多様。

とどのつまり人によってその期間に個人差はあれど、女性は妊娠をすることによって働けない期間が発生し、その期間は男性に経済的に頼らざるを得ないのが現状です。

したがって、別に女性は自分が楽したいがために男性の収入を頼りにしているわけではなく、極めて生理学的な理由で仕方なしに男性に収入を求めているのです。

 

人間の子供は無力であるという事実

ひよこ


女性が男性に経済力を求めるもう一つの理由が「子育て」。

例えば、馬の赤ちゃんは生まれてから1〜2時間で走れるため、生まれてすぐに敵から逃げて生き延びる能力を持っています。

一方、人間の赤ちゃんは生まれてから歩けるようになるまで個人差はあれど9ヶ月はかかり、食糧を自力で獲得するような知恵も能力も持ち合わせていません。

人間の赤ちゃんは、最低でも10歳くらいまでは親がいないと何もできない無力な生き物。

そのため、人間の赤ちゃんには親の長期間のサポートが必要不可欠であり、だからこそ母となった女性は子育てに専念するために「お金と時間」を必要とし、それらを男性に頼る、という構図が生まれるのです。

 

女性を叩くのはやめよう 

女性が男性に経済力を求めるのは妊娠するという生理学的な理由から。

なので、そんな女性たちを「金金ばっか言いやがって!このマネーモンスターが!!」などと口汚く罵るのはやめましょう。
相手が吉田沙保里だったらノーモーションタックル決められて、即病院送りですよ?
霊長類最強女子の前で石を投げられる人だけ石を投げなさい。

日本レスリング教会から内容証明が送られてきそうな冗談はさておき、ともかく何の意味もない女性叩きはやめましょう。
その行為は決して上品ではないし、誰も得しません。

女性が男性に経済力を求めるのであれば、我々男性は頑張って稼ぎを増やそうではありませんか。

とか思って、筆者はいろいろな商売に手を出し金儲けを画策したのですが、ことごとく失敗し、広大なインターネットの世界にその恥を晒し続け、金にも女にも縁のないしょーもない人生を現在進行形で歩んでいる最中でありますけどね。

ま、がんばりまさあ。
ちなみにマッチングアプリは全滅でした(T.T )( T.T)うるうる

以上、女性が男性に経済力を求めるのは妊娠するからです...でした。