要件を言おうか

月収10万円フリーター

「LINE Payボーナス」と「LINEポイント」の違いとは?LINEの複雑なポイントシステムを徹底解説

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

LINEサービスの利用で貯まるLINEポイント、LINEのバーコード決済で使えるLINEPay残高、そして最近新しくできた「LINE Payボーナス」というものがあります。

このLINE Payボーナスが非常にややこしいので本記事では、

1. LINE Payボーナスとは?
2. LINEポイントとLINE Payボーナスの違い


の2つをメインに書いていきます。

目次

 

LINE Payボーナスとは?

 

LINEは5月20日に「全員にあげちゃう300億円祭」というキャンペーンを開催しました。(現在は終了している)

LINE300億円あげちゃうキャンペーン

出典: 全員にあげちゃう300億円祭


このキャンペーンは友達同士でLINE Payボーナスを送り合うことで、お互い無料で1000円もらえるという内容。

ノーリスクで1000円ゲットできるのでもちろん自分もキャンペーンに参加しました。

ここで初めて登場したのが「LINE Payボーナス」。

LINE Payボーナスとは、通常のLINE Pay残高と同様、LINE Payの加盟店で支払いに使えたり、LINEのサービスの支払いに使うことができるものです。

もらったLINE PayボーナスはLINE Pay残高に反映され、支払いをする時は優先的にLINE Payボーナスが消費されるようになっています。

こう書くとLINE Payボーナスは「LINEポイント」や「LINE Pay残高」と似ていますが、実際は微妙に違います。

 

LINE PayボーナスとLINE Pay残高・LINEポイントとの違い

 

LINE Payボーナスは一見LINE Pay残高やLINEポイントと同じに見えるややこしいものですが、その違いが公式サイトにて表になっていたのでそのまま転載します。

  支払い 送る 出金
LINE Payボーナス
LINE Pay残高
LINEポイント

※◎=可能/優先、○=可能、×=不可

先程も書いたとおり、支払い時はLINE Payボーナスが優先して消費される仕組み。

また、LINE Pay残高は手数料がかかるものの、出金して現金化することが可能ですが、LINE Payボーナスは出金することができないという大きな違いがあります。

以上のように、LINE PayボーナスはLINEポイントやLINE Pay残高と非常に似ているものの、小さなところで仕様に違いがあるのがわかります。

 

LINE PayボーナスはLINE Payカードの支払いに使えない

 

LINEが発行するLINE Payカードというプリペイドカードがあります。
実際に自分も利用しています。

実際に自分が使用しているLINEPayカード

実際に自分が使用しているLINEPayカード

LINE Payカードで決済すると決済額が直接LINE Pay残高から引き落とされる仕組みです。

しかし、残念ながらLINE PayはLINE Payカードの決済には使えません。

LINE PayボーナスはLINE Pay残高に反映されてるのだから、別にLINE Payカードの決済に使えてもいい気がしますが何故か使えず。
つくづく不便な仕組みです・・・。
 

獲得したLINE Payボーナスの履歴を確認する方法

 

LINE PayボーナスはLINE Pay残高と合算されてしまうので、パット見で今現在LINE Payボーナスがいくらあるのかを確認することはできません。

獲得したLINE Payボーナス履歴を確認する方法は、「LINE Pay」にアクセスし、「LINE Payボーナス履歴」をクリックします。

LINE Payボーナス履歴


すると、現在のLINE Payボーナスの残高を確認することができます。

現在のLINE Payボーナス残高

 

2019年8月1日からLINE Payのバーコード決済でLINE Payボーナスが付与される

 

これまでLINE Payのバーコード決済をすると支払額の3.5〜5%がLINEポイントとして還元されました。

自分自身もLINE Payのバーコード決済をよく利用するので結構なLINEポイントが貯まったものです。

参考記事: LINEポイントとは?効率的にLINEポイントを貯める方法とその使い道を紹介していく


しかし、2019年8月1日からLINE Payのバーコード決済で貯まるのLINEポイントからLINE Payボーナスに変更になります。

大した変更点ではないと思うかもしれませんが、LINEポイントはLINE Pay残高に交換することで実質的に出金して現金化することができるメリットがありましたが、LINE Payボーナスになったことで、出金して現金化することが不可能となってしまいました。

貯まったポイントを現金化したい人にとってはかなり残念な改悪と言えるでしょう。

 

なぜLINE Payボーナスが誕生したのか?LINEの複雑すぎるポイントシステム

 

本記事を書くにあたってLINE Payボーナスのことは調べつくしましたが、結局なぜLINEが「LINE Payボーナス」なるものを作ったのか謎のままです。

最初からLINEポイントがあるのだから、わざわざLINE Payボーナスを作って、ユーザーに面倒なルールを強いる意味がわかりません。

例えばLINEポイントは原則出金して現金化することはできないのですが、LINEポイントをLINE Pay残高に交換することで実質的に出金することが可能です。

LINEからすれば出金されるよりLINE内で消費してくれた方が利益は大きいので、なるべく出金させたくないから、出金不可能なLINE Payボーナスを作ったということでしょうかね?

でもそれだったらLINEポイントをLINE Payに交換した際に、その残高は出金できないとかにルール変更すればいいだけです。
わざわざLINE Payボーナスを作る必要はありません。

というわけで、LINEがわざわざ面倒なLINE Payボーナスを作ってくれたおかげで、LINEのポイントシステムが複雑になり、ユーザーとしてはややこしいことこの上ない状態になってしまいました。

ではでは。

以上、「LINE Payボーナス」と「LINEポイント」の違いとは?LINEの複雑なポイントシステムを徹底解説...でした。