要件を言おうか

月収10万円フリーター

マネーの虎で成功した3人の志願者たち【合計投資額2020万円】

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

2001年から2004年にかけて放映された「マネーの虎」という番組があります。
番組内容は、一般人の志願者が事業内容をプレゼンし、その内容がよければ社長たちが投資をするというもの。

掲示された投資額に1円でも満たなけば投資不成立。その際は「ノーマネーでフィニッシュです」と告げられます。

ヤラセや台本などは一切なく、完全なるリアリティ番組です。

自分はマネーの虎をリアルタイムで見てたわけではありませんが、画面の向こう側で大金が飛び交うこの番組には実にわくわくさせられました。

しかし、お世辞にも志願者の質が良いとはいえず、マネーが成立するケースは少なく、マネーが成立しても事業が失敗に終わってしまう場合がほとんどです。

「ビジネスの世界はなんとも厳しいものだ・・・」

番組を見てそう痛感しました。

なので本記事では、マネーが成立して、なおかつちゃんと事業も成功させた志願者たちを紹介したいと思います。

目次

 

救急バスターズ「黒澤文昭」

 

志願者の名は黒澤文昭。希望金額は670万。

その事業内容は個人向けのパソコン修理屋です。

専用の車で個人宅を訪問し、壊れているパソコンがあれば修理対応。修理期間中は別のパソコンを貸し出し、客が「このパソコンほしい」と言えばそのパソコンを販売する。

つまり、パソコンの修理と同時にパソコンの販売も行うというビジネスモデルです。

この事業内容を虎たちにプレゼンしたところ、堀之内九一郎社長に事業を否定されまくります。

「今喋ってる様子を見てねえ、私はまったくもう嫌になったのよ」

「こりゃあ大成功しないな」

「寝言言うなよ!!」

罵倒に次ぐ罵倒を浴びせる堀之内社長。

こりゃあ今回の志願者はだめか、と思いましたが熱血漢、岩井良明社長が半分の投資を決断。
続いて、謙虚ライオンこと小林敬社長も残り半分を投資。
二人の虎によって無事マネー成立したのです。

マネー成立後、ビジネスを成功させるために黒澤氏は動き出します、

奥さんの助けも借りて、チラシをばら撒き、営業ドライバーと黒澤氏の二人で車を走らせ、仕事を取るために全力を尽くします。
が、惨敗。オープン初日は一件も仕事を取ることができず、黒澤氏は悔しさをにじませます。

やはり堀之内社長の言うようにこのビジネスはだめだったのか・・・?

しかし、マネーの虎「投資金3億円の行方を追う」の企画で、黒澤氏に突撃取材をしてみると、なんと会社は軌道に乗り、営業所がFCを含め4店舗まで拡大するという急成長ぶりを見せます。

その年商は3600万円。そして今年は1億円を目指すと豪語。
見事、黒澤氏の会社「救急バスターズ」は成功したのです。

2018年現在では営業所の数も増え、パソコン販売や修理だけではなく、ホームページ作成、ビジネスホン及び回線の販売、セキュリティカメラ販売、設置工事、などなどサービスの多角化も進んでいます。

救急バスターズのHP: パソコン修理 データ復元は 埼玉県 さいたま市 パソコン救急バスターズへ

 

黒澤氏はこのパソコン修理事業を「スキマビジネスなんですよ!」と言っていましたが、今やパソコンは誰でも持っているものだし、修理需要は結構なボリュームな気がします。

そんな黒澤氏のビジネスを根底から否定しまくった堀之内社長の生活倉庫は15億円の負債を抱え2013年に倒産。

人生どうなるかわからないものです。

ちなみに、黒澤氏は他社と差別化するために「うちは出張費を取らない!」と強くアピールしていましたが、ホームページを見る限り普通に出張費取っています。

f:id:youkenwoiouka:20180714122635p:plain


最初の頃は取っていなかったのかな?

 

ラ・パットラー「立花洋」

 

志願者の名は立花洋。希望金額は980万円。

44歳無職の男である立花氏の事業内容は、世界一お客様のことを考えるパスタとピザのレストランチェーンの開業です。

しかし、例のごとく堀之内社長が「世界一のピザって言われたじゃないですか。じゃあ世界を回ったんですか?」と、揚げ足を取り、安田社長が「俺は商売として成立しないと思うんだよね」と厳しい言葉を投げかけます。

あ〜これいつもの流れだわ〜と見ていましたが、ひばりプロダクションの加藤社長が、「俺、この人だったら出してもいいかな」と投資への意欲を見せます。

立花氏のお客様に対する真摯な姿勢が加藤社長にとって好感だった様子です。

そして最終局面で、加藤社長は980万円全額投資することを決断。
安田社長が「加藤君大丈夫?これ儲け出ないよ?」と横槍を入れてきますが、加藤社長の決断は変わりません。
こうして立花は980万円の現金を手にするのです。

現金を手にした立花氏はすぐにお店を開店するために準備をはじめ、苦労の末パスタとピザの専門店「ラ・パットーラ」をオープンさせます。

初日、来客数120人、15万の売上、という目標を立てます。
ちなみに、客席が44席あるので、120人のお客さんに来てもらうには3回転しないといけません。

中々ハードルの高い目標ですが、なんと立花氏はこの目標を達成。
来客数147人、売上16万8400円。
この結果に喜ぶ立花氏。ついニッコリしてしまう加藤社長。

そんな立花氏の現在はどうなのか。
はまれぽcomのインタビュー記事に立花氏の近況が紹介されていました。

参考記事: テレビ番組「マネーの虎」で出資を受けて開店した茅ヶ崎のイタリア料理店「ラ・パットーラ」のその後は?


記事では立花氏が、ラ・パットーラ茅ヶ崎本店の他、平塚海岸通り店、鎌倉芸術館通り店、「COOPERS café(クーパーズカフェ)」の4店舗を展開していることがわかります。

4店舗合わせての年商が2億2000万円。従業員数は50人。
無職だった男は億を超える会社を作るまでに成功していたのです。

この結果には投資した加藤社長も鼻が高いでしょうね。


しかし、気になるのが立花氏のラ・パットーラのHPがリンク切れなのか閲覧することができないのです。
もう閉店してしまったのでしょうか?

気になったのでTwitterで情報を探してみると衝撃の事実が発覚。


なんと今年2018年の6月22日に閉店していたのです・・・。
本当つい最近のことです。

張り紙には閉店した理由は書いてありませんし、ラ・パットーラのHPも消えてしまっている以上、経営難で閉店したのか、または別の理由で閉店してしまったのかはわかりません。

一度は行ってみたいと思ってたのですが残念です。
ただ平塚店はまだ健在のようですが。

参考リンク: 残念ながら…【441】 : 顔は白人ど真ん中 –ジョンと私の日常-

 

チヨペット「千代 敬司」

 

志願者の名は千代 敬司。希望金額は370万円。

千代氏はペットを健康にする不思議な水を開発し、この水を売るためにどうしても370万円がほしいと虎たちに訴えかけます。

千代氏はペットを健康にする水を社長たちに前で実演してみせます。
連れてきた犬の口に水をかけると、犬の口臭が消えました。

水と聞いて怪しいと思っていた社長たちも、この実演には素直に感心していた様子です。

この時番組にはすぐに揚げ足を取る堀之内社長がいなかったこともあって、流れは終始志願者よりに進み、結果的に岩井社長が370万円を全額投資するに至りました。

マネー成立後、千代氏は「チヨペット」という会社を立ち上げ、犬を健康にする水を始め、様々なペット商品を通販で販売します。

以下がチヨペットの通販サイト。

参考リンク: ペット用品・ペットフードの通販サイト チヨペット


マネー成立から8ヶ月後、志願者のその後を追う企画で千代氏に突撃してみると、なんと月商は350万円になっていました。
月商が350万なら年商にして4200万円。
千代氏のチヨペットは見事に成功したのです。

残念ながらチヨペットの売上高は開示されていないので、現在どれだけ成功しているかは不明ですが、15年もの長い間会社経営を続けることができているという事実は、純粋に素晴らしいです。

それとなくAmazonでチヨペットの製品はないかと探してみるとヒットしました。
レビューがぼろくそですが・・・。

 

◎タマの水(希釈飲用水) 200cc ○

◎タマの水(希釈飲用水) 200cc ○

 

 

にしても岩井社長が投資する志願者の成功率高いなあ・・・。

 

まとめ

 

今回紹介した3人の志願者の合計投資額は2020万円。このお金を元手に3人の志願者は見事ビジネスを成功させました。

こうして見ていくと、マネーの虎で投資をしてもらえる志願者の共通点は以下の2つなような気がします。

1.人間性が良い(虎たちは事業内容より人間性を見て投資を決めることが多い)2.ある程度事業の形を作って、後はお金だけというとこまでもっていってる


逆に投資をしてもらえない志願者は大抵なんの準備もしてきていない人です。

マネー成立してから初めて動きまっせ、という人たちは基本虎たちにフルボッコにされます。

まあ、投資が成立しようとも、事業が成功するかどうかはまた別の話ですけどね。
実際、マネー成立しても事業失敗に終わった志願者は多いです。
中には、事業が失敗して多額の借金を抱えてしまい、マネー成立する前よりお金がない状況に追い込まれてしまった人もいます。

そう考えると、今回紹介した3人の志願者たちは、見事マネーを掴んだだけではなく、ちゃんと事業も成功させたわけですから、やっぱり素直にすごいと思います。

なお、2004年に放送が終了したマネーの虎ですが、南原社長の手によってYouTubeでマネーの虎が復活しています。
気になる方はチェックしてみてください。
参考記事: 「マネーの虎」が番組復活してるんだけど復活した理由がクソすぎる 


ではでは。

以上、マネーの虎で成功した3人の志願者たち【合計投資額2020万円】...でした。

 

マネーの虎

マネーの虎