要件を言おうか

月収10万円フリーター

【隠居】20代フリーターが週休5日の隠居生活を手に入れました

スポンサーリンク

どうも、しんま13です。

以前こんな記事を書きました。


20代で隠居 週休5日の快適生活」を読んで、週休5日の隠居生活を送りたいよ!っていう記事です。

著者の大原さんは週休5日の隠居生活を実現しています。

大原さんは別に不労所得を得ているとか、なんらかのビジネスをしているわけではなく、至って普通の青年です。

なぜ大原さんが週休5日の隠居生活を実現できたのかというと、それは生活コストが低いからです。

大原さんはの月の生活費は7万円。
つまり、月8~9万円稼げば十分生活可能な生活水準なのです。

大原さんは週2日だけ介護の仕事をし、この仕事で月7~8万円稼ぎ生活費に充てています。


実は、自分も最近ほぼ週休5日の隠居生活を実現することができたので、そこらへんの話を書いていきます。

目次

 

バイトを半分に減らして週休5日の隠居生活スタート

 

自分はこれまでバイト3つ掛け持ちをして、月19万円くらいの収入を得て生活をしていました。

バイト3つ掛け持ちしてるというと、めちゃくちゃ働いているように見えますが、実際のところは週35時間くらいの労働時間で、普通のサラリーマンより働いていません。

なので、3つ掛け持ちとはいえ結構楽なものでした。

しかし、いつしか「別にバイトを半分に減らしても生きてけんじゃね?」と思うようになりました。


大原さんほどじゃないにしても、自分の生活コストはとても安く、家賃光熱費携帯代、など全てを合わせても月10万円かかりません。

計算したところ、無駄な支出を見直せば生活費を月8万円まで落とせることがわかりました。

これなら大原さんのように週休5日の隠居生活できんじゃん!

そう思い、今年の4月にバイトを半分に減らし、週休5日の隠居生活を始めました。
詳しい経緯は下記記事を参考に!

参考記事: 3年間働いたセブンバイトを辞めて人生セミリタイアしました 

 

フリーターから隠居生活へ。現在の収入源

 

現在の収入源は下記の通り。

マックバイト: 月4万円
学校の代行員: 月6万円

合計10万円


2つのバイトで月10万円。
どちらも1日2~4時間程度の勤務です。

前述した通り、自分の生活コストは月8万円なので、バイトだけで月10万円稼げれば十分生活可能です。

 

週休5日の隠居生活の1日

 

9時。起床。とりあえずうがいをする。
家にストックしてるお菓子を食べながらネットサーフィン。

13時。適当に昼ご飯を作って食べる。
ご飯を食べると眠くなるので30~60分仮眠。

15時。外に出て本屋に行って立ち読み。気になる本があれば購入。

17時。ショッピングモールのフードコートに行ってパソコンを開きブログ作業。

20時。ブログ作業を終え帰宅。夜ご飯を作り始める。自炊が面倒な時は、閉店間際のスパーに足を運び値引き商品を漁る。

21時。お風呂に入る。風呂上がりでパソコンを起動し軽くブログ作業。

22時。Amazonプライムビデオで映画やドラマを視聴。

1時。就寝。


と、こんな感じでめちゃくちゃ自由な1日を送っています。

もちろん、何もせずに家で1日中映画を観てる日もあれば、1日中満喫に行って漫画を読み漁ってる日もありますが、大体はこんな感じです。

友達が少ないし基本的に引きこもり体質なので、誰かと遊びに出掛けることはあまりありません。
時たまブログ仲間と卓球をするくらいです。

 

隠居生活最高すぎ!

 

これまでは週5ガッツリ働く生活でしたが、週休5日の隠居生活を始めたため、労働日数と休日日数が完全に逆転しました。

控えめに言って最高です・・・!

だって、1日中部屋に引きこもって映画を観れるんですよ?
朝早く起きる必要がないから、アラームをかけずに起きたい時に起きれるんですよ?
丸1日寝てても次の日も休みだからそこまで罪悪感を感じずにすむんですよ?

こんなの最高に決まってるじゃないですか・・・!

 

週休5日の隠居生活をする方法はただ一つ。生活コストを下げることです

 

ここまで読んだ方はもうわかったかもしれませんが、週休5日の隠居生活を送る方法は生活コストを下げること。これに尽きます。

生活費が月15万もかかってると、月18~20万くらい稼がないときついです。
しかし、生活費が月8万に抑えられれば、月10万円稼ぐだけで生活できてしまいます。

月10万円くらいなら、週2回のバイトで稼げる金額です。

なので、生活コストを可能な限りまで抑えれば週休5日の隠居生活が実現可能となるのです。

一番の生活コストはなんといったって家賃。
家賃が高いといくら他を節約しようと限界があります。

なので、隠居生活を送りたかったら家賃が安い家に引っ越してください。
ちなみに今の自分の家賃は月3万7000円です。

 

今後の展望

 

とりあえず週5働く生活から脱することができたので、今は自由な時間を楽しんでいます。

今後の展望としては、バイト以外で月20万円くらいの収入を確保したいので、いろいろと副業を頑張っています。

全く結果が出なかったら別のことにチャレンジしようかなと考えています。

間違っても元の週5回も働くフリーター生活には戻りたくないものです。
このまま週休5日の隠居生活を突っ走りたい。
そんな感じ!

以上、【隠居】20代フリーターが週休5日の隠居生活を手に入れました...でした。


関連記事: 【働きたくない】100万円貯金が貯まったら1年間ニートができます

 

20代で隠居: 週休5日の快適生活

20代で隠居: 週休5日の快適生活